スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
♪ 最近のピアノ近況
2017 / 01 / 07 ( Sat )
予告通り、最近のピアノの近況について。

昨年下半期は、珍しく、バッハをやってました。
というのも、
インヴェンションの練習意義がなんとなく
自分の中で明確になったんです!


ポリフォニーの練習になるのはもちろんですが、
それに限らず、単純な指の練習としてもかなり
有意義なもののように思えます。

実際、4番とかそれなりのテンポで弾こうと思うと、
かなり指がしっかりしてないと難しいですよね。

それから楽譜を読む練習とか、鍵盤感覚を身に着ける練習にもなりますし、
やはり名曲だから、練習するにしても飽きないというメリットがあります(笑)

今までいついつまでに仕上げるという気持ちで練習していたから
少々気が重かったのですが、
インヴェンションは永遠に弾いててもいいか・・・と思うようにしたら、
意外と楽しいです^^
短いから、毎日一回弾いてもそんなに時間がかからないですしね!

というわけで、昨年下半期はずっと、3番と4番を練習してました。

そして、昨年末あたりからは、またショパンを練習し始めてます。
無謀にも、一生の憧れ曲であるノクターン13番を練習し始めました!

もちろん、すぐに弾けるとは思ってませんが、
憧れ曲だけに何時間練習してても飽きないんですよ!

特に、最後のサビの部分は一音たりとも心に響かない音がない
というぐらい好きなので、片手練習だけでも、何時間やってても飽きませんね。
憧れ曲パワーはすごいです!

中間部はちょっとめんどくさそうだなあと思ったけど、
結構、美しい和音なので、モティベーションは続きそうですね(笑)

一応、譜面は全部読みましたが(単に読んだだけという意味で)、
弾けるようになるのは遠い遠い先ですね・・・
憧れパワーで地道に頑張りたいと思います!^^;
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 38 : 24 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ 解凍祭から譜読み祭へ
2015 / 09 / 05 ( Sat )
というわけで(何が・・・というわけなんだ?という方は前記事の枕参照)、
今日はおとなしくピアノ弾いてました^^

「夏休み~ピアノ編」の記事で、ありがたくも、
ね~み♪さんからリクエストいただいた
バッハの「主よ我汝を呼ぶ」を少し解凍してみました。
2時間ほどしかやってないので、解凍したって言っていいのか?
というぐらいボロボロの状態ですが・・・

練習会で弾いていいレベルかどうか微妙ですが、
まあ、ゆるい練習会なので大丈夫かな^^;
あと少し弾いてみて、自然解凍させます(笑)

で、先日から解凍祭開催中でしたが、
解凍、飽きました!(あっさり・・・笑)

そういうわけで、譜読み祭に入ります(笑)

シューベルト飽きてきたので、
やっぱりショパンです!

ちなみに、例のバッハはやっぱり弾けないので、棚上げです(汗)

バッハは弾けたらいいだろうなあ・・・レベルのモティベーションで
練習を維持するのは難しいですね。

もうバッハが好きで好きでたまらない!
バッハさえあれば何もいらない!
というぐらいの熱愛がないと、
練習に耐え抜くことができない気がします(笑)

でも、レッスンメニューとして練習されている方は
そんなことも言ってられませんよね^^;

まあ、バッハの話は置いておいて、
以前に放置していたショパンの難曲の譜読みを再び挑戦してみました。

以前に比べて、ピアノの実力は上がってるどころか
下がってるとしか思えないのですが、
面白いことに、だんだん難しいということに慣れてくるんですよね。
以前よりほんの少しだけ近づけた気がしています。

難しい曲をやるのは、難しいということに慣れる意味で有効かもしれませんね!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 47 : 56 | ピアノ練習記(その他) | コメント(6) | page top↑
♪ 夏休み~ピアノ編
2015 / 09 / 01 ( Tue )
エアロだけでなく、実はピアノ熱も今、かなり上がってます!^^

ご存知のように、最近までバッハを練習してましたが、
来月にある練習会にはとても間に合いそうにないので(汗)、
なんとなく過去曲を発掘、解凍し始めたところ、これが楽しくて、
現在、解凍祭り中です!

まずは、シューベルトのアヴェマリア
これはもともと凍らせるどころか、それほどちゃんと練習した曲ではないのですが、
今度の練習会に参加される方が難しい編曲を練習されているそうなので、
僕は簡単編曲版を復活してみました。

あ、簡単といっても、僕にとっては結構難しくて、ちゃんとは弾けません^^;
左手が難しいんですよ。
たぶんちゃんと弾くには相当練習しないといけない気がします(←練習する気のない人)

それから、シューベルトの即興曲 Op.142-2
だいぶ月日が経ってるので、これはかなり大変だろうと思ったのですが、
その当時に比べたら、楽譜を読む速度がかなり上がっているようで
(あくまでも当社比!)、意外と早くそこそこまで復活できてきました。
初めて読んだときはあの和音や3連符読むのに死ぬほど苦労したんですけどね。

もちろん、中間部の3連符地獄がうまく弾けないのは以前と変わらずですね。
昔より丁寧さがなくなってしまっていて、さらに悪化している感もあり、
ゆっくり練習などをやってみたりなどしています。

そして、ベートーヴェンの月光第一楽章
奇しくもこちらも3連符(笑)
やはり、この曲は名曲ですね!
かなり精神集中して弾かないといけないので、5回も通して弾くと、
精神疲労で倒れそうになります(汗)

上のシューベルト即興曲はほぼ暗譜状態を復活できたのですが、
こちらは暗譜が難しくて、かといって、楽譜見ながらだと、
途中で思いっきり外しそう・・・^^;
この曲はゆっくりなだけに、外すと台無しなんですよね(汗)

というわけで、お味はどれもかなりひどい状態ではありますが、
解凍祭り、楽しんでおります。

あと、シューベルト Op.90-4 やショパンワルツ7番あたりを
解凍できるといいんですけどね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 10 : 55 | ピアノ練習記(その他) | コメント(12) | page top↑
♪ ピアノ練習の近況
2014 / 08 / 24 ( Sun )
一週間の夏休みが終わって、明日から仕事・・・(TT)
(・・・と言っても、金曜日には出張行ってましたけどね)

最近、あまりアップしていなかったピアノ練習の近況を。

バッハ熱はあれ以来、急速な減衰曲線を描いており、
あれは何だったのだろう?という感じです(笑)
ただ、バッハの重要性は分かっているので、
インヴェンション4番だけは細々と続けております。
アップできるといいのですが、途中でこけない演奏が至難の業^^;

代わりに、ショパン熱が高まってきて、
もうショパンさえ弾ければ、ほかに何も弾けなくてもいいや・・・
ぐらいに感じる時期があったのですが(笑)
その時期に練習していたのが、
プレリュード9番と22番。

プレリュード9番は、右手の小指で旋律を奏でながら、
他の指で内声を奏でるという月光1楽章パターン。
聴いた感じよりかなり難しいですが、いい練習になります。

22番は、はっきり言って、無謀ですが、細々と練習続けていこうと。
リズムの取り方がすごく難しいんですよね(汗)

エチュードは、 Op.10-9 をやってみて、まともには弾けないものの、
ショパンを弾くうえですごく有意義な練習になったと思えたので、
続いて、エオリアン・ハープ(Op.25-1)に挑戦中。
この一か月ぐらい、かなり真剣に取り組んでいます。

