スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
人工大理石実験(2) サンウェーブ・センテナリオ
2006 / 08 / 18 ( Fri )
実験第2弾は、サンウェーブ・センテナリオのオリジナル人工大理石!

デュポンコリアンがいいのは分かったけど、
僕たちが考えているのは、サンウェーブのセンテナリオ。
サンウェーブでは、オリジナルの人工大理石になるので、
カレーでしみにならないかは、心配なところです。

さっそく、piyoneがサンウェーブにお願いして、
サンプルを送ってもらうよう手配してくれました。
1つだけ送られてくるかと思っていたら、
送られてきたのは、全種類セットヽ(゚ロ゚;)
注:センテナリオ用と書いてありました。ピットと材質に差があるかは不明
サンウェーブ大理石サンプル

デュポンに較べると、少しざらつき感があります。
サンウェーブ大理石

今回も3日3晩カレー漬け!(80時間耐久)
サンウェーブ カレーの汚れ

そして、乾いたティッシュでゴシゴシ。
サンウェーブ カレーをティッシュで拭く

う~ん、今回も見事に汚れが取れました。
デュポンに較べると、やや苦労しましたが、
これは表面がデュポンより粗いせいかもしれません。
というわけで、
サンウェーブ・センテナリオも耐カレー性は合格!
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 16 : 55 | キッチン | トラックバック(1) | コメント(18) | page top↑
人工大理石実験(1) デュポン・コリアン
2006 / 08 / 17 ( Thu )
あざ美さんのブログで大好評だった人工大理石のカレー実験、僕たちもやってみました!
事の発端は、あざ美さんが以前に使われていたキッチンの人工大理石で、
カレーがしみになってしまった経験から、サンプルで実験してみようということでした。

まずは、あざ美さんも実験されたデュポン社のコリアン
この人工大理石、高級キッチンでよく使われています。
タカラの最高級グレードやアルノキッチンなどなど。
(詳細は、あざ美さんの記事参照)
このデュポンコリアン、とにかく、手触りがいいんです(´∀`)
すべすべしてて、病みつきになりますよ!(ちょっと危ないかも)
デュポンコリアン

それはさておき、あざ美さんのサンプルでは、全く問題なしでしたが、
僕たちのサンプルでは、どうでしょうか?

耐茶性
まずは、前座の日本茶から。
湯のみの底で輪じみを作って、一晩放置(18時間ぐらい)
乾燥して、こびりついてますね。
デュポンコリアンお茶のしみ

乾いたティッシュで拭いてみると。。。
デュポンコリアンお茶のしみをティッシュで拭く

見事なまでにきれいに元通りに!
我が家でも耐茶性は、合格です。

耐カレー性
次は、いよいよ主役のカレーが登場です。
デュポンコリアンカレー

あざ美さんの実験では24時間で問題なしという結果でしたので、
僕たちは、3日3晩、72時間耐久放置プレイを試してみました。
(ちなみに、あざ美さんほど、きれいなカレーのつけ方できませんでした...orz)
72時間後、やはり乾いたティッシュで拭いてみると、
デュポンコリアンカレーティッシュで拭く

これも見事なまでにきれいにふき取れました。
カレーなので、若干油分が残った感ありましたが、
あとは洗剤で洗い流せば、きれいさっぱり元通りです。
というわけで、耐カレー性も文句なく合格!

というわけで、デュポンコリアンは我が家でも良好な結果となりました。
このデュポンコリアンのサンプル、ちょうどよい大きさだし、
コースターや鍋しきがわりに今も重宝してますよ (´∀`)b

そして、次回、第2弾として、
サンウェーブの大理石サンプルでカレー実験やります!
乞うご期待!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 38 : 17 | キッチン | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
キッチンレイアウト決定
2006 / 07 / 18 ( Tue )
かなり悩み続けていたキッチンレイアウトが決定しました。
結局、以前の記事でローコスト版と言っていたものになりました。

特徴は、
南側にシンクとIHを並べて配置
 シンクの前に窓を取って、明るいキッチンに。
中央に作業台としてのアイランドカウンターを配置
 アイランド下部のシンクと反対側の面には、
 料理の本や生活関係のファイルなどが置ける収納を作ります。
L型をやめて、コストダウン
 コーナー収納やL型の天板は高いです。
IHシンク+アイランド ローコスト

