スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
引越し
2008 / 02 / 05 ( Tue )
過去記事です。
引渡しから5日後、引越しの日がやってきました。
引渡し当日に勢いで