まともに弾けるとは思いませんが、ゆっくりでも
広い音域をぱらぱらと動かして、旋律を奏でる練習が
できたら・・・と思っています。

一応、譜面は全部読めましたが(読んだだけ)、
技術もさることながら、この曲、かなり脳トレですね(笑)
左右の和音が同時に頭に入りません(>_<)

そして、ここ数日はというと、シューベルト熱に侵されています(笑)
昔から弾いてみたかった楽興の時2番をなんとなくなぞってみたら、
完全にハマりました^^;
有名な3番じゃないですよ。
この曲、すごく美しい曲だと思うのですが、
残念ながらあまり知名度がないですよね^^;
こちらも一応、譜面は読めたので、今、つっかえずに弾けるよう鋭意練習中。

というわけで、まとめると、こんな感じなのですが、
また、各論で練習状況を記事にしていければと思っています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 45 : 04 | ピアノ練習記(その他) | コメント(0) | page top↑
♪ エレジー
2014 / 02 / 16 ( Sun )
フィギュアスケートも団体戦と男子個人が終わって、楽しかったですね!
羽生選手、金メダルおめでとう!
高橋選手、町田選手もほんとに魅せてくれましたね。

ところで、僕はもちろん、日本人選手を応援していますが、
外国勢では、パトリック・チャン選手の演技が大好きです。
彼の演技だけは必ず、巻き戻して2度見てるぐらい(笑)

演技はもちろんのこと、選曲もいいんですよ!
その中でも今季SPのラフマニノフ「エレジー」にはぐっときます。
出だしの部分の振り付けがほんと最高!!!

というわけで、
「弾けもしないのに音をなぞってみるコレクション」を
また一曲増やしました(汗)

rachmaninov-elegy-01.jpg

いや~、弾けないですけどね
(その前にタイトルすら読めないですけどね・・・笑)

右手だけ最後までなぞってみたら、
左手の和音がなくても、脳内で和音を思い出すから、
十分萌えられます!(笑)

そして、初めの左手の E♭m の和音
これまたなぞってみるだけで、
あまりの陰鬱な重々しさに心をわしづかみに(笑)
↑「笑」じゃないですね(笑)

しかし、
この和音だけで、こんなに陰鬱な響きを表現できるのはなぜなんだろう?

音域が広いから?

♭6個だから?

ためしに、半音上げて、Em にして弾いてみたら(#1個の調)、
だいぶ聴きなれた調の感じになって(実際にノク19などで聴きなれている)、
あれほどの重々しさがないんですよね。
気のせいかもしれませんけど・・・

僕は音感に自信がないので、
調性感って今まであんまり信じられなかったのですが(汗)、
今回はやっぱり、♭6個の重みなのかなあ・・・と感じました。

しかし、この楽譜、全然指番号書いてないから、
こんな音域の広い和音をどうやって弾いたらよいのか、
さっぱり分かりませんね(>_<)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 50 : 24 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ いろいろ復活中
2013 / 05 / 20 ( Mon )
最近、更新が滞り気味ですが、
考えてみたら、いろいろめんどくさい記事が多すぎたんですね(笑)

物理・数学関連は、別ブログに独立させたことですし、
もう少し気楽にアップしていこうと思っています。

ピアノですが、おんそうずも近づいてきたし・・・
というのとは何の関係もないのですが(笑)
いろいろ復活を試みています。

ベトソナ20番弾けるかな?と思って、楽譜を探していたら、
プレリュード20番を見つけてしまい、
「あ、この存在、忘れてた!」と思って、
弾いてみたら、ほとんど忘れてましたが、
楽譜を読み直すのが以前に比べたら、かなり速くなったようで、
あと数日やれば、復活してくれそうな感じ。

ベト20の方は、間違えまくりながら、音を弾くだけなら、
今でも大丈夫そうです。
でも、発表会の時ぐらいに戻すのは、もう少し時間かかりそうですね。
発表会レベルに戻ったとしても、
完成度としては、たいしたことないんですけど・・・汗

それから、シューベルト Op.142-2を忘れてしまって久しいんですよね。
これはもったいないので、少し復活の努力をしているところ。
久しぶりに、弾いてみて、
シューベルトの和音は、やっぱり心にしみるなあ・・・
と改めて思いました(笑)

Op.90-4もたぶん弾けなくなってるんだと思いますが、
これはあえて、確認したくない・・・(笑)

おんそうずといえば、
ぐるぐる連弾の楽譜を初めて練習してみました。
とりあえず、今日は、どんなメロディか分かった程度(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 09 : 03 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ ベニスの舟歌 Op.30-6 久しぶりに
2013 / 05 / 03 ( Fri )
メンデルスゾーンの無言歌集ブームが到来して、
昔弾いていた「ベニスの舟歌」(Op.30-6)を復活して、
最近よく弾いています。

というわけで、さきほどの迷惑なおまけとして(笑)、
久しぶりに録音アップしてみました。

あちこち間違えてたり、最後のピアニッシモ和音を完全にスカったりしてますが、
一発録音の再録なしなので、ご容赦を!

この曲、もっと、しっとりと弾くべき曲なんでしょうけど、
どうしても、アグレッシブな感じになっちゃうんですよね・・・
これでも、かなり抑えてるつもりなんですけど・・・涙

ベニスの舟歌 Op.30-6(メンデルスゾーン)


[VOON] Mendelssohn Venetian Gondellied Op.30-6

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

15 : 00 : 17 | ピアノ練習記(その他) | コメント(8) | page top↑
♪ 古典派は難しい
2013 / 01 / 29 ( Tue )
二週間後の教室発表会に向けて、
ベトソナ20番第一楽章を鋭意練習中!

古典派って難しいですね!(><

一個一個きちんと正確に音を鳴らして、
細かいフレーズをきちんと閉じていかないといけないので・・・
まあ、ロマン派もほんとは同じなんでしょうけど。

練習し始めの頃は・・・
フレーズをきちんと閉じる!
テンポを一定にする!
この2つにかなり悩まされてました。。。

ようやく、だいぶ出来てきたようですが、
常に音楽の先を頭に描いて・・・というのがまだ出来てないみたいで、
音楽が進んでいかないようです。

ロマン派だと、ノリでガンガン進んでいってもいいのかもしれないけど、
(いや、ほんとは違うんでしょうけど・・・)
古典派は、自律性を保ちながら進んでいかないといけない感じで難しいですね。

飲みに例えると、
ロマン派は、クライマックスでビールにワインにガンガン飲んで、
思いっきり酔っ払って、ああ、飲みすぎた~と、
最後はウーロン茶で鎮静化みたいな感じだけど、
古典派は、絶えず、ペースを保ちながら、
ビールを注文し続けるって感じかな?(笑)



古典派は、初めまったく乗り気じゃなかったのですが、
やってみると、意外にも練習は楽しいです。

これまでも、クレメンティさんやクーラウさんのソナチネを練習してきましたが、
こんな楽しさは味わえなかったので、
そこは、ベートーヴェンのすごいところなんでしょうか。

それから、すごく、勉強になりますね!
拍感とか、細かい音のコントロールとか、ロマン派でももちろん必要なことですが、
より練習の方向性がはっきりしていて、分かりやすいというか、
(自分のできなさが分かりやすいという意味でもありますが)
古典派をやった方がよいという理由もよく分かりました。


ここへきて、困ってることが2点。

tr の「ドレドシドシーーー」みたいな音形がどうしても弾けないんです!
なぜだろう???