気になるサンウェーブVSアルノのゆくえですが、まだ保留しています。
やはり、アルノの方が高くなるのですが、L型をやめたことによって、
予想以上のコストダウンが図れました。
ちょっと手が届きそうな雰囲気もあるんです。

piyoneは、機能性重視でサンウェーブ推進派ですが、
アルノの面材に未練がある僕は、はっきり言って、往生際悪いです(笑)
一応、レイアウトパターンが決まったので、窓の位置は決められるので、
メーカーについてはまだ、保留状態です。
でも、そろそろ決めないとなあ。
たぶん、サンウェーブになると思います。。。

ちなみに、サンウェーブの作ってくれた3Dイメージです。
(IH右側の遮熱パネルは、重たいのでなくします)
このレイアウト、すっきりしていて、よさそう。
キッチンレイアウト3Dイメージ

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 35 : 52 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
新たなキッチンレイアウト
2006 / 07 / 02 ( Sun )
アルノキッチンを見たことをきっかけに、
さらに2種類のレイアウトパターンを思いついてしまいました。

きっかけになったのは、アルノのこのパターン。
アルノ2

アイランドカウンターにIHを置けば、みんなで鍋も囲めるではないですか。
今まで、アイランドにシンクを置いて、南側壁面にIHをつけていたのですが、
壁側にシンクを持ってくれば、せっかくの南側を窓にして、明るくできるので、一挙両得。
ということで、こんなレイアウトを考えてみました。
シンク+IHアイランド

ただ、問題は、アイランドにIHを持ってくると、
上のレンジフードが吊り下げタイプになっていて、やや大げさな感じになること。
まあ、それはおしゃれなフードにするなどで解決できるのですが、
もう一つ問題があります。

現在、レンジフードを同時給排型ではなく、吸気を別途壁側に設けた吸気口から
吸気しようと考えているのですが(この理由については別途記事にします)、
アイランドにフードが来ると、吸気口と排気口が離れてしまい、
その間に気流ができてしまうんです。
これが結構、ストレスになるそうです。(冬は寒いでしょうし)

そこで、このパターンはあきらめたのですが、
南側の窓に面したシンクという考え方は結構気に入ったので、
こんなパターンも考えました。
IHシンク+アイランド

南側にI型を持ってきて、シンクとIHを並べて、
アイランドは作業台にしてしまいます。
シンクとIHが横並びになっているので、使いやすいです。
キッチンがかなりリビング側にせり出してくることになるので、
リビングとキッチンが一体になったイメージになります。

そうなると、キッチンとリビングのデザインの調和を考えて、
カントリー調の得意なアルノにしたくなるわけですが、
お値段がかなりはってしまうんですね。
そこで、ローコスト版を考えました。
IHシンク+アイランド ローコスト

L型コーナー部分は、コーナー収納やL型の天板が高くつくので、
I型にして、収納部分を切り離しました。
これで、アルノキッチン見積もっていただいた結果、
結構、思いのほか安くなりました \^○^/

でも、piyoneは機能性のことを考えると、やはりセンテナリオに未練があるようです。
結局、piyoneがメインで使うわけだし、使いやすいキッチンでないと意味がないかなと思うし、
何とかセンテナリオで合うデザインにできないかなと思案中です。

それとも、センテナリオにするなら、普通のI型ペニンシュラにして、
キッチンの表側をリビング側に見せない方が
リビングとのデザインの調和の面でいいかなとも思います。
それに、細かい話ですが、センテナリオだと、今考えている安い面材の場合、
キッチン側面のパネルは面材と同色にならないというのも問題です。
(側面がLDからもろ見えるので)

窓の位置など、家の主要部分を明日(というか今日)の打ち合わせで確定しなければならないので、
キッチンの基本的なレイアウトは、決めなければなりません。
悩みますね。。。眠れない。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 50 : 25 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アルノキッチン
2006 / 06 / 29 ( Thu )
これまで、さんざん悩みつくしてきたキッチン。
今のところ、国内メーカーならば、サンウェーブが本命なのですが、
ミルクリークが提携しているドイツのアルノ社の存在は見逃せません。

