スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何もしない政府
2011 / 03 / 27 ( Sun )
震災から2週間がたちました。

この2週間、被災地の窮状、民間ボランティアの活躍、
風評被害の現状など、いろいろなニュースが報じられてますが、
政府はいったい何をやっているのか・・・
まったく聞こえてきません。

マスゴミは偏向報道がお得意なので、ひょっとして、報道されてないだけ?
とも思いましたが、被災地の市長さんや村長さんのインタビューを聞くにつけて、
(これもマスゴミ経由だけど、一応、生放送なので、情報操作はないと思われる)
政府は、何もやってないようです!

被災した自治体市町村自らが必死で頑張っていて、
その窮状を見かねて、民間ボランティアが必死で支援しているという構図。

この未曽有の大災害に2週間もパフォーマンス以外、
何もやってない政府って、ある意味すごすぎです!


こんなときに、一国の長である首相が
全然、表に出てこないというのが恐ろしい事態。

岡田が今頃、山形の避難所に行って
「燃料が足りないらしいので、これから確保する」って、今頃?

菅の被災地入りは、雨降ってるから延期(その後、どうなったんでしょう)
政府の皆さん、放射能がよほど、怖いんでしょうね。

枝野は寝てないだけで、評価されるのだから、不思議です
確かに、100時間寝てないのはギネスブック的にはすごいと思うけど。
今までさんざん、口から出まかせ言ってきた政党なので、
この人たちがいくら「安全」と言っても、狼少年で意味ないんですよね。

何もやっていない菅政権ですが、
知りうる限り、余計なことは、いろいろやってるようですね。

震災直後にアメリカが原発の冷却支援を申し出たにもかかわらず、拒否!
その方法だと、原子炉二度と使えなくなって、もったいないから。
早期に支援を受けていたら、今のような状態にはなっていなかったかも。

メーカーが被災地向けに支援した乾電池190万本を政府内に放置!
被災地から支援要請がなかったので・・・

海江田、原発放水の東京消防庁を恫喝し、無理な放水をさせ、放水車を破壊!
民主党は、恫喝することだけはプロ級です。

次々にそれっぽいポストを作って、パフォーマンスには余念なし。
どさくさに紛れて、問責決議を受けたばかりの仙石、馬淵を復権。

自衛隊を「暴力装置」呼ばわりした仙石の下で、働かされる自衛隊の人たちが
ほんとにお気の毒です。

自らを「乱暴副長官」と称して、超法規的措置でもなんでも
やってやるとやる気満々なご様子。
この際、超法規的措置で思いきった被災地支援をしてくれるのは大歓迎ですが、
先般の船長釈放のようなあらぬ方向にいきそうで怖い。


政府は、国家権力持っているんだから、今こそ、それを使って、
被災地へ思いきった支援を差し伸べてもらいたいです。
マニフェストも全凍結して、10兆円ぐらいの予算をどーんと作って欲しい。

経験不足のおこちゃま政権だから、無理なのかな。
何もできないのなら、せめて、
民主党議員全員、退避地区に行って、
水飲んで、野菜食べてくれ!

それぐらいなら出来るでしょうに。
スポンサーサイト
14 : 19 : 49 | 東日本大震災 | コメント(0) | page top↑
節電・節油
2011 / 03 / 22 ( Tue )
茨城は、沿岸部が被災していて、大変な状態になっているため、
計画停電の対象から外していただいてますが、
周りの地域の皆さんが頑張ってくださっているのだから、
もちろん、僕たちも精一杯、節電を頑張らなくてはなりません!

・・・というわけで、我が家の節電状況。

今までは、全館空調をずっとつける生活をしていましたが、
今はできるだけ短時間の間だけオンにして、
暖まったらすぐに、オフにしています。

本当は、全くつけないのが一番いいのでしょうが、
さすがにそれは辛いので・・・
でも、ミルクリークの高断熱性のおかげで、
一度暖まると、かなりの時間つけなくても、頑張れますね。

昔、つけたり消したりするよりは、
つけっぱなした方が省エネと聞いたこともあるのですが、
どうなんでしょう?