23212の1の動きが悪いような気がするし、
「ドレド」と「シド」を半拍ずつ入れるタイミングがうまくいっていないような気もします。

もうトラウマっぽくなってきました。
本番では100%弾けない気がしますが、もう少し頑張ってみます(汗)


もうひとつは、ペダル。

和音のところは、以前から入れていたのですが、
前回のレッスンで、他のいろんな箇所にペダルを入れることを
提案されました。

これが難しくて、とてもできそうにありません。。。

もう少し練習してみて、無理そうなら、
本番は入れない可能性が高いですね(汗)
いずれにせよ、教えていただけたのは、
今後の参考にしたいと思います。

こんな感じで、ラストスパート、頑張ってみます!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 28 : 43 | ピアノ練習記(その他) | コメント(9) | page top↑
♪ 自己流音名認知練習
2012 / 04 / 06 ( Fri )
職場で昼休みに、弁当を食べながらできる
「自己流音名認知練習」
を思いつきました!
(楽譜瞬読練習でもあります)

めんどくさくなって、一日しか続かなかったので、
あんまりおススメでもないのですが・・・汗
(そもそも、オススメする相手がいないし・・・笑)

先日、購入したポップスの楽譜を用意して、
まずは、右手の主旋律を心の中で音名唱!

次は、左手の音名唱ですが、
この時に、頭の中に右手の歌をかけながら、やります

インヴェンションなどでよくやる練習法だと思うのですが、
ポップスだと、歌詞を思い浮かべられるから楽。

それに、心の中で歌ってくれてる声は、
ドリカムだったり、Kiroroだったり、ご本人の声なので、
伴奏を弾いてあげるような感じで、
かなりノリノリ気分になれます。

といっても、はたから見ると、かなり怪しいので、
ポーカーフェースでやるのがコツ(笑)

本当は、右手の音名唱練習でも、
コードを頭の中に発生させられるといいのですが、
そこまで器用じゃないので・・・

いちいち、「電話帳」を職場にもっていくのがめんどくさいのもあって、
やめてしまいましたが、また、気が向けば、やってみようと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 43 : 00 | ピアノ練習記(その他) | コメント(0) | page top↑
♪ 無謀曲D (2)
2011 / 08 / 25 ( Thu )
お盆休みの一週間は、転調してからのページだけを
かなり頑張って練習しました。
(もちろん、レッスンの曲も練習しましたよ・・・笑)

shuyo01.jpg

この曲で難しいのは、なんといっても、
旋律部分だけを浮き立たせること!

旋律の音に赤いマーキングをしたり、
強く弾かなければならない指番号に丸をつけたりして、
一週間、何度も何度も頑張ってみて、分かりました。

難しいなんてものじゃなくて、
これは、もはや、異次元の世界ですね!

旋律を出すことさえあきらめてしまえば、
何度も反復練習することで、弾けるようになりそうな気はします。

でも、旋律を出すことに関しては、
今のレベルでいくら反復練習したところで、
到底出来るようなものではないことが分かりました。
(当たり前と言えば、当たり前ですが・・・)
この指を強く弾くって一個一個やっている時点で違うって気がするんです。

「次元が違う」という言葉がまさにピッタリ来ますね!
ゴールは2階にあるのに、階段のない1階をひたすらウロウロしてる感じ(笑)

というわけで、速いですが、とりあえず、
一時撤退します!
(emikaさん、お誘いしておきながら、スミマセン・・・汗)

でも、何が難しいかということが実感できたので、大満足です^^
実は、僕が無謀曲に取り組む最大の目的は、
万に一つも弾ければ、それに勝るものはないですが、
たとえ、弾けなくても、
どういうポイントがどれほど難しいのかということを身をもって実感すること
だったりするんです。
言ってみれば、
「難しいと言われている曲」を「確かに難しい曲」にしたい
ってことですかね(笑)

その目的が達成できたので、大満足です。
この曲、こういう音の構造で出来ているんだというのが分かって、結構、楽しかったです。

旋律のことを気にしなければ、視奏練習には最適の曲なので、
また、気が向いた時には視奏教材として弾いてみるのもいいかなと思っています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 33 : 16 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ 無謀曲D (1)
2011 / 08 / 16 ( Tue )
今、「無謀曲D」にハマってます!

過去記事で、「無謀曲A」~「無謀曲C」までは既に割り当て済なので、
Dってだけで、Dに頭文字などの意味はまったくありません。

例のノクターンは、まだ、5小節しか進んでないのですが、
「浮気曲から発生するさらなる浮気」の典型例です(笑)

どちらかといえば、こっちの曲の方が先に手掛けていたので、
むしろ、ノクターンの方が「さらなる浮気」なんですけどね。

さて、その、無謀曲Dですが・・・
とにかく美しい曲。

ピアノ弾かない人からすると、とても簡単そうに聞こえるけど、
実は、めちゃくちゃ難しい曲。

ゆっくり弾いても、様になる曲。
(だと思う。僕はゆっくりバージョンが好きです)

この曲のうち、おそらく一番難しいであろう部分を
重点的に練習中ですが、まさに、無謀そのものですね(汗)
どのぐらい難しいかがよく分かりました(笑)

でも、この曲、音域がそんなに跳躍しないので、
ガン見視奏練習にもうってつけなんです。
ゆっくりであれば、わりとガン見で弾けて、いい練習になりそうです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 06 : 42 | ピアノ練習記(その他) | コメント(14) | page top↑
♪ 彼方の光 (2)
2011 / 06 / 17 ( Fri )
以前から自主練しているリベラの「彼方の光」

楽譜でどう弾いたらいいか分からない箇所がありまして。

サビの部分なのですが(クリックで拡大)
faraway-question01.jpg

分からないのはこの部分。
faraway-question02.jpg

たぶん、赤いところが旋律と思っていて、

レードレレー ドレミーラーミーファファー

と続いて、その後、青いところはどうなるんでしょうか?

最後のファーは四分音符だから、ファラドミとはなれないですよね。

すると、ファーで切れるのか?ラに続くのか?

原曲を聴いた印象だと、2度下がって、
ファーミーとなっている印象がずっとあったのですが、
そんなミは、楽譜上存在しません。

もう一度、You tubeで原曲を聴いてみたところ、
実は、楽譜の上にさらに高い声部が存在しているようです。
その高い声部でファーミーってなってる気がするのですが、
耳が悪いので、自信はありません(汗)



結局、この楽譜では、どのように弾いたらいいんでしょう?
まあ、分かったとしても、旋律がきちんと出せるわけではないんですけどね^^;

とりあえずの演奏録音をアップしておきます。
(いろいろ迷いましたが、結局、divshareでアップします)



今、聴いてみて気づいたのですが、フレーズの後処理が全く出来てませんね!(汗)
ガンガン、攻めの「彼方の光」になってしまって、全く癒されませんね!
いつか、出直します^^;

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 43 : 16 | ピアノ練習記(その他) | コメント(10) | page top↑
♪ 自主練欲
2011 / 05 / 21 ( Sat )
相変わらず、ピアノ熱があまり上がらない状態が続いています。

と言っても、レッスンもありますし、ほぼ毎日弾いてはいます。
さっと弾ける暗譜レパも5曲ぐらいは、常に維持しています。
(維持と言っても、完成度を維持しているわけではないですよ、念のため)

でも、実は、逆説的ですが、
暗譜レパが維持できているという状況は、
ピアノ熱が低下している証拠かもしれません!