アルノキッチンは、木質の面材がとてもおしゃれで、ミルクリークの
カントリー調のインテリアにぴったりなんです。
というわけで、サンウェーブに決めてしまう前に、一度は、ショールームを
拝見しておこうと思い、新宿公園の隣にあるショールームに行ってきました。

飾ってあるキッチン、すべてがどれもこれもとにかくおしゃれ!
国内メーカーの機能性重視のモダン基調なデザインのものばかり
見てきたので、目からうろこ。

アルノ1

アルノ4

アルノ5

アルノ6

↑特に気に入ったデザインは、この白い面材のもの
明るくて、素敵ですね。開放感のあるキッチンにぴったり。でも、よく見ると、IHの上に木製の棚が作ってあって、エッフェル塔が飾ってあります。
これは、さすがに、日本では消防法の関係で、無理だそうです(笑)

アルノ2

↑これはT型キッチン。
ペニンシュラ部分の先端にIHを持ってくるパターン。
周りに、人が座れる場所を作ると、鍋も出来ますね。
これを見て、アイランド部にIHを持ってくる新しいパターンにも惹かれ始めてしまいました。

アルノ3

↑妻は、このおしゃれな洗面カウンターを1Fトイレに設置したいと言い出しました。

というわけで、初めはサンウェーブの対抗馬として、
一度見ておこうというぐらいの気持ちだったのですが、
かなりアルノに惹かれています。

というのも、全体的にカントリーを基調とした木質感のぬくもりのある
インテリアデザインにしたいのですが、
国内メーカーは意外とモダンを基調としたデザインばかりなんですよ。
やはり、モダンが受けるってことなのでしょうか。

もちろん、どこも木の面材は選べるのですが、あまり高級感のある木質面材ってないんですよね。
サンウェーブのセンテナリオシリーズは、デザイン的にも十分かっこいいのですが、
どちらかといえば、モダンか和モダン向きなんですよね。

ただ、問題はお値段ですね。
見積りを出してもらいましたが、かなりお値段が行ってしまうんです。
やはり、サンウェーブの木質面材で、なんとかカントリー調のリビングと合わせる方が得策なのか。

アルノは、機能性という意味でも、コーナー収納はいろいろな工夫がされていたり、
決して、機能的でないわけではないですが、
外国製のために、炊飯器に対する配慮がないのと、
収納の細かい部分(引き出しの中の仕切りなど)がイマイチという欠点はありますね。

サンウェーブ vs アルノ、
あまり時間がないので、そんなに悩んでもいられないんですよね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 41 : 33 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
サンウェーブのキッチン
2006 / 05 / 17 ( Wed )
色々なキッチンメーカーを回ってきましたが、
収納力と機能性の観点で今のところ、サンウェーブがかなりリードしています。

サンウェーブが気に入った点は、こんな感じです。

壁側コーナー部分に天井まで収納が付けられるコーナーストッカー。
扉の開閉がスムーズ。
デッドスペースの活用が上手。
パタパタくんが便利。
L型ペニンシュラの場合、L部分のスペースをリビング側から収納として使える。
センテナリオ(上位機種)の場合、キッチン高さを上げた場合、下の収納が増える。

今、考えているレイアウトは、2パターン。
ピットシリーズ(下位機種)のL型ペニンシュラピット

センテナリオシリーズ(上位機種)のL型+アイランド
センテナリオ

どちらも、手前側がリビングです。
センテナリオの方が上位機種なのですが、現在の構成では、
10万円ぐらいしか、値段が変わりません。
(どちらも、結構きびしいお値段なんですが。。。泣)

初めは、ピットの方が気に入っていたのですが、
今使っている冷蔵庫の扉が右側が開くタイプなので、
なるべく左側(奥)に入れなければならないのですが、
ピットのコーナーストッカーの奥行きが45cmしかないので、
ピット側面