半々ぐらいでつけたり消したりする場合はそうなのかもしれませんが、
さすがに今のように、短時間つけて、その後長時間オフだったら、
その方が省エネだろうと信じて、実践しています。
少しは、節電できているといいのですが・・・(汗)

そして、全館空調を切ると、湿度もそれほど下がらないので、
加湿器が止められます!
これがかなり節電に効果を発揮してくれてます。

他にも、できるだけ使わない照明をこまめに切ったり、
いろいろ工夫はしてますが、
省エネナビ(電力量モニター)を見ると、
その効果が表れてくれているようです。

setsuden01.jpg

緑が先月、赤が今月の日別電力使用量(全館空調は除く)
ちょうど、赤いグラフの凹んでいるところ(赤矢印)が
地震直後の3/11~12の24時間停電。

停電復旧後は、断水で苦しんでいて、
節電どころではなかったのですが、
その後(青矢印)から、先月のレベルと比べると、
だいぶ節電できているようです。

まあ、今まで、限界まで節電を頑張っていたわけではないので、
(と言っても、浪費していたわけでもないですよ・・・)
その分、節電できただけかもしれませんね。
絶対量ではまだまだなのかもしれませんが。

全館空調の方の電力モニターがないのが残念!
省エネナビは、NEDO助成を受けるための必須アイテムとして
導入しただけなのですが、
今となっては、もっと高機能版をつけておけばよかったなあと後悔。

ガソリンの方は、昨年、プリウスを買ったおかげで、
燃費が非常によいので、とても助かってます。

震災後、一度だけ給油させていただきましたが、
今はなるべくエアコンを切って、節油しています。
エアコン切ってると、信号待ちのたびにエンジンがストップしてくれるんですよ。
やっぱり、プリウスはいいですね!

市内の通勤ぐらいだと、ほとんど減らないので、
まだまだしばらくは、無補給でいけそうな感じです。
全国的なガソリン供給量が復活して、
被災地にも十分行きわたってくれるといいですね。
23 : 15 : 53 | 東日本大震災 | コメント(0) | page top↑
北茨城・いわきへの支援
2011 / 03 / 20 ( Sun )
つくばのNPOが北茨城・いわきへの緊急支援物資を受付けていることを知り、
さっそく、ほんの少しだけですが、支援物資を届けてきました。


福島(退避地区以外)や茨城、千葉の状況は、
あんまりマスコミでも報道されてないですが、
沿岸部は、かなり被害を受けています!


放射線の風評被害のおかげで、物流も滞っていて、
物資が全然足りていないと聞いていて、
ずっと、やりきれなさを感じていました。

放射線量は高いと言っても、短期滞在なら全く問題ないレベル。
僕のような理系研究者なら、数値で納得できてしまうのですが、
物流のドライバーさんたちにとっては、シーベルトで言われても???
無理もないことですよね。

仙台の方の支援は、全国の皆様にお任せすることにして、
僕は同じ茨城県民や福島の方の支援をしたいと思っていました。

でも、どうしたら・・・と悶々としているところに、
mixiでこのプロジェクトの情報をゲット!

さっそく、わずかながらの物資を持って行ってきました。
飲料水やマスク、トイレットペーパー、お菓子など、
一世帯分にもならない程度かもしれませんが、
本当に微力かもしれませんが、
小さな力が集まって、大きな力になればいいなと思っています。

今月末まで、つくばセンターのろうきんビルの5階で受け付けていますので、
また、いろいろ物資が出来たら、持ち込んでみたいと思っています。

ご興味がおありの方は、以下のサイトを是非、ご覧ください!

詳細は、こちら。
 【つくば市民大学「希望をつなぐ」プロジェクト】
北茨城・いわきに届ける緊急支援物資を、「つくば市民大学」にお持ちください
23 : 05 : 25 | 東日本大震災 | コメント(6) | page top↑
原発
2011 / 03 / 19 ( Sat )
危険な放射線が降り注ぐ中、命をかけて、原発の鎮静化に取り組んで下さっている
東電の作業員、自衛隊、消防隊、警察機動隊などの方々には、
本当に、本当に、頭が下がります!