つまり、新曲を発掘しようという意欲が出ないため、
とりあえず、覚えている曲を弾いて、お茶を濁している感じだから。

逆に、新曲の譜読みに入れ込んでいる時って、
レパ曲を弾く時間もないので、そのうち忘れてしまって、
レパが少なくなっていくんですよね。

レッスン曲はノルマがあるので、そこそこ練習はできますが、
自主練となると、意欲がわかない限り、進みませんね(笑)

弾けるようになりたい一心で、楽譜を読み切ってしまおう
というあの意欲がどこへ行ってしまったのやら。。。

今にして思えば、シューベルトのOp.90-4の譜読みの時が最高潮だったかも。
レッスンでやるわけでもないのに、
あんなに長くて、自分にとっては無謀な曲を
最後まで読み切ってしまえたのは、自分でも驚きですね。
他のシューベルトの即興曲にも挑戦したいのですが、
なかなか最後まで読み切れるエネルギーが出てきません。

そう考えると、独学で次から次へと難曲をものにされている方々とか、
レッスン以外にも色々と遊びレパを増やしている方々とか、
すごいですよね!

・・・と、つぶやきっぽくなってしまいましたが、
まあ、ピアノが嫌いになったわけではありませんので、ご安心を!
単に物理熱の高まりと関係しているんだと思います(笑)
そのうち、自主練欲も戻ってくることでしょう。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

17 : 43 : 57 | ピアノ練習記(その他) | コメント(10) | page top↑
♪ 彼方の光(Far Away)
2010 / 11 / 17 ( Wed )


リベラ(Libera)というイギリスの少年合唱団が歌っていて、
ほんとにきれいな曲です。

2006年に放送された井上靖さん原作のドラマ「氷壁」のテーマソングで、
その時から、なんてきれいな曲なんだろうと思ってました。
ドラマ自体もすごく面白くて、毎回楽しみに見ていた記憶があります。
のだめの玉木宏さんを知ったのは、この時だったかな。

最近では、プラズマテレビのVieraのCMにも曲の一部が使われてましたね。

以前から自主練していて、
次回tsukupia☆の発表タイムで演奏する予定です。
と言っても、最近は、ワルツ7番で忙しいので、
毎回、一回だけ通し弾きする程度ですが・・・

もともとが合唱なので、ピアノアレンジもポリフォニックな感じできれいです。
なかなか、その美しさは表現できないですけどね。

既に人前でも演奏したことは何度かあるのですが、
tsukupia☆の発表タイムは、静粛モードなので、かなり緊張するんですよ。
崩壊しないといいのですが・・・

同じリベラの曲で、こちらの「Ave Maria」という曲が
また本当に悲しげで美しい曲です。



この曲もリベラ・オリジナルなのでしょうか?
それとも、実はクラシックなんでしょうか?
どなたかご存知でしたら教えてください。

こちらもいつか弾いてみたいのですが、楽譜が見つかりません。
楽譜を見つけて、いつか、「アヴェマリア」コレクションの一つとして、弾いてみたいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 32 : 50 | ピアノ練習記(その他) | コメント(2) | page top↑
♪ 速い曲
2010 / 10 / 28 ( Thu )
ふれあい発表会が終わると、
3か月後に教室の発表会があります!

昨年はサボったのですが、今年は既に出ると宣言済(笑)
そして、もう選曲をしなければならない時期のようです。

こちらも、今のシューベルトop.142-2で出てもいいのですが、
あと3か月、この曲をやり続けるのは、さすがに、飽きるかなと。
(他のシューベルト作品なら、大歓迎ですが・・・)

今まで、ゆっくりとした曲を弾くことが多かったので、
実は最近、発表会のこととは関係なく、
一度、速い曲の練習をしてみたい!
と思っています。

発表会で披露できるようなレベルに完成できなくてもいいので、
理想のテンポに到達できなくてもいいので、
何か速い曲を練習してみたいという旨を先生にお伝えしたところ、
完成できなくてもいいのであれば・・・という条件付で
無謀系候補曲をいろいろ出していただきました。

即興曲 op.90-2 (シューベルト)
アラベスク op.18(シューマン)
悲愴 第3楽章(ベートーヴェン)
テンペスト 第3楽章(ベートーヴェン)

シューベルトのop.90-2は、まさにイメージしていたストライクゾーンど真ん中!
二つ返事でやりたいのは山々なのですが、
3か月後の発表会には絶対に間に合わないというお墨付きをいただけたので(笑)、
(もちろん、自分でも、十分すぎるぐらい承知していますが・・・)
その場合、発表会は今のop.142-2で行くことになります。

そうすると、発表会前に違う曲をレッスンしてもらっている余裕なんてないだろうから、
結局、op.142-2をずっと弾き続けることになりそうです。
やはり、発表会に出せる曲を選択した方が得策!

そこで、発表会に出せる候補曲としての先生のおすすめは、

ピアノソナタ K545 第1楽章(モーツァルト)
ワルツ 第7番 op.64-2(ショパン)

K545は人気曲で、先生も大好きなんだそうですが、
僕は、スケール練習曲みたいで、いまひとつ好きになれないんですよね。
(勉強にはなるとは思いますが・・・)

ワルツ7番も人気曲ですが、こちらもそんなに惹かれたことはありませんでした。
ショパンのワルツ全般、明るすぎて、あんまり興味がわかないのですが、
でも、ショパンのワルツを避けて通ることはできないと思いますし、
いろいろな音源を聴いているうちに、少しモティベーションがわいてきました!

速い曲の練習にもなるし、人気曲をやるのも悪くないかなと思えてきました。

ひねくれ者なので、ショパンイヤーにショパン弾くのは嫌だなあと思ってましたが(笑)、
発表会本番は来年なので、もうリストイヤーに入っているはず。
ただ、3か月で間に合うかというのは、少々というか、かなり心配ですけどね^^;

それから、ベトソナで簡単めのありますか?とお尋ねしたら、

ピアノソナタ第19番 op.49-1 (ベートーヴェン)

をすすめられました。
ソナチネアルバムに入ってる曲のようですね。
ベトソナも始めてみたいと思っていたので、こちらも惹かれます。
でも、ちょっと発表会にはしぶすぎるような気も・・・

もう少し悩んでみます。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 45 : 57 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ 音楽の流れと呼吸
2010 / 10 / 10 ( Sun )
先日のシューベルトのレッスンにて。

だいぶ弾けるようにはなってきたものの・・・
音楽の流れが止まっている!
という致命的な指摘をいただきました

呼吸を意識することが重要なようです。

呼吸といえば、その昔記事に書いたような・・・と思って、
過去記事を探してみたら、ありました→コチラ
4年以上も前に、「そろそろ呼吸を意識して下さい」と言われてたんですね(汗)

その時は、音楽的な呼吸を考えるという程度に理解していたのですが、
やはり、実際の呼吸も合わせていかなくてはいけないようです。

確かに、今の状態は、音楽とは無関係に呼吸をしていて、
「よし、ここまで弾けたから、ちょっと休憩、次はここか。え~と、ここの注意点は・・・」
みたいなお気楽な弾き方をしているので、
音楽の流れもへったくれもないですね(笑)

音楽的な一つのまとまり部分は、
一息で弾き切ってしまうようにすると、流れが出てくるようです。
吸いながらcresc.して、吐きながらdecresc.していく
一連の流れを体にしみこませるという作業が必要なようです。

少しずつ吐き続けて、息絶えるようなdecresc.をして下さいとのことでした。
そのまま、息絶えてしまわないように気をつけます(笑)

曲が体にしみ込んでしまえば、自然に呼吸も出来てくるんでしょうね。
体で覚えこんでしまえるまで、通し弾き練習がんばろうと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