冷蔵庫だけ出っ張ってしまうんです!
見栄えも悪いし、ちょっとアクセス悪いかなと思って、
今は、センテナリオの方に傾いてます。

妻は、センテナリオにはパタパタくんがどの引き出しにも付くというのと、
収納の引き出しに取り外し可能なトレイがついていたり使い勝手よさそうというのに、
惹かれているようです。

ただ問題は、横幅が入らない!
それじゃ無理じゃん。
いや、入るんですけどね、^^;
間取りを変更して、その分トイレが20cm狭くなるんです。
せっかくトイレが広く取れて、喜んでいたのに、残念だなあ。
何とかならないかなあ。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 40 : 47 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
キッチンに悩む(7)
2006 / 05 / 16 ( Tue )
今まで、見たキッチンメーカーは、
サンウェーブ、トステム、タカラ、TOTO、クリナップ(説明はまだ)です。

GWに横浜に遊びに行ったついでに、YAMAHAのショールームを見に行きました。
YAMAHAって、家の近くにないので、こんな時にでも見に行っておかないとということで。
(YAMAHAといっても、ピアノ記事ではないです、一応。。。)

やはりデザインかっこいいですね!
ピアノ鏡面の面材もすばらしい!
曲線形のペニンシュラなんて、おしゃれ!
シンクも人造大理石で素敵です。


L型ペニンシュラと、L型+アイランドのいずれも出来るということで、
見積りをお願いしました。
曲線の(ラウンド)ペニンシュラは、収納が機能的でないので、普通のスクエア型にしました。
ピアノ鏡面の面材は素敵なんですが、ミルクリークのインテリアには合わないので、
面材は木調にしました。
コーナー収納があまり充実していないのが不満(L型に向いてないかも)

続いて、先週末はクリナップを再訪問しました。
前回は、混んでいて、説明が聞けなかったので、今回は予約を入れてから。

クリナップといえば、ステンレスと静音シンクが特長ですね。
つくりは結構しっかりしているなあと感じました。
ここも、シンクは人造大理石が選べます。
コーナー収納はあまりうまくないですね。
L型ペニンシュラにした場合、Lの内部はキッチン側から取り出すことになり、複雑です。
こちらも、L型ペニンシュラとL型+アイランドで見積りをお願いしました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 52 : 08 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
東急のショールーム
2006 / 05 / 12 ( Fri )
GWに渋谷にある東急ホームのショールームに行ってきました。
お目当ては、キッチンを見ること!

東急が標準で入れているキッチンは、
 ミルクリークオリジナル
 アルノ (ドイツ)
 メリット (カナダ)
 タカラ 東急仕様

の4種類です。
そのうち、タカラ以外の3種類のキッチンが展示されています。

どれも、木の面材を主にした東急らしいぬくもりのあるおしゃれなキッチンばかり。
木質の面材って、東急のインテリアに合うんだな、これが。

いつも行く展示場もアルノキッチンで、木の面材を基調としていて、
とてもおしゃれなんですよね。

一時期は、アルノキッチンに憧れて、上部吊戸は全部取っ払って、
作業台のみのアイランドをつけようかななどと考えていました。

が、国内キッチンメーカーのすばらしい機能性を見てしまうと、
それに較べて、やはり機能性に欠けるんですよね。
いや、アルノも実は機能性のあるキッチンを出しているのかもしれませんが、
少なくとも東急仕様ではあまり機能的ではないんですよ。
昇降吊戸棚なんてないし、シンク下もただの開き戸になっていて、
引き出しになっていなかったり。。。
古風な感じです。形もI型しかない。

実は、機能的な新しいアルノもあるんでしょうか?
今度、アルノのショールームに行ってみて、確かめてみたいと思います。
何しろ、設計士のSさん曰く、「アルノが一番お得感あると思いますよ」とのことなので。

キッチンの他には、ドアやサッシなどが何種類も展示されていました。
今後の打ち合わせでこの中から一つを選択するんでしょうけれど、
今は実感沸きません!

和室もありましたが、イマイチでした。(東急さん、ごめんなさい)
僕の思い描いているような雰囲気じゃなかったですね。
まあ、単に僕が和室に思い入れがありすぎるのでしょうか?