首相や官房長官、政府関係者や東電の上層部は、
安全な東京から形式的に指示を出しているだけだと思いますが、

現場で体を張って、作業している方々には、
本当に感謝してもしきれません!


つくばの放射線レベルは、産総研高エネ研
逐次、計測値が公表されているのですが、それによると、
震災以来、一時だけ、1μSv/h(マイクロシーベルト毎時)を超えたようですが、
今は、だいたい 0.1~0.2μSv/h ぐらいで安定しているようです。

僕は専門家ではないので、間違ってるかもしれませんが、単純計算では、
50年以上、浴び続けて初めて、健康に支障をきたす可能性が出てくる
計算になるので、この状態より悪くならなければ、
つくばでは、全く問題なさそうですね。

とはいっても、福島の退避地区では、
20μSv/h 近く(つくばの100倍)になっているところもあるので、
住民の方々のご不安は、僕たちには想像も出来ないぐらい大変なことだと思いますが、
少なくとも、つくばにいる僕たちは、現状、かなり安全なレベルの放射線量なので、

パニックになることなく、落ち着いて、
最前線で戦っている人たちの勇気ある行動を信じて、
応援し、望みを託したいなと思います。


特に、自動冷却装置の外部電源をつないで、ポンプを復旧する作業なんて、
かなり原子炉に接近したところでやらなければならないと思うので、
文字通り、命がけですよね!
この勇気ある行動が実って、一日も早く、鎮静化することを切に祈っています。
そして、現場の皆さんが無事に任務を終えられますように。
00 : 18 : 29 | 東日本大震災 | コメント(2) | page top↑
職場の状況
2011 / 03 / 18 ( Fri )
土日明けの月曜日は、復電前の準備で出勤。

実験室は、電源装置が落下してたりするので、
そのまま復電されてしまうと、ショートで火事になる危険性があるため、
復電前に各部屋のブレーカーを落としておく作業。
照明もなく、真っ暗な窓のない部屋で、懐中電灯での作業なので、
片づけはせずに、ブレーカーだけ落として、そのまま帰宅。

その後は、職場の電気や水などのインフラがなかなか復旧せず、
2日間は、自宅待機でしたが、
昨日、木曜日は出勤してきました。

電気は復旧しましたが、水やトイレは、
まだ別の建物まで行かないとだめな状態。
僕の建物は大丈夫なようですが、
建物によっては、崩落の危険性ありで立入禁止になっているところも。

まだ、空調が入らないので、
居室が寒いのは全然構いませんが、
実験室は地下で窓がなく、酸欠の危険性があるということで、
片づけ作業が出来ません。

このような状態で、無駄にガソリンを使って、
出勤するのはあまりにも被災地の方に申し訳ないので、
今日は、休暇を取りました。

震災後も頑張って、働いている人たちがいる中、
楽させてもらってるようで、申し訳ないのですが、
仕事の性質上、やむをえませんね。

緊急に復旧しなければならない仕事ではないので、
できるだけ、ご迷惑をおかけしないように心掛けたいです。
19 : 17 : 53 | 東日本大震災 | コメント(6) | page top↑
大地震⑤
2011 / 03 / 16 ( Wed )
復旧作業をして下さった方々のおかげで、
それ以来、水は少しずつ出るようになり、
水圧もほぼ元通りぐらいに復活してきました。

ただ、つくば市のページによると、まだ完全復旧したわけではないようで、
いつ、断水になるかも分からない状態なので、
家中に水をためた状態で、節水に心掛けて使っています。

我が家は2階に浴室があるので、
水圧の関係でちょろちょろの時には、
エコキュートのお湯はまだ出ませんでした。
今は、水圧がだいぶ回復したおかげで、
2階でもお湯が出るまで回復しています。