11 : 51 : 15 | ピアノ練習記(その他) | コメント(0) | page top↑
♪ 高まるピアノ熱
2010 / 08 / 02 ( Mon )
最近、更新が滞っておりますが、元気にしております。
書きたい記事も山のようにあるのですが、
最近、ピアノ熱が最高潮に高まっておりまして・・・

夜の時間をブログ更新ではなく、
デジピでの練習に当てているという珍しい状況(笑)
(まあ、プライベートの予定もかなり立て込んではいるのですが)

といっても、レッスン曲の練習の出来がいまいちなのは、
コソ練にもかなり時間がとられるからでして・・・^^;

練習会が多くなると、
レパを維持しなくてはいけない・・・
レパを新たに増やさなくてはいけない・・・

そして、
無謀曲にもまた挑戦したくなる・・・

などなど、コソ練の負担が過大になってきますね^^;
(負担といっても、楽しいのですが)

もちろん、レッスン曲の即興曲op.142-2は大好きな曲で、
いくら弾いても飽きないので、こちらもかなり熱が入ってます。
部分練習とか地道な練習がちょっと足りないですね。
ちゃんと、やらないと・・・(汗)

ツェルニー、プレインベンションも重要性は理解しているのですが、
ちゃんと、やらないと・・・(滝汗)
(決して、嫌いではないのですが・・・)

ほんと、時間が足りませんね!!!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 30 : 00 | ピアノ練習記(その他) | コメント(4) | page top↑
♪ 風のように (3)
2010 / 04 / 09 ( Fri )
コソ練から昇格して、初レッスン。

とりあえず、比較的スムーズには弾けるようになって、
あとは自分ではどうしていいか分からない状態でしたので、
レッスンしてもらえるとはいいものですね!
問題点がきちんと整理されます。

右手の旋律は・・・
上がっていくところは自然なクレッシェンド、
下がっていくところは自然なデクレッシェンド

つまり自然な呼吸が出来ていない。
全部、一本調子になっているようです。
超基本事項ですが、できてないようですね・・・orz

左手の分散和音の伴奏は・・・
初めのベース音をしっかり鳴らして、あとは弱く!
全部の音をバリバリ弾いてしまっているようです。

それから、指使いが先生ご推奨とは、だいぶ違ってました。
ま、「どれが正しい」ということはないそうですが・・・
今から直すのは大変だろうから、直さなくてもよいと言われましたが、
一応、今後のために知っておきたいので、教えていただきました。

この分散和音は、52121で弾いてましたが、
52132が先生ご推奨。
確かに、52121は指くぐりが複雑だし、
最後の1が強く当たっちゃうのもよくないのかな。
chordcolor_kazenoyouni01.jpg

そして、以前のこの記事で悩んでいた箇所。
kazenoyouni_01.jpg
僕は、52121212で弾いてましたが、
ここのご推奨は、NaGISAさんがコメントして下さった通りの
52132312でした!

レッスンしてもらえると、勉強になります!
それにしても、いつも知らない曲をさらっと初見で
弾いて下さるのには、驚きますね。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 53 : 09 | ピアノ練習記(その他) | コメント(0) | page top↑
♪ 風のように (2)
2010 / 02 / 13 ( Sat )
前回記事で書いたとおり、S.E.N.S.の「風のように」を再開。

ポピュラー楽譜は、指番号が書いてないことが多いので、困りますね。
この楽譜のような左手の分散和音は、どのような指使いがよいのでしょうか?

kazenoyouni_01.jpg

いろいろ考えました(赤字は指くぐりのポイント)
 5 3 2 1 2 1 2 4
 5 3 2 1 2 1 2 3
 5 2 1 2 1 2 3 5
 5 2 1 2 1 2 1 2

次の和音の5のポイントを決めやすいのが、

それでも、は、3から次の5へ行かなければならないので、
見ていないとはずしやすいです。

が一番、次の5へスムーズに行けますが、
2回指くぐりはちょっと弾きにくいです。

こういうパターンは、何か正しいとされている指使いがあるのでしょうか。
それとも、自分が弾きやすい方法がいいんですかね。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

18 : 50 : 36 | ピアノ練習記(その他) | コメント(2) | page top↑
♪ 荒野のバラ、終了
2009 / 11 / 25 ( Wed )
ツェルニーだけでなく、「荒野のバラ」も終了。

この曲は結局、熱が入らないまま、終わってしまいました。
曲の最後の方の盛り上がりは、弾いていて気持ちがいいんですが、
やっぱり、燃え(萌え?)られませんでしたね。

最後に、先生から「この曲はモノにしたいですか?」
と尋ねられ、あっさり、「いいえ」と答えて、終了(笑

そして、次の曲。
今の曲集(全音ピアノ名曲100選初級編)とショパン遺作集、ノクターン集の3冊を
持ち込んで、先生に弾けそうなものを選んでいただきました。

選んでいただいた選択肢は、この3曲。
 さらばピアノよ(ベートーヴェン遺作)
 ワルツ イ短調 (ショパン遺作 KK IVb-11)
 ポロネーズ ト短調 (ショパン遺作 KK IIa-1)

もう少しハノンを速く弾けるようにならないことには、弾ける曲がないそうです(T_T)

3曲ともに、弾いてみたくなるような美しい曲ですが、
今のところ、以前から弾いてみたいと思っていた「さらばピアノよ」が第一候補。
この時も候補に考えたことがありましたが、ようやく弾く時が来ました。

悲愴第2楽章やシューベルト即興曲op.90-3に出てくるような
旋律と内声の弾き分けの勉強にもなりそうですね。

荒野のバラは、先日、練習会で一度披露したことですし(めちゃくちゃでしたけど)、
めでたくお蔵入りでしょうか。。。
ちょっと、もったいないかな(汗

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 16 : 43 | ピアノ練習記(その他) | コメント(0) | page top↑
♪ 荒野のバラ (1)
2009 / 08 / 21 ( Fri )
レッスンの曲もそろそろ、譜読み始めないと・・・
ということで、ランゲの「荒野のバラ」の譜読み始めました。
一応、最後まで音は押してみました!
本当に押しただけですけどね。。。

冒頭は、ソナチネにそっくりですね。
左手のアルベルティ・バスがまた、
ソナチネ感をぷんぷん漂わせています(笑

heidenroslein-alberti.gif

このソナチネっぽいところが終わると・・・
大の苦手なスタッカートが・・・!(汗

heidenroslein-staccato.gif

裏拍で始まるのが嫌な感じ。
この際、克服しておきたいので、よい選曲かも。

左手のメロディもアウフタクトのように入っているのが嫌ですね。
実際、弾いてみると、フレーズ間の8分休符が難物です。

そして、最後はへ長調スケールで盛り上がって終了。
バシッと決まると、かっこいいんですけどね。。。

heidenroslein-scale.gif

とりあえず、You tubeで音源を探したのですが、
子供の発表会の演奏しか見つからず。
まあ、「花の歌」もそうでしたが、
こういう曲はあんまりプロが弾いているのを聴きませんよね。

でも、子供の発表会の動画で、子供たちが頑張って弾いているのを見ていたら、
なんだか、すごく勇気をもらえました!
曲自体も好きになってきたし、頑張ろうと思います!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 43 : 34 | ピアノ練習記(その他) | コメント(2) | page top↑
♪ 原点回帰
2009 / 08 / 14 ( Fri )
コソ練のシューベルトは、通しで弾けるようになりましたが、
どこもかしこも荒削りな部分だらけ。
荒削りというより、精製する前の不純物だらけの原石状態。
(光ると思ったら、ただの石ころだったというオチもありそう)