あとは、サッシの遮音性の実験コーナーがありました。
音源としてピアノの音も選べたので、興味津々!
アルゴン充填ペアガラスでも、やっぱり多少は聞こえますね。
でも、かなり減衰されていましたので、隣家へはそんなに心配ないかなという感じでした。
まあ、月光の第3楽章が弾けるようになる頃には、心配する必要ありかも!?

渋谷に出てきたついでに、新宿にあるタカラの第2ショールームにも足を伸ばして、
タカラの東急仕様を見てきました。
これが東急仕様です、という展示はなかったのですが、
だいたいこんな感じというのを見てきました。
ペニンシュラにも出来そうです。
東急仕様は、タカラなのに、ホーローではないようですね。
その分、値段もお安くなりそうです。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 50 : 06 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
キッチンに悩む(6) 電動水切り棚
2006 / 04 / 26 ( Wed )
電動水切り棚が停電時に取り出せるのはサンウェーブだけと書きましたが、
その後、TOTOクリナップでも、取り出せるということが分かりました。
どのメーカーも、手前側に上開きの扉があって、そこから取り出せるのですが、
TOTOとクリナップはどちらも、ほんの少し(10度ぐらい)しか開かないので、
実質的に取り出すのはかなり困難そうです。
サンウェーブのものは、完全に上90度以上開きます。
まあ、実際、停電時の問題はそんなに重要視していないのですが、
一応、追記しておきます。

kikaさん、あざ美さんに教えていただいたナショナル上昇式の電動水切り棚ですが、
さっそく資料請求して、カタログが届きました。
ナショナルではペニンシュラといわずに、フラット対面というんですね。
完全に水切り棚をしまった状態でも、少し段差があるのが残念です。
完全にフラットだったらなあ。。。
他のキッチンも結構、オシャレな感じで、よさそうですね。

一度、ショールームに見に行ってみようかな。
ナショナルとYAMAHAがどちらもここからだと
千葉にあるのが一番近そうなので、一日で2箇所回ってこようと思います。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

13 : 11 : 36 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
キッチンに悩む(5)
2006 / 04 / 24 ( Mon )
「キッチンに悩む(3)」で書いた電動昇降水切り棚についてですが、
kikaさんあざ美さんよりコメントをいただき、
ナショナルのフィットアイに、下からせり上がってくる電動水切り棚がある
ことが分かりました。
これなら、ペニンシュラでも水切り棚をあきらめなくてよさそうですね。
ナショナルも検討してみようと思います。
kikaさん、あざ美さん、ありがとうございました。

元直さんのコメントで思い出したのですが、クリナップを忘れていました。
元直さん、ありがとうございました。

というわけで、この週末は、TOTOクリナップのショールームを回ってきました。

まずは、TOTO。
全体的にあまりピンと来ませんでした。
今年出たばかりの透明感のある水色は、とてもきれいでした。
僕は、暖色系で行こうと思っているので、惹かれませんでしたが。。。

それから、レンジフードの出っ張りが自動的に引っ込む機能があるようです。
他には、引き出しがかなり深く引き出せるそうです。

TOTOは、むしろトイレコーナーが充実していたので、
そちらに釘付けになってしまいました^^;
ショールームのトイレもちゃんと水が流れるように出来ているんですよね。
最後に渡されたカタログの中に、レガサスシリーズのキッチンのカタログは入ってなかったのに、
トイレのカタログは色々な種類のものがたくさん入ってました。。。
トイレは、また後ほど。。。

次は、クリナップ。
ショールームが混んでいて、説明してもらえなかったので、
あまりよく分かりませんでした。
こちらも、あまりピンと来ませんでしたね。
L型コーナー部分の引き出しが取り出しやすいように工夫されていたり、
垂直に降りてくる棚とか、
引き出しに湿度管理ができる乾物貯蔵用のドライコーナーがある
といったところでしょうか。
いったい、何が売りなんだろう?(説明を聞いていないので、よく分かりません)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 14 : 56 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
キッチンに悩む(4)
2006 / 04 / 24 ( Mon )
IHクッキング教室に参加して、
アイランド(ペニンシュラ)にIHをもってくるのもいいなあ
と思ったのですが、kikaさんあざ美さんからのコメントにもあるとおり、
上に換気扇をつけなけらばならないので、
リビング側にかなり圧迫感が出てしまいます。