2階浴室は、こういうデメリットがありますね。
もちろん、1階で水が出るだけで、
これ以上、何も望まないぐらいうれしかったので、
それほどのデメリットとは感じませんが。

職場の方は、今週に入って、ようやく電気が入るようになったようです。
まだ、今日の段階では、ネットなどのインフラが復旧していないようですが、
明日から出勤して復旧作業に行こうと思います。

実験室では、電源装置が棚から落下したりしていて、
復旧に時間がかかりそうですが、
世の中的に、急いで復旧しなければならない優先事項ではないので、
電力を使って、他の方々にご迷惑をおかけしないように、
細々と時間をかけて、復旧できればなと、個人的には思っています。

被災地の方々が一日も早く、元の生活に戻れることを
心より願っています。
17 : 23 : 54 | 東日本大震災 | page top↑
大地震④
2011 / 03 / 16 ( Wed )
日曜日。
翌月曜日からは、仕事がどうなるか分からないし、
思い切って動けるのは、この日しかありません。
水を得るためには、ポリタンクを入手しなければなりません。

柏の知人に応援を頼み、
柏の方では断水が起きていないようでしたので、
雑貨屋で売っているかどうか確認していただきました。
もうポリタンクは売り切れている状態で、
蓋ができる直方体のタッパーならなんとか入手可能ということで、
買っておいていただいて、水を分けていただくことにして、
柏に向かうことにしました。

後から、発泡スチロールや段ボールの箱にゴミ袋を入れて
代用する方法もあると知ったのですが、
その時は、頭が働かず、とにかくじっとしていられない状態でした。

せっかく行くならば、銭湯にも行ってこようと考え、
その準備もして、柏へ。
国道6号線は、物流ラインの要なので、別の道で行きました。

途中、給水してくれる消防署に様子を見に行きました。
特に混雑している様子もなく、
24時間給水可能と聞いていたので、
念のため、piyoneが「24時間やってますか?」と確認したところ、
「ええ、消防署ですから。」という答えが返ってきました。
それもそうですよね。
でも、24時間やっているのがどれほど救いになったことか。

さて、それほどの渋滞もなく、柏に着いて、
まずは、その知人に会って、タッパーに水を入れていただき、
さらに、予備でお持ちのポリタンクにまで水を入れて、
貸してくださいました。
蛇口をひねると、すごい勢いで水が出るという当たり前の光景に、
狂喜してしまいました。
急なお願いにもかかわらず、快く助けて下さった知人には、本当に感謝です。

つくばのスーパーは機能してないので、
こちらにいるうちに、必需品を買っておこうと、スーパーへ。
カップめんなどの類は全滅でしたが、そこそこ食材は買えました。

そして、銭湯へ。
普通にお風呂に入れるという状況が別世界のように感じました。
避難所の方々のことを思うと、とても贅沢な話ですが、
気分がかなり鬱になっていたので、
これで明日からの活力が充電されました。

帰宅すると、部分給水があったようで、
水がちょろちょろですが、出ていました。
いつ終わってしまうとも限らないので、
すぐに浴槽を満タンにし、他にも
家中のありとあらゆる容器を探して、くみ置きしました。


考えてみたら、洗濯槽にも汲めますし、
施主検査の時にお茶出しに使った6リットルサーバーの存在を思い出し、
あわてて引っ張り出して来て、汲みました。
歯磨きのコップや洗面器にまで汲みました。

蛇口から水から出る喜びをこれほど味わったことはありません。
(大げさかもしれませんが、本当に・・・)

つづく。
17 : 07 : 34 | 東日本大震災 | page top↑
大地震③
2011 / 03 / 16 ( Wed )
復旧作業の方々のおかげで、電気が早期に復旧してくれて、
すぐに行ったのが、ご飯を炊くこと。

余震も頻繁で、また、いつ停電になるか分からないので、
このチャンスを逃さず、6合分を2回、炊きました。
一組は冷凍して、もう一組は解凍しなくても食べられるよう、冷蔵に。
これで食べ物の心配がだいぶ緩和されました。

