スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
隣地側フェンス施工 (1)
2010 / 02 / 10 ( Wed )
久しぶりに、外構工事の過去記事です。

前回は、東の道路側のブロック施工の話でしたが、
(前回といっても、昨年夏ごろに書いたようです・・・時がたつのは・・・)
今回は、西の隣地側フェンスの話。

こちらは、当時はまだ空き地の状態でした。
分譲地の販売会社の取り決めで、我々がフェンスを立てることになっています。

「先に土地を買った方が立てる」というルールのところもありますが、
この分譲地では、時間の前後は関係なく、
あらかじめ、どちら側が担当するかが販売会社に決められています。
うちの場合は、東側が道路なので、そちらも自分で立てなきゃいけないんですけどね。

隣地側にはみだして、将来的にトラブルの種になっては困るので、
境界線から1センチ後退させて立てることに。
(都心だと、ギリギリに立てるところでしょうね)

フェンスの種類は、ヴィンテージに決めた時から、もう決めてました。
それは、コチラ。
タカショーのロイヤルフェンス!


樹脂製の白いアメリカンフェンスです。
もちろん、雰囲気はウッドの方がいいんですけど、やはり耐久性を重視。
お値段もワンスパン(2m)で2万円程度と、ウッドに比べるとかなり高価。

でも、その甲斐あって、立ててからもうすぐ3年が経過しますが、
風雨にさらされても全く問題ありません。
(コケが生えたり、汚れがついたりはしています)

ほんとはフェンス全体をロイヤルフェンスにしたいところですが、
さすがにコストがかかりすぎるので、
正面の道路側から見える駐車場部分だけをロイヤルフェンスにして、
他は、装飾のない普通のフェンスにすることに。

まずは土台部分の施工から。
ここは、フェンスの柱を受ける部分だけレンガの角柱にして、
それ以外は化粧ブロックでコストダウン。
本音はすべてレンガにしたいところですけどね。

これが、そのレンガ。
westbrick01.jpg
westbrick02.jpg

レンガにもいろいろあって、カタログ見ていると本当に迷うのですが、
この色味が気に入りました。
ヴィンテージの外壁レンガタイルとマッチングするものがよいけど、
あまりに近すぎると、全体がのっぺりしてしまうので、
外壁タイルに似ていて、それよりやや赤味がかったものを選択。

ちなみに、こちらが外壁タイルの色。
(写真で見ると、あんまり差が分かりませんね・・・)
bricktile03.jpg

水糸を張って、それに合わせてレンガと化粧ブロックを積んでいきます。
フェンスの柱を受ける角柱の部分の間は化粧ブロックです。
westbrick03.jpg

こちらが積みあがった図。
westbrick04.jpg

隣地側から見ると、こんな感じ。
westbrick05.jpg

そして、最後の段は、きっちりと上に蓋をします。
きれいに出来上がりました!職人さんはほんとに上手ですよね。
westbrick06.jpg

この後、上にロイヤルフェンスを設置!
といきたいところでしたが、遅れることになりました。
詳細は次回。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 13 : 27 | 外構工事 | コメント(2) | page top↑
物置の設置
2009 / 09 / 19 ( Sat )
気づいたら、ブログの方は、かなり長い夏休みになってしまいました^^;
久しぶりの更新です。リアルタイムの家作り記事。

ついに、念願の物置を設置しました!

近くのホームセンターのエクステリア部門で購入。
実は、このエクステリア部門・・・以前にこの記事で書いたところです。

この時は、非常に無責任な仕事放棄をされて、腹も立ちましたが、
近くなのでやっぱり便利ということで、
今回はその無責任な担当者にあたらないように、
ホームセンターの方から事情をあらかじめ、伝えておいてもらいました。
今度新しくこの部門の長になられた方は、とても親切な方で、
家までカタログを持って、説明に来て下さいました。