まあ、こちらは地道に部分練習を積み重ねていくことにして、
新しいコソ練曲を物色中です!
いろいろ、弾きたい候補曲はたくさんあるのですが、
(レッスン候補曲はまったく思いつかないのに・・・笑)

原点に回帰してみたくなりました!
捜査でも行き詰ったら、現場に戻れって言いますしね(笑
(別に行き詰ってはいませんが・・・)


そもそも、何が弾きたくて、ピアノを始めたのか?
ということ。

思い起こしてみると、昔の記事にも書いたとおり、
中学~高校の時、「ジェットストリーム」というFM番組で
よく聴いていたリチャード・クレイダーマンでした。

ラジオで流れる曲をカセットテープに録音(エアチェック)しながら、
こんな曲が弾けたらなあと、憧れたものでした。
一度放送全体を通し録音した後、ダブルデッキで音源部分だけを
ちまちまと、別のテープにダビングしてました。残り時間を計算しながら・・・


彼が弾く"We are the world"(USA for Africa)が一番のお気に入りでしたが、
この曲のクレイダーマン・バージョンの楽譜なんて、たぶんないと思うし、
どうせ弾くなら、代表曲にしようかなということで、
「渚のアデリーヌ」
に挑戦することにします!
楽譜は、家にあったポピュラーの曲集の中から見つけたので、
さっそくそれをコピーして眺めています。

この曲が弾けるようになったら、ちょっと感慨深いかもなあ。。。
そのうち、昔、独学時代に途中で挫折してしまった
"Let it be"(ビートルズ)
"Hard to say I'm sorry (素直になれなくて)"(シカゴ)
などにも再チャレンジしてみたいものです。
なんだか、ワクワクしてきますね!

追記
リチャード・クレイダーマンの"We are the world"の演奏の音源を見つけました!
初めに面白い茶番劇が入ってますが、時間のない方は2:40ぐらいから始まります。

やっぱり、素敵な演奏だなあ。。。
クレイダーマンらしい派手な経過フレーズもちゃんと入ってますし。
楽譜があれば、こちらも弾いてみたいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 52 : 23 | ピアノ練習記(その他) | コメント(14) | page top↑
♪ コソ練候補曲
2009 / 03 / 20 ( Fri )
レッスンメニューの練習もままならないのに、
コソ練どころではないのですが。。。
ピアノ熱が低下中なので、コソ練候補曲でも考えてみました。
無謀な曲も入ってるかもしれませんが。。。

プレリュード6番 (ショパン)
プレリュード20番 (ショパン)
ノクターン20番 (ショパン)
アヴェ・マリア (カッチーニ)
サラバンド (ヘンデル)
Close to You ~セナのピアノ I
渚のアデリーヌ(リチャード・クレイダーマン)
さくら(独唱)(森山直太朗)

あんまり、以前から言っている曲と変わり映えしないですね。
ノク20は、平原綾香バージョンのピアノ楽譜ってのも存在するのかなあ。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

17 : 18 : 12 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ 無謀曲B(1)
2009 / 02 / 26 ( Thu )
8小節だけをひたすら練習していた無謀曲A
しばらく弾いてなかったら、すっかり忘れてしまいました。。。orz
あれほど苦労して、覚えたのに~~

8小節ぐらいなんだから、もう一回読め!と言われればそれまでですが、
譜読み苦手なので、もう一回読む気がしません!
こりゃ、しばらく放置だな、きっと。

気を取り直して、無謀曲Bに挑戦中!^^
こちらは曲の冒頭のワンフレーズと中間部を同時並行で練習中。
でも、転調してるから、この2か所は調号がまるで違うんですよ。
(片や♭だらけで、片や#だらけ。。。笑)
頭が混乱するので、同時並行はあまり得策じゃないのかも(汗

中間部は、外声の旋律と内声の和音というパターン(という理解で合ってるかな?)
手が届きにくい箇所もあるし、ひとつひとつ押すだけで一苦労(汗
手がつりそうになりつつも、毎日、同じ個所ばかり、
♪=60ぐらい(というより♪≦60と書くべきか?)で弾いてます。

こんな調子で毎日弾いてたら、
少しはスムーズに弾けるようになる日が来るんだろうか。。。
永遠に来そうもないんですけど。。。
昔、古文で習った反語表現みたいですね。
「来るんだろうか?(いや、絶対来ない)」ってやつです(笑


ま、全然スムーズに弾けなくても、かなり楽しいのが、
これぞ、無謀曲の醍醐味というやつですね^^

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

23 : 37 : 23 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
♪ 無謀曲A(1)
2009 / 01 / 11 ( Sun )
無謀曲Aの8小節だけをコソ練中!
これが難しくて難しくて。。。

リズムが右手2コに対して、左手3コなのです。
幻想即興曲で3:4で苦労するという話をよく聞きますが、
2:3ですら、僕にとっては至難の業

左手の3連符でリズムを考えると、
右手は3連符の真ん中の音の中間で前後に分ければいいということはわかるので、
原理的にはできるんです。

しかし。。。
左右を独立して聴く耳が全然できてないので、
右手の旋律がスムーズに弾けているのかがまったく分かりません。

道は険しいですね!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 42 : 28 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
♪ 風のように(1)
2008 / 12 / 27 ( Sat )
今、コソ練している曲です。

S.E.N.S.(センス)のこちらのアルバムに入っている曲は全部弾いてみたいのですが、

B000051TDA透明な音楽
S.E.N.S. 深浦昭彦
ファンハウス 2000-08-23

by G-Tools


本当に透き通るような透明な曲が多くて、
ほとんどの曲がドラマの挿入曲やCMの曲になってるので、
どこかで耳にしたことある曲ばかり。

中でもお気に入りの「風のように」を練習中。

こちらの楽譜を使ってます。

4810876284ピアノソロ SENSベストアルバム 透明な音楽 (ピアノ・ソロ)
S.E.N.S.
ドレミ楽譜出版社 2000-09-29

by G-Tools


動画もありました。こんなキレイな曲です。



練習状況ですが。。。
ポピュラー譜って、指番号が書いてないのが困るんですね!
左のアルペジオ・・・どういう指で取ったらいいのか分かりません

そして、来年からは、コソ練では暴走する予定で、
ある無謀曲のわずか8小節だけをひたすら練習していますが、
全然弾けません!