次に心配になったのが水のこと。

トイレに行けないのが一番の悩みの種。
避難所で生活されている方々に比べれば、取るに足りない悩みかもしれませんが、
実際、トイレにいかないわけにはいかないので、大きな悩みでした。

災害情報ページなどからの情報によると、
霞ヶ浦の取水ポンプが故障して、「復旧の目途が立たない」とのこと。
この「目途が立たない」と言われると、お先真っ暗になります。

そんな時、piyoneが
エコキュートのタンクのお湯が災害時に非常用水として使える
はずだということを思い出しました。
そういえば、家作りの時、そんな話題をしていたような気がします。

さっそく、説明書をひっぱり出してきて、方法を確認。
実際にやってみると、無事取り出せることが分かったので、少し安心しました。
現在の湯量設定で、370リットルタンクの中にどれだけの湯が
入っているかは分かりませんが、かなり気が楽になりました。

ただ、ダイキンの説明書によると、一度この操作をやってしまうと、
再度、通常利用を開始するときには、「販売店にご相談ください」
と書かれていますので、要注意です。
実際に、我が家では、弁をそのまま元の状態に戻して、使えていますが、
これで問題ないかどうかは分かりません。

それから、ダイキンの場合は、取り出し専用の付属ホースが必要ですので、
なくさないようにご注意ください。

災害用井戸や給水車による給水場所の情報は、
つくば市のページから取得することができました。
しかし、こういう時、ネットと口コミ以外、
全く情報が取得できないんだということを痛感しました。
つくば全域で起きていることなので、
行政にも余裕がなく、何の情報も与えられません。

近くの消防署で災害用井戸による給水が行われていることが分かったのですが、
困ったことに、適当な容器がまったくありません。
当時、つくば全域で開いている店などない状態でしたし、
開いていても、在庫があるわけがありません。
ポリタンクは、絶対に常備しておくべきですね。

つづく。
16 : 50 : 25 | 東日本大震災 | page top↑
大地震②
2011 / 03 / 16 ( Wed )
翌朝(土曜日)も電気、水ともにアウト。
朝は、前夜から常温に戻しておいた最後の冷凍ご飯と
冷たいけんちん汁の残りを食べました。

運悪く、ご飯もちょうど炊こうと思っていたところで、
パンもちょうど焼こうと思っていたところでした。
こういう状況だと、食べられるだけで幸せをひしと感じます。
これ以上、美味しいものを食べたいとは全く思いませんでした。

食べ物は、他にもいくつか残っていたので、心配なかったのですが、
停電で一番気になったのが、携帯の充電
手回し式の懐中電灯には、携帯用充電ポートがついていたのですが、
これで可能な充電量は微々たるもので、全然効果がありません。

実は、piyoneの両親が近くに住んでいるのですが、
義母が都心にいたため、帰宅難民となっており、
連絡にどうしても携帯が必要でした。
固定電話は、IP電話のため、使えません。
それでも、なんとか連絡が取れ、義母は都心のデパートで一夜を過ごし、
翌日は、横浜の親戚の家に向かうことに。

そして、運悪く、翌日の日曜日は、tsukupia☆練習会の日。
とても、この状態で行く気はまったくしなかったのですが、
主催者としての責任もあるので、どう連絡しようかと悩んでいたところ、
スタジオから連絡があり、スタジオも同様に停電、断水中なので、
中止にしてほしいとのことでした。
スタジオの人とも、「頑張って乗り切りましょう!」と
声を掛け合いました。

携帯のmixiを使って、メンバーに中止の連絡している時に、
ちょうど地震から24時間後、電気が復旧。
携帯の充電の心配がなくなり、一安心。

復電により、PCでネットが使える状況になり、
情報が取得できるようになりました。
つくば市のホームページの災害専用ページは、アクセスが集中して、
全く開けない状態になっていましたが、
とても役に立ったのが、mixiの「つくば市」コミュの災害情報トピ
みなさんがリアルタイムな情報をどんどん書き込んでくれます。
つくば市は、twitterでも情報を流しているようなのですが、
そういう情報をmixiに転記して下さる方もいて、とても助かりました。