イナバとヨドで迷って、実物の展示品も参考にしながら、
最終的に決めたのは、ヨドのESC-2109AGL


決め手になったのは、3枚扉
全体の3分の2が開口部になるので、物が取り出しやすそう。
(イナバの同じサイズのものは、4枚扉で開口部は2分の1)
長物が入る部分もちゃんとあるので、入れやすそうです。

もう一つの決め手は、扉の色
トキというピンクっぽい色が外壁のレンガタイルにぴったり。

昔は、自分で組み立てようかとも考えていましたが、
暑い中、やれる自信もないし、業者に設置してもらうことに。
さらに、このエリアは筑波山からの風が強いので、
アンカーで転倒防止補強もしてもらうことに。

置く場所は、庭側の外壁より。
monooki02.jpg

ブロックを6箇所に置くので、あらかじめ花マットを切り取って、
別の場所に移植しておかなければなりません。
前日まで忙しくてやる暇がなく、
前日の深夜にスコップ持って、作業。
・・・怪しげですね。死体を埋めているわけではありませんが。
(写真は当日の朝に撮影)
monooki01.jpg

ここからは、職人さんにやってもらいます。
ブロックを置いて、底面が完成。
monooki03.jpg

あっという間に、外枠が完成。
金具で補強していきます。
monooki04.jpg

そして、物置全体が完成!
monooki05.jpg

次は、転倒防止補強です。
まずは、モルタルを練ります。
monooki06.jpg

便利な工具で、四隅の土を掘って、横にどけます。
monooki07.jpg

出来あがった穴はこちら。
monooki08.jpg

砕石を入れて、
monooki09.jpg

アンカーを取り付けます。
monooki10.jpg

ここにモルタルを流し込んで、乾くのを待ちます。
monooki11.jpg

最後に、土をかぶせておいてくれました。
monooki12.jpg

そして、完成!
monooki13.jpg

ここまで、2~3時間です。暑いなか、職人さんはお疲れ様でした。
僕は見てるだけでも暑くて、何度も屋内に逃げ込んでましたが・・・汗
途中、エクステリア部門の長の方も作業を見に来て下さり、
以前の無責任な担当者とは大違いです。

扉を開くと、こんな感じ。
monooki14.jpg

右の部分は、長物が置けるようになっています。
幅も2.1mあるので、かなりの収納力が期待できますね。

収納したものは、土や肥料、スコップや鎌、剪定ばさみ、プランターなどの
ガーデニンググッズや大きな旅行用のスーツケース、屋外用の掃除機など。

今までほとんどすべて、玄関のエントリークローゼットに置いていたので、
すさまじいことになっておりました。
物置のおかげで、エントリークローゼットがとても使いやすくなって、大満足^^
それに、ガーデニンググッズを庭側の物置に置いておくと、
いざという時にとても便利ですね!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 57 : 18 | 外構工事 | コメント(4) | page top↑
化粧ブロック施工
2009 / 07 / 19 ( Sun )
引き続き、外構工事の過去記事を作成しています

道路に面した東側面は、化粧ブロックで土留めすることに。
初めは、レンガでと考えてたのですが、
レンガより安い化粧ブロックにコストダウン。
こちらは、正面でなく側面なので、意外と目立たないんです。

化粧ブロックが大量に搬入。
keshoublock01.jpg

まずは、ブロックを並べる位置を掘削。
職人さん一人で掘ったみたいです。
素人だと、これだけの溝を掘ったら、力尽きますよ。
keshoublock02.jpg

砕石?モルタル?
あまりに昔のことで忘れてしまいましたが、
溝の底を水平にならします。
keshoublock03.jpg

水糸を張って、化粧ブロックを丁寧に並べていきます。
この時点では、モルタルが入ってますね。
keshoublock04.jpg

keshoublock05.jpg

そして、完成!
きれいに仕上がりました。
keshoublock06.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 40 : 54 | 外構工事 | コメント(0) | page top↑
外構掘削
2009 / 07 / 18 ( Sat )
外構工事の過去記事、作成中