やっぱり「難しい曲は難しい」という当たり前のことが分かりました(笑

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

19 : 24 : 23 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
♪ 永遠にともに(3) 披露宴本番
2008 / 07 / 09 ( Wed )
風邪でダウンしたりで、もう2週間もたってしまいましたが、
披露宴本番のご報告です(かなり長いです)

前日
ちょうど前日がレッスン日でした。
「練習で間違えても、気にしないように。
逆に間違えておかないと、本番間違えますから。」

というakko先生からの安心のひとこと。
「練習で間違えたところは、その部分だけ取り出して、
消しゴムで消すような感じで何度か練習しておくと、落ち着きます。」

という不安克服のすばらしいアドバイスも。

スピーチ原稿も前日、ようやく固まりました。
大親友なので、話したいことはたくさんあるのですが、
長いスピーチは嫌われる!
と俗に言われているので、短くするのに苦労しました。。。笑
(それでも、長かったかも。。。汗)

piyoneは今回に備えて新調したドレスの準備で大忙し。
会場で着替える予定になっているので、
僕はそのドレスの背中の蝶々結びをきれいに直す練習までする羽目に(爆

開宴前
朝、自宅で「最後のあがき」という名の最終練習をして、
会場のお茶の水、山の上ホテルへ。
伝統を感じさせるクラシックな雰囲気の素敵なホテルでした。

予め、実際のピアノで練習させてもらうよう、
会場の人にお願いしてもらっていたので、
挙式の前の時間に披露宴会場で伴奏だけのリハーサル。

何人かの給仕たちがせわしなく式場の準備をしている中で弾きます。
ここは本番のつもりで、
何があっても止まらずに弾ききるぞ!
とそれだけを心に誓って、弾き始めました。

カワイのアップライト。鍵盤もペダルもすごく軽くて、
家のピアノとは全然感覚が違いましたが、わりと弾きやすく感じました。
グランドのように音量が出ないので、響かせるのが大変そう。

リハーサルという心の余裕のせいか、
意外に緊張しなかったので、
ほとんど目立ったミスもなく、止まることもなく弾ききることができました。
これは幸先いいかも!
ということで、何度か通しで弾いて、自信をつけることに。

でも、先生のアドバイスによると、
ここで間違えなかったってことは、本番で間違える
ことになるんですが。。。
まあ、本番間違えないなんてことは、
太陽が西から上るよりありえないことですしね。。。

本番
挙式が終わり、披露宴が始まりました。
お酒は、乾杯のシャンパンぐらいなら。。。と初めは思っていましたが、
一口飲んできつそうだったので、「杯を乾かす」のはやめておくことに。

司会の方がやってきて、段取りの説明。
順番がなんと余興のフィナーレになっているそうで。。。
しかも、新郎新婦からのサプライズになっているそうで。。。
責任重大!最後まで気が抜けません

ところが、余興がだんだんお笑い系になってきて、
場が和んできたおかげか、
不思議とあまり緊張しないうちに、番が回ってきました!
緊張しない代わりに、このお笑いムード一色の雰囲気の中で、
うまくスピーチできるかが心配になりましたが。。。

まずはスピーチ。
新郎のお人柄を表すちょっといいエピソードを紹介して、
笑いを少し織り交ぜつつ、こちらは無事終了。
最後は、「永遠にともに、幸せなご家庭を築きあげて下さい。」
というお約束フレーズでしめくくって、いよいよピアノです。

僕はアップライトなので壁に向かって弾き、
すぐ背中で新郎新婦が歌います。
緊張の一瞬。。。

イントロではずしたら、すごくかっこ悪いし、
新郎新婦も出だしからはずされると、気分がなえるだろうから、
イントロだけは絶対はずさないようにしよう
と心に決めて、弾き始めます。

ガチガチの演奏にはなりましたが、
なんとかはずさず、無難にイントロを乗り切れました。
新郎の歌いだしもうまく行って、
うまく軌道に乗れたので、あとは黙々と、テンポを守りながら。。。

初めの方で、「きれいだよ~♪」という歌詞があるのですが、
そこで、新郎が新婦にささげるようなジェスチャをしたらしく、
会場、大盛り上がりになりました。
新郎新婦の歌声、そして、会場のお客さんの盛り上がりを
聴いているうちに、とても不思議な感覚に。

主役は間違いなく、今歌っている新郎新婦であり、
会場は思いっきり、それを盛り上げている。。。
自分も会場のお客さんと同じ立場で盛り上げていく役に徹しよう。。。


この不思議な場との共有感で、気持ちがすごく楽になりました。
途中、何度かミスしたり、分からなくなったりもしましたが、
なんとか片手だけでつないだりして、
最後まで止まることなく、弾ききることができました!
決してすばらしい演奏ではありませんでしたが、
僕としては、大成功です!

今回、事前に実際のピアノでリハーサルが出来たこと、
そして、壁に向かって演奏したので、お客さんの顔が視界に入らなかったこともあって、
それほど、緊張せずにすんだのも勝因のような気がします。

会場のお客さんも暖かい雰囲気で、終わった後何人かの方から
「ピアノ、素敵でしたよ。」と言っていただけました。
ピアノ弾きが聴いたら、素敵な演奏とはとても程遠いものではありましたが。。。

大親友の披露宴で、本当にすばらしい思い出ができました。
こんな大役を僕に任せてくれた親友夫妻、
ここまで丁寧に指導し、勇気づけてくださったakko先生、
応援やアドバイスのコメントを下さったブログ仲間の皆様、
毎日同じ曲を聴かされて耳タコ状態になりながら、忍耐強く応援してくれたpiyoneに感謝です。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

01 : 31 : 28 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
♪ 永遠にともに(2)
2008 / 06 / 18 ( Wed )
いつの間にやら、結婚式本番が今週末に迫ってます。

最近は飽きるぐらいまで、毎日、何度も何度も
ひたすら、この曲ばかりを弾いてます。
どんなに緊張しても飛ばないように、
何が何でも、止まらず弾ききることだけを目標に。。。
でも、本番は飛びそうだ。。。。かなり不安

出番はキャンドルサービスの直後だそうです。
それまで結構、時間あるので、ついお酒など飲んでしまいそうですね^^
それとなく、先生に「お酒は・・・」と言ってみたところ、
「絶対、ダメ!お酒に逃げちゃダメ!」
即答されました。

確かに、飲んだら絶対弾けませんよね。
乾杯のシャンパンぐらいにしておこう。。。
って、それもダメか(汗

演奏の前にスピーチもすることになっています。
結構、緊張するたちなので、
スピーチで緊張の頂点に達してしまったら、
その後の演奏、かなりキツイかも。。(゜O゜;

スピーチでまず、緊張の頂点に達しておいて、
演奏する頃には、リラックスムードへ向かってるように。。。

なんて、うまくは運ばないだろうなあ。

最近のレッスンでは、僕が弾いて、先生が横で歌ってくださいます。
途中、ちょっとしたミスで飛んでしまって、
復帰不可能になりそうになっても、
先生の歌は決してストップしてくれません。
「続けて~!」と言われ、無理やり続ける練習。
飛んだ時に復帰するポイントを決めておいて、
そこからは確実に入れるようにしておくとよいそうです。

一応なんとか、弾けているようですが、
腕はガチガチ、固すぎ。
でも、もう弾き方を変えないようにとのこと。。。
なので、当日は固い演奏でいかせて貰います(笑

直前は当日の服装で、靴も履いて練習しておいた方がいいようです。
家で礼服を着て演奏するのも妙な感じですね。
フローリングの上で靴を履いて練習か。。。
ペダルが汚れそう。。。ビニルでもかぶせましょうかね。

当日は、新郎新婦に手配していただいて、
式前にリハーサルでピアノ弾かせてもらうことにしています。
ホテルなので、グランドかとばかり思ってたのですが、
カワイのアップライトだそうで、上手く弾けるかな。。。

とまあ、不安要素はかなりありますが、
お二人を祝福する気持ちだけはしっかり込めた演奏を心がけようと思います。

これからスピーチ考えないと。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 14 : 38 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(17) | page top↑
♪ 伴奏合わせ練習
2008 / 05 / 19 ( Mon )
昨日は、結婚する親友カップルを我が家にお招きして、
「永遠にともに」の初の合わせ練習をやりました。