参加予定だったtsukupia☆メンバーとも、mixiでメッセできるようになり、
(携帯でも出来ますが、慣れていないことと、充電が心配でできなかったので)
状況を伝えあって、励まし合えました。

つづく。
15 : 05 : 46 | 東日本大震災 | page top↑
大地震①
2011 / 03 / 16 ( Wed )
まずは、大切な命を失ってしまわれた方々、
家を失って、避難所での生活を余儀なくされている方々、
いまだ、ライフラインが復旧せず、不便を強いられている方々、
心よりお見舞い申し上げます。

僕たちは、そのような方々に比べれば、被害はたいしたことありませんが、
地震直後からの停電・断水でここ数日間、右往左往する毎日が続き、
ようやく生活が安定してきましたので、
記録の意味で、淡々と状況を綴りたいと思います。
特に、防災の上で、いろいろ気づけたことも多いので、
それについても触れていきたいと思います。
(本日は、まだ職場のインフラが復旧せず、自宅待機しています)

つくばは、震度6弱でした。
地震の時は、僕は職場、piyoneは家におりました。
高い棚から本がバサバサ降ってくる状態で、
いまだ体験したことのない揺れで、身動きできませんでした。
(これよりすごい震度6強や7とは、想像できません)

揺れがいったん収まったところで、
非常用ヘルメットをかぶり、カバンを持って、建物外へ避難。
その後、建物内は怖いので、入れませんでした。

携帯は全くつながらないので、家のpiyoneが心配で、
いったん帰宅することに。
街は停電になっていて、信号機が消灯してましたが、
みんな、うまく譲り合いで、通行してました。
ただ、お互い譲り合いの精神を持っていても、
お互いの意思疎通ができないので、やはり危険ですね。

家に着くと、piyoneも無事で、目立った大きな損傷もなく、一安心。
家も停電してました。
再度、職場に戻ると、建物は既に閉鎖されていて、
交通機関がなく、帰宅できない同僚がいたので、
帰宅難民を受けいれる職場の宿泊施設に送り届けました。
その宿泊施設も停電でしたが、食糧・水の備蓄はあるようでした。

その後、信号に気をつけながら、家に帰宅。
懐中電灯で夜を過ごしました。
日頃から備えていないので、まともに動く懐中電灯は一つだけ。
でも、あるだけましですね。
手回し式で充電できるタイプで、ラジオも聴けるので、重宝しました。
事態が収束したら、懐中電灯はたくさん常備しておきたいと思いました。

この段階で、水は出ていたので、トイレはタンクの上のカバーを開けて、
手回しレバーを使って、流せる状態でした。
飲料水は、piyoneが常時、10本程度備蓄しており、
ちょうど新しい水に買い替えたところで、
古いペットボトルが10本程空いていました。

水が出るうちにと、piyoneがそのペットボトルに
水を蓄えておいたのが不幸中の幸い。
その夜から、水が出なくなりました。

お風呂には残り湯がたまっていたのですが、
満水にまでためていなかったことに大後悔。
水が出るうちに、お風呂に水をためておくべきでした。

断水で、一番困るのがトイレ。
うちは、災害時のことを考えて、タンクありのトイレにしたので、
タンクにお風呂の水をためて、流すことが出来ます。
当時最新の節水タイプで6リットルですむのですが、
その6リットルというのが洗面器3~4杯分で意外と食うんです。

節約しようと、少し減らしめに入れて流してみましたが、
全く流れてくれなくて、逆に無駄になります。
この分だと、あと10回もトイレに行けない状態。
トイレにいけないこと考えると、食べる気もしなくなってきます。

その夜は、電気も水もないので、
非常食のカンパンを少し食べて、寝ました。

長くなるので、続きは次の記事で。

ネットは、この記事の報告と必要な災害情報の取得に限定したいため、
コメントはオフにさせていただきます。
14 : 21 : 10 | 東日本大震災 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。