外構プランも固まり、電柱の移動も終わったので、
ついに工事が始まりました!
(といっても、2年前の話ですが・・・)

まずは、玄関前の掘削から。
我が家は、家のGLと道路面に高低差があるので、
かなり掘らなければなりません。
当然、残土処理費もかさむんですよね

パワーショベルで掘削開始。
gaikou_kussaku01.jpg

水道管が出てきたら、さらに、人力で
慎重に(希望的観測^^)掘り進めます。
gaikou_kussaku02.jpg

実は、こちら側。
初め、変な外構業者に引っ掛かって、業者選定が二転三転してしまった結果、
最終プランが固まるのが遅くなってしまい、
水道管をやりかえるハメになってしまいました

gaikou_kussaku04.jpg

浮いている部分のパイプを道路面の高さまで下げます。
かなりの追加コストです・・・

そして、この階段、元々はなかったんです。
gaikou_kussaku03.jpg

ある朝、出勤するときに、泥の斜面で
思いっきり、滑って転びました!

ジーンズは泥だらけ。。。
思わず、「痛~っ!」って叫んだのですが、
ミルクリークの遮音性がよすぎて、piyoneには気づかれず・・・(笑
ご近所さんもたまたま、外にいらしたのですが、気づかれず・・・(笑
二重に痛かったです!(爆

そんな話をしたら、東急の下請け監督さんが
「それは、危ないですよ~」と、
わざわざ端切れの板を持ってきてくださって、仮設階段を作ってくれました。
下請け監督さんのこまやかな心遣いに感謝!

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 04 : 14 | 外構工事 | コメント(0) | page top↑
電柱の移設(3)
2009 / 04 / 11 ( Sat )
電柱の移設工事、一日目がまだ続きます。(過去記事です)

奥にある支線の移動です。
黄色いカバーがしてあるのが、元々あった支線。
作業員が立っている前が移動先。
掘削機で穴を掘っているところです。
denchumove15.jpg

余談ですが、入居当初は、この黄色いカバーが嫌でたまらず、
勝手に、緑色のテープでも巻いてしまおうかとたくらんでいたのですが、
そのうち見慣れてしまい、全く気にならなくなりました(笑

移動先の穴に支線を固定するための棒を埋めます。
denchumove16.jpg

入っているのはこんな棒。
先に円盤がついているので、抜けないようになってるんですね。
denchumove17.jpg

ここで、一日目は終了!
その後、一週間ぐらいの間に配線の移設作業が行われて、
一週間後に旧電柱の除去です。
このことを、専門用語では抜柱(バッチュウ)と言うようですね。

こちらが、今回、抜柱する古い電柱。
denchuremove01.jpg

クレーンでどんどん引き上げて、縄をひっかけます。
denchuremove02.jpg

ここからは、やはり人力。
作業員が縄を引っ張って、横にずらしていきます。
しかし、写真をよく見ると、作業員の足が電柱の下に!
落ちてきたら怖いですよね。。。
denchuremove03.jpg

またもや電線に当たらないように、慎重なクレーンさばき。
denchuremove04.jpg

denchuremove05.jpg

抜柱完了!
denchuremove06.jpg

というわけで、2日間に分けて行われた電柱の移設が無事終了!
いやはや、大がかりな作業でした。
作業員の方々、お疲れ様でした(って、今頃言っても遅いけど)

そういえば、支線の方はどうなったんだろう?
全然、写真も記憶も残っていないので、こちらは割愛させていただきます(笑

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 53 : 28 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
電柱の移設(2)
2009 / 04 / 10 ( Fri )
電柱移設工事、一日目(過去記事です)
まずは、新電柱の設置です。
なかなかアクロバティックな工事、見ごたえありますよ!