レンジフードの色をインテリアに合わせられれば、まだましなのですが、
だいたいシルバー(ステンレス色)になってしまい、
僕のめざしているインテリアとは合いそうにありません。
ということで、あきらめて、やはり

L型ペニンシュラ
L型ペニンシュラ
 
L型キッチン(IH)+アイランド(シンク)
L型アイランド

のどちらかで考えています。
今日、サンウェーブで2通りのパターンで見積りをお願いしました。
上のL型ペニンシュラは、サンウェーブ独自らしいですね。
サンウェーブにはピットセンテナリオ(グレードが高い)という2つのシリーズがあるのですが、
L型ペニンシュラはピット、アイランドはセンテナリオになるそうです。

家電と食器の収納を十分取りたいと思って、
冷蔵庫の置き場を隣のユーティリティルームに配置してしまいました。
これじゃ、あまりにも動線が悪いかなあ?

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 44 : 39 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
IHクッキング教室
2006 / 04 / 23 ( Sun )
妻が毎日新聞主催のIHクッキング教室に応募していたらしく、
抽選に当たったので、日曜日に夫婦で参加して来ました。

IHで料理するのも初めてですが、
そもそも料理教室に参加することじたい、僕は初めて!
緊張しました^^;
でも、IHを実体験できる絶好のチャンスです!

講師は、広島の郷土料理店の料理人。
メニューは、和風料理と洋風料理と両方あって、
和は、
  小イワシのてんぷら
  鯛そうめん (←オススメ)
洋は、
  小イワシのペンネトマトソース
  鯛のポワレ ベーコンと春キャベツのソース

和洋どちらかを選んで作るのですが、もちろんです。
10年ぐらい前なら、迷わず、洋を選んだと思うのですが、
どうも、この年になると、和がいいですね。
といっても、試食では、和洋の両方食べたのですが。。。

それはさておき、IHはとても便利ですね!
掃除が楽だし、周りも熱くならない。
火がないので燃える心配がない。
天ぷらなどでは、鍋の上に紙でふたをして調理可能。
ガラスなので、調理台として熱いものも置いておける。
火力も結構強い。
などなどの利点がありますね。

タイマーがついているのは便利ですね。
僕たち夫婦は、主に鯛そうめんを担当したのですが、
そうめんをゆがく時、タイマーで1分にセットしておくと、
1分たったら、電源が自動的に切れ、音で知らせてくれます。

天ぷらでは、170℃などと温度設定すれば、
自動的に170℃になるまで予熱して、あとは温度を維持してくれます。
結構、火力が強いので、一気に4人分ぐらいのイワシを油に入れても、
油が冷えてしまうということはなく、とてもやりやすいです。

もともと、IHにしようとは思っていたのですが、
IHのよさを再認識してしまいました。

それと、この教室で気づいたのは、
2人共同で炊事をする動線を考えた場合、
アイランド(あるいはペニンシュラ)にシンクよりもIHがあった方がいいかも

ということでした。

また、キッチンに悩みそうです。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 53 : 20 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
キッチンに悩む(3) 妻の要望
2006 / 04 / 20 ( Thu )
キッチン周りで、妻が気に入ってるのが、
電動で上下する水切り棚

シンク上部の吊り戸棚のところに水切り棚があって、
ボタンを押せば、電動で下りてきます。
そこに、ぬれたままの食器を置いて、ボタンを押すと、
また電動で上がっていってくれるというものです。

回った3社(サンウェーブ、トステム、タカラ)では、どこも扱っていたのですが、
停電した時でも食器を取り出せるのは、サンウェーブだけ。

ただ、シンクをペニンシュラにつけた場合、上には何もないので、
コレ付けられないんですよね。
付けたら、開放感ゼロで、ペニンシュラの意味ないし。
考えどころです。。。

いずれにせよ、回った3社の中では、
L型ペニンシュラがある
停電時も取り出せる電動水切り棚
コーナーストッカー(L字コーナーの収納)の収納力
パタパタ君も便利そう