合わせ練習って、楽しいです!
みんなで力を合わせて、一つの音楽を作り上げるって、いいものですね。

この日に向けて、ひたすら伴奏の練習を重ねてきたおかげで、
ミスは多発するものの、とにかく止まらずには弾けるようになってきました。
でも、逆に、伴奏をいつもソロで弾いてると、かなり飽きてくるんですね。

早く歌と合わてみたい!
という気持ちが日に日に高まっていて、とても楽しみにしていました。
でも、緊張するだろうから、いつも通りは弾けないかもという不安もありましたが、
不思議と、このお二人の前だと、全然緊張しなくて、
すごく気持ちよく伴奏できました。

まあ、何度か派手に分からなくなってしまって、ご迷惑おかけしましたが。。。(汗
かなり派手にミスタッチしたところでも、
「全然気づかなかった」という暖かいコメント(滝汗
お二人のやさしいお人柄で、とても楽しい雰囲気で、合わせ練習できました。

スピードは、CDのテンポよりもゆっくりめが好みとのことで、僕も助かりました。
途中、速いと苦しいところが何箇所かあるので。。。

最後のサビ(3回目)で「ともにあるき~ともにねがい」の6小節分、
歌詞ではなく、独自に新郎のセリフを入れたいそうです。
towani-sabi.jpg

ところが、20秒しかないので、メッセージが入りきらないという問題に。
伴奏をループしようと思ったのですが、もともとサビはループする構造になってないので、
無理やり戻ると、どうしても不自然になってしまうんですよね。
コード進行の理論がわかっていると、もう少しスムーズに戻る方法もあるんでしょうけど。

というわけで、ピアノの前で色々議論しているところ。
bansouawaseren03.jpg

結局、次のコーダの部分のこの2小節を延々ループすることにしました。
ここは元から、Bm→F#m7→GM7→D→A/C#→Bm→F#m7→GM7と、
繰り返し構造になっているので、
Bm→F#m7→GM7→D→A/C#の部分を何度でもループ可能です。
towani-coda.jpg

あまりに短いので、何度もループすると、壊れたレコードみたいで
ちょっとしつこい感じもするのですが、10秒ぐらい余計にかかる程度なので、
1回か2回ループすれば、いけそうです。
ただ、何度もループしているうちに、頭が混乱して、
歌に戻った後、1回、繰り返すのを忘れてしまわないか、すごく不安。。。

この演奏の前に、軽いスピーチもする予定なので、極度の緊張の中、
両方こなせるか、かなり不安ですね。。。
崩壊してしまわないことを願うばかり。。。

レッスンの指摘事項も色々あるので、また次回記事にします。

番外編
練習の後は、お楽しみのディナータイム(presented by piyone)
bansouawaseren02.jpg

お二人からは、素敵なアロマセットをいただきました。
ありがとうございました!とても癒されてま~す!
bansouawaseren01.jpg

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 22 : 05 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
♪ 永遠にともに
2008 / 04 / 28 ( Mon )
コブクロの「永遠にともに」の伴奏を猛練習中。

前回、「暗譜できない」と嘆いていた記事に
皆様から親切なアドバイスを色々いただいて、ありがとうございました!
こういうことをブログ記事に書くときは、本当に困っているときなので、
アドバイスをいただけるのは、とてもありがたいです。

皆様からのアドバイスを参考にすると、
やはり、音名暗譜が有効という認識にいたりましたが、
僕の場合、きちんと音名暗譜するには色々問題がありまして、
(・・・これについてはまた後日記事にしたいと思います)
今から克服するのはとても間に合わないので、
今回はとりあえず、
何度も何度もひたすら通しで弾きまくる作戦
でなんとか暗譜しました^^A

今までは発表会でもちょっとぐらい止まったり、
弾きなおしてもいいやという甘えがあったのですが、
今回は伴奏なので、そうはいかないですよね。
どれだけミスしまくっても、とにかく無理矢理つなげる
ことを心がけて、練習をしています。
おかげで、CDに合わせてなんとか弾けるぐらいにはなりました。
(めちゃくちゃミスしまくって、崩壊寸前ですが。。。)

でも、緊張したらどうなるか分かりませんよね。
ふだん絶対ありえないところで暗譜が飛ぶ
って恐ろしい話、よく聞くんです。
容易に想像できますね。
恐怖です・・・(゚_゚i)

完全に忘れるってことはなさそうなので、
5秒ぐらい考え込めば思い出すと思うのですが、
伴奏の場合、思い出すのに0.5秒遅れたら、アウト!
必死で追いつこうとして、見事に崩壊するんですよ。

暗譜した上でなんとか楽譜を見ながら演奏できないかと試行錯誤中。
といっても、瞬時に楽譜は読めないので、
なんとなくの楽譜の画像パターンをきっかけにして思い出す
楽譜に思い出すためのヒントをバリバリ書き込む

などを試してみました。

バリバリ書き込んでみた楽譜がコチラ。
towani-2.jpg

今まで自ら禁じていたドレミ書き込みを特例措置で解禁。
全部にドレミを書き込んで、#や♭の箇所は色で塗ったり、
いつも混乱する音を赤で囲んだり、
ベースのコード名を書き込んだり、
ありとあらゆる手を尽くして、読みやすくしたつもりなのですが。。。

逆に、読みにくい!
ドレミ表記だけ見ても、音の高さの動きが瞬時に分かりにくいし、
音の長さがも分からないので、
逆にイメージわかないものなんですね。
楽譜ってうまく出来てるんだなあ。。。と改めて実感。
やはり、これからは暗譜しても、楽譜をポイせずに、大事にします(反省
面倒がらずに、譜面台立てます(反省

この週末だいぶ弾きこんだおかげで、
この初めの比較的音符の少ないAメロの部分↓と
towani-1.jpg
構成がシンプルなサビの部分↓は
towani-3.jpg
楽譜見ながらでも弾けるようになりました。
サビのところは、コード名からの連想が分かりやすいので、
もっぱらコード名を見て弾いてます。
サビは、最も忘れやすい魔の場所なので、見ながら弾けるとかなり安心ですね。

Bメロ
towani-2.jpg
(何て呼ぶか分かりませんが)サビを繰り返す前に入る経過フレーズ
towani-4.jpg
コーダ
towani-5.jpg

の部分は、複雑なので、鍵盤に目をやることが多く、楽譜見ながらはきついです。
ここで忘れたら終わりですね。。。
まあ、複雑な部分は忘れにくいとは思うのですが。。。

ところで、伴奏なので、歌と合わせなければならないんですよね。
というわけで、弾き語りにも挑戦中!
歌には全く自信ないので(ピアノもないですが。。。)、人前で歌う気は全くなく、
単に歌に合わせるための練習です。
家の遮音性を信じて、思いっきり歌ってます。
でも、これが難しい!!!

弾き語りって、皆さんよくアップされてたり、陣内さんもやってましたが、
こんなに難しいものだったとは。。。
弾くパートと歌うパートの両方を頭に浮かべないといけないので、
ある意味ポリフォニー的感覚ですね。
Aメロやサビの部分は伴奏が和音っぽくなっているので、比較的やりやすいのですが、
Bメロは、伴奏がメロディっぽくなるので、つられて歌うのがすごく難しいです。
経過フレーズのところは、リズムが難しくて、
さらに装飾フレーズがかぶさってくるので、とても歌えません。
平然と弾き語りしている人って、すごいですね。
でも、歌えたら一人二役みたいでとても気持ちいいんでしょうけど。

。。。と、まただらだらと長くなってしまいましたね。
伴奏練習の状況はこんなところです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

00 : 56 : 44 | ピアノ練習記(その他) | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。