この赤い部分あたりに設置予定。
denchumove02.jpg

立てる電柱はこれ。
denchumove03.jpg

まずは、人力で下穴を掘るところから。
denchumove04.jpg

次に、らせん状の掘削機の登場です。
denchumove05.jpg

どんどん掘り進めて、引き出すだけで、
見事に、円柱状の穴が掘れます。
どう見ても、ケバブにしか見えない!(笑
denchumove06.jpg

肉を・・・じゃなくて、土をそぎ落とします。
denchumove07.jpg

できた穴は、こんな感じ。かなり深そうです。
浅かったら、倒れてきそうだから、何としても深くして欲しいところ^^;
denchumove08.jpg

ここからがアクロバティック!
クレーンで新電柱を吊り上げます。
既存の電線に当たったらアウトなので、絶妙なクレーンさばきが要求されます。
もちろん、ミルクリークに当たったら、ゲームオーバー!!!
denchumove09.jpg

なかなか難しそう!見ていて、ひやひやものです。
denchumove10.jpg

下では、人力で穴に誘導します。
denchumove11.jpg

見事に、穴に収まりました。
denchumove12.jpg

土を埋め戻して、設置完了。
これで本当に倒れてこないのかな?
・・・と、かなり不安でしたが、今のところ、まだ倒れて来てません。
denchumove13.jpg

そして、犬のオシッコ対策のために、
コーンとプランターできっちりガードも怠りません(笑
denchumove14.jpg

工事は、まだまだ続きます。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 11 : 17 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
電柱の移設(1)
2009 / 04 / 09 ( Thu )
久しぶりに、外構工事の過去記事を更新します。
超スローテンポな記録にお付き合いいただき、ありがとうございます。
終了予定は、2050年頃を予定しております。

それはさておき、今日はなかなかビッグなイベント!電柱の移設です。

我が家は、土地の中に電柱が2本たっています。
そのうちの一本は外構プラン上、駐車場の位置になってしまうので、
邪魔にならない位置に動かす必要が出てきました。

敷地内にある電柱は、希望すれば無償で動かしてくれるんです!

図面で、が元の位置、が移動先。
奥にある2本目の電柱は動かさないのですが、
倒れないようにするための支線があって、
それは邪魔なので動かしてもらうことに。
denchumove01.jpg

電柱移設は、外構計画上というのが最大の理由ですが、
実は、もうひとつ移設するメリットがあったんです。
それは、犬のオシッコ問題!

まだ、家が建つ前の空き地状態の時なら分かるのですが、
家が建って、明らかに入居しているのに、
まだ外構やっていないからという理由で、平気でさせていくんです。

衛生上、嫌なので、やめてもらうようお願いしても、
「あなたのじゃなくて、東電の持ち物でしょ?」
と逆ギレされるケースも。。。
「そこまで言うなら、電柱にはかけてもいいけど、土には一滴たりともかけるなよ」
とベニスの商人ばりに言ってやってもよかったですね。

それはともかく、電柱を交換してしまえば、
しみついたニオイもなくなるので、多少は効果あるのではないかと考えました。

さて、電柱移設工事の手順ですが・・・
古い電柱をズボッと抜いて、新しい電柱をグサッとさす
のかと思っていたら、そうではなくて、
新しい電柱をグサッとさしてから、古い電柱をズボッと抜く
んですね。
考えてみたら当たり前のことで、先に古いの抜いちゃったら、
新しいのさすまでの間、電線、どうすんの?って話ですよね(笑

工事は、2回に分けて行われます。
まずは新しい電柱を設置して、一週間ぐらいの間に、配線を新しい電柱に移し替えます。
その後、古い電柱を抜いて、完了です。

長くなってしまったので、実際の工事の様子は次回にします。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 41 : 11 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
外構プラン(3)
2008 / 11 / 01 ( Sat )
久しぶりの外構工事の過去記事。

前回までのあらすじはコチラ
業者さんからのファーストプランが出てきたところ。
exteriorplan1st01.jpg
exteriorplan1st02.jpg