というあたりで、

サンウェーブがかなりポイント高いです。

あとは、TOTOYAMAHAを回りたいです。
唯一、YAMAHAはこの近くにショールームないのが難点です。
あとは、東急のショールームも早く見に行きたいです(渋谷なので、遠いんですよ)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 36 : 37 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
キッチンに悩む(2)
2006 / 04 / 20 ( Thu )
次は、トステム
I型ペニンシュラはあるのですが、L型はないようです。
ペニンシュラのリビング側がカウンターになっているのが多いようですが、
下は全部、収納にしたいかなあ。

サンウェーブで見たペニンシュラは、下全部収納で、
同じ引き出しが両側から引き出せるというすぐれものでした。
両開き冷蔵庫の引き出しバージョンですね。

あるいは、
食事は常にそのカウンターで取るようにして、ダイニングテーブルを当面は買わない!
という一案もあるのですが。

トステムには、ペニンシュラ部の下は全部収納になっていて、
そのリビング側に少し低めの付属カウンターを別途つけて、
おしゃれなバーみたくするという構成もありました。

最後に、タカラ
ホーローですね。メンテナンスしやすそう。
いくら今はきれいなキッチンでも、10年後はどう?
と言われると、ホーローいいなあと思ってしまいますね。
やはり、ペニンシュラは、I型しかないようですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 20 : 40 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キッチンに悩む (1)
2006 / 04 / 20 ( Thu )
このペースでは、なかなかリアルタイムに追いつきそうにないので、
今日からリアルタイム記事と過去記事を同時並行で書きます。
このままだと、メーカーと契約した頃には、家が建ってるかも。
皆さんからせっかく色々ご意見いただいても、建ってからでは遅いので^^;

ざっと、その後をまとめると、
メーカーは、東急vs一条に途中、三井ホームも加わりつつ、
東急ホーム(ミルクリーク)に軍配が上がり、今年正月明けに契約
土地は、「○○の杜」の角地で、2月末に無事契約、移転登記も終わり、
晴れて、僕たちの土地になりました。
(以上の経緯は、またゆっくりと書きます)

目下、間取りに頭を悩ませる毎日です。
間取りが決まらない!
ですよ。
というのも、好みが時々刻々と変化してきてるからなんです。
設計士のSさん、ごめんなさい。

以前は、機能性を重視した間取りを考えていたのですが、
ミルクリークの開放的な間取りに感化されてきたというのもあって、
だんだん、開放感、デザイン性に重点を置くように。

特に、キッチン!

当初は、リビングとは別にスペースを作って、I字キッチン
機能性を重視し、上部にはびっしり吊戸棚。
でも、せっかく南側なのに、これじゃ窓小さすぎで、もったいないね。

ということで、I字キッチン+開放感たっぷりのアイランドキッチンに。
東急ホームがよく採用しているのが、シンクとコンロともにI字部分にあって、
アイランド部は、上が完全な作業台で、下は完全な収納になっているスタイル。
(これって、東急ホームでは多いですが、意外と珍しいんですね)

そして、先週末、近くのキッチンメーカーのショールームを回ってきました。
まず、サンウェーブ
そこで、初めて、ペニンシュラキッチンを見て、気に入ってしまいました。
L字+ペニンシュラで、L字短辺の壁側にIHヒーター、ペニンシュラ部の先端にシンク!

サンウェーブのペニンシュラ

実は、アイランドがいいなあと思っていたのは、
2人で協力して、家事をしようとしたときに、動きやすいことなんです。
でも、難点は、カップボードや家電収納を置く壁面がないこと。
なので、リビングの壁側に置くしかなくて、嫌だなあと思っていたのです。

ところが、このL字+ペニンシュラだと、Lの長辺壁側全部を収納にできそう。
特に、サンウェーブのは、Lの折れ曲がり部分にも天井までフルに収納がつきます(コーナーストッカー)。

これだと、ペニンシュラ部分は、両側からアクセスできるので、
2人での家事動線もいいし、食器や家電収納の問題も解決!


つづく。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 57 : 50 | キッチン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。