僕たちには思いつかないすばらしい提案だったのですが、
ヴィンテージだから、やっぱりシンメトリーがいい!
と、piyoneが言い出しました。

玄関からまっすぐに階段を出したいと。。。
まあ、僕もそれができれば、それに越したことはないのですが、
土地の形から無理だろうと諦めていました。

業者さんは、いつもの渋い表情で
「道路から家までの距離が短いので、つまった感じになってしまうのでは?」

でも、お願いすると・・・
「なんとか、考えてみます
という前向きなお返事。

そして、数日後、
こんなすばらしいデザインが出来上がりました。

exteriorplan2nd01.jpg
exteriorplan2nd02.jpg
exteriorplan2nd03.jpg

希望通り、玄関からまっすぐに階段が降りて、
レンガの門柱が両側にあって、シンメトリーに。
駐車スペースは両側に一台ずつ。

これは、二人ともすぐに気に入って、これでお願いすることになりました。
(表札の文字が漢字だったことを除いて。。。笑)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18 : 46 : 42 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
外構プラン(2)
2008 / 07 / 16 ( Wed )
悩んでいたのは、交差点に面したスミキリの電柱付近のスペース。
exterior_image03.jpg

建物のGLと道路面の間には高低差があるので、
建物のGLに合わせて上に属させるか。。。
道路面の高さに合わせて下に属させるか。。。
が悩みの種。(上の絵は、下に属させた場合の例)

そして、外構業者が提案してくれたファーストプランのパース。
exteriorplan1st02.jpg

問題のスミキリ部分。
植栽スペースにすることしか頭になかったので、これは目からウロコ!
駐車スペースから、裏の庭側へ見事な動線が出来上がっています。
exteriorplan1st01.jpg

さらに、2台目の車は道路と平行に止めることしか頭になかったので、
我が家の顔である玄関ポーチが車に邪魔されて、
栄えないなあと危惧しておりましたが、
この提案だと、赤い四角の位置まで押し込んで止めれば、
正面を車に邪魔されないんです!
そして、奥のスペースには自転車を止めるスペースも確保できます!

まさに、一石三鳥のすばらしい提案!!!
使いやすさの点では申し分ない提案で、この業者の提案力には脱帽。
ただ、好みの問題で、どうしても満足できない点がいくつか。

 斜め駐車
斜めに駐車するのに、どうしても違和感あり。
家が完全な直方体でシンメトリー重視なので、
シンメトリーはあきらめても、車は縦か横に規則正しく止めたいなあと。。。
まあ、この提案のレイアウトでも、
斜めに止めなきゃいけないというわけではないのですが。。。

 アイアンのフェンス
正面玄関のところのアイアンのフェンスだけ少し異質な感じ。
かといって、ここも白のアメリカンフェンスだと、さすがにしつこすぎ。
業者さんいわく、わざと目立たないように黒のアイアンにしたそうです。
確かに、ここに立てるなら、黒のアイアンが最良でしょうね。
思い切って、フェンスなしという手もあるか。。。落ちたら怖いですよね。
低めの植栽という手はあるかも。

何かよい手はないかと業者さんと悩んでいたところ、
piyoneがやっぱりシンメトリーにしたいなあと言い出しました。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 16 : 37 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
外構プラン(1)
2008 / 07 / 11 ( Fri )
最近、サボりまくっていた家作り記事。
久々に外構工事の過去記事再開です。

入居後ようやく、信頼できる外構業者と契約できたところでしたね。
外構のない我が家、こんな感じでした。
exterior_image05.jpg

今日は、プランニングの話。
もともとの計画は、HMに提案されたこの模型のようなレイアウト。
模型1

といっても、このレイアウトが好みというわけではなく、
シンメトリーの方がいいなと思いつつも、
地形上、駐車場2台分確保するには、これしかないだろうと。。。

最もこだわりたいポイントは・・・
この旧つくば展示場(最近移転しました)の雰囲気にならって、
oldtsukubamodelhouse01.jpg

白のアメリカンフェンス!
ダークな外壁レンガとのコントラスト、
そして、窓枠やポールの白とのマッチングがたまりませんね。
さらに何といっても、ミルクリークは北米様式ですからね。
どうしてもはずせないアイテムです。

そこで、イメージを固めるために、
イラストレータでCGを描いてみました。
絵心はないので、遠近感がおかしいというツッコミはどうかなしでお願いします。

最も好みのイメージは、こんな感じ。
道路際にアメリカンフェンスを立てて、中に植栽します。
exterior_image04.jpg

ところが、我が街区には、
以前から何度か書いてきたすばらしいつ○ば市の協定がありまして、
このレイアウトが出来ないんです(><:)

その協定とは、
塀やフェンスはすべて道路境界から0.9m以上後退させよ。
というものです。
高い土塀などは威圧感を与えるから、
美観上、道路境界から後退させよというのは分かりますが、
そういう土塀の類とデザインフェンスを十把ひとからげに扱う市のセンスは、
なかなかのものですね┐(-。ー;)┌
市に交渉してみましたが、デザインフェンスだろうと、
フェンスはフェンスなのでダメ!ということでした。

そこで、フェンスを後退させた案を3種類。
どれも、フェンスの外側に植栽エリアを作っています。
exterior_image01.jpg
exterior_image02.jpg
exterior_image03.jpg

手前の張り出した部分を上のGL面の延長とみなすか、
下の道路面の延長とみなすか。。。

と悩んでいたのですが、
決定した外構業者さんはまた少し違った案を提案してくれました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 56 : 29 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
外構業者選定(3)~決定
2008 / 03 / 16 ( Sun )
外構業者選定の続き(過去記事です)

ホームセンターの業者に突然、仕事を放棄され、
外構の計画は、振り出しに戻ってしまいました。。。orz
その頃は、既に家の方も完成間近という段階。
一日も早く、外構の計画を進めたいところ。

新規の業者を開拓している暇も元気もないので、
そうなると候補は、早々にプランと見積もりを出してくれた一社のみ。
その業者に事の経緯を話して、改めてお願いすることにしました。

社長のSさんは、例のホームセンターのお調子者店員とは真逆の性格。
終始シブい表情で、できないことを軽はずみに「できる」とは決して言いません。

たとえば、「こんな風に出来ますか?」と聞くと、
たいてい初めは少し難色を示されて、考え込まれてしまいます。。。
でも、打合せを続けていくうちに、無責任に請け負って、いい加減な施工はできないという
責任感のあらわれなんだということがわかってきました。

それに、主観的ないい加減なことも言わないんですね。
「腕のよい職人さんをつけてください」とお願いすると、
「出来上がりがよいか悪いかはお客様の判断ですので、
必ずご満足いただけるとは、約束できません。」

というお返事。。。
「はい!腕のよい職人つけますから。」と適当に返事する業者も多いと思いますが、
ホント正直ですよね。その後に、
「満足いただけなかった場合はきちんと対応します。」
というお言葉もあったので、安心できました。
もちろん、実際にも満足のいく施工をしていただけましたし、
きちんと対応もしていただけました^^

というわけで、ようやく安心してお任せできる外構業者を選定することができました(^^)/
実は、この業者さんのHPに施工例として、
我が家の外構が掲載されています!→コチラ

次回からは、外構プランニングと工事の様子を詳細にお伝えしていきます。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 52 : 38 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
外構業者選定(2)
2008 / 03 / 05 ( Wed )
外構業者選定の続き。

結局、一社だけしか見積もり貰えずという状態でしたが、
それでは値段が高いのか安いのか相場が分かりませんね。。。
どうしても一社だけでGo!という気になれません。

そんなとき、近くのホームセンターでやってもらったという方の話を聞いて、
そうか!ホームセンターという手があったか!
と、さっそく、近くのホームセンターへ

ちょうど新居の近くに、山新グランステージ(やましん)という巨大なホームセンターがあるんです。
このエリアでは、ジョイフル本田(ジョイホン)が有名なのですが、
やましんもそれと同じぐらいの規模で、ほんとに何でも売っています。
ここで部材買ってきて、家でも建てられそうなぐらい。。。

そこにエクステリアセンターがあったので、プランと見積もりをお願いすることに。
担当してくれたのは、非常に熱意を感じさせる店員。
レンガを基調にしたデザインを希望したところ、
石を扱わせたら右に出る者はいないという業者を知っているので、お任せくださいとのこと。

今まで、全然プランが進まない業者が多かったので、
この人はやる気ありそうだと、かなり期待していました。。。

ところが。。。

現地に見に来てもらったりして、いよいよプランが佳境に入り、夢もふくらんできた頃。
突然、例の「石の達人」の業者が
他に大口の仕事が入ったので、こっちは手を引くと言い出したのです。

確かに、契約前なので、途中で仕事を放棄しても契約違反ではないですが、
ここまで乗り気にさせて、打ち合わせの時間も割かせておいて、
途中で投げ出すとは、あまりにも無責任 (`×´) !

結局、ホームセンターの店員からも誠意の感じられない謝罪だけ。
熱意があると思っていたのはどうやら錯覚で
単にその場その場で調子のいいことばかり言ってるお調子者でした。。。┐(-。ー;)┌
しかし、それにしても、
ホームセンターなのに、例の石の業者の他に誰か代わりの業者知らないの?
とも思いましたが。。。
この「やましん」というホームセンター、他の店員は知識も豊富だし、対応もとても親切なんですよ。
なのに、エクステリアセンターだけがどうして、こうもダメなんでしょう???

というわけで、またもや外構計画は、振り出しに戻りました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 42 : 22 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
外構業者選定(1)
2008 / 02 / 10 ( Sun )
過去記事は、ようやく外構工事に入ります。

当初計画では、入居後すぐに開始するぐらいの予定で進めていました。
ところが実際にスタートできたのは、入居後なんと3ヶ月も経ってから。
実は、予想外に外構業者選びが難航することになるのです。
まずはその経緯から話していきます。

初めは東急ホームの提携業者でやってもらおうと考えていたのですが、
我が家の街区は協定が色々厳しいので、
街区の推奨業者でやることを奨められました。

そこで、かなり早い段階で街区の推奨業者を含む数社に声をかけました。
HM選定の時のように当然、相見積もりを取りたいと考えていたのですが、
外構業者になると、相見積もりを嫌がる業者がかなりいるんですね。
家に比べて総予算が小さいので、無償でプランニングするのは割に合わないと考えるのでしょう。

推奨業者については、今忙しすぎて話を進められないため、
もう少し時期が近づいてからにしたいと言われたので、
まずは相見積もりに応じてくれた他の3社と会って、話すことに。
うち1社からは2週間後ぐらいにプランと見積もりが出来たという連絡があったのですが、
他の1社はいつまで経っても、落書きみたいなスケッチしか出てこないし
(見積もりなんて程遠い感じ)
残りの1社については、その後全く連絡もなし。
(うるさそうな客だから、嫌がられたのだろうか。。。)
ハウスメーカーとはこんなに感覚が違うんだと、愕然。

初めは全業者見積もりが揃ってからと思っていたのですが、
待ちきれずに、その連絡をくれた唯一の業者と会って、
見積もりの提案を聞くことに。
パソコンソフトで設計されたCGパースを見せてくれて、
デザインもなかなか魅力的。

でも、見積もり予算は予想以上にかかってましたし、
一社で決めるのでは、高いのか安いのか分からないからちょっと。。。
という思いもあったので、返事は保留することにしました。

そのうち、工期も近づいてきて、多忙を理由に延期されていた
例の推奨業者と会う時期がやってきました。
ところが、その時期になってもやはり仕事を抱え込みすぎていて、
とても今仕事を引き受けられないという返答。
この街区の仕事を引き受けられないなんて、本当に推奨業者?
とも思いましたが、向こうは丁重に謝ってますし、
その後相談には乗ってくれるようなので、しぶしぶ承知しました。

しかし、さらに話は続きます。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 04 : 07 | 外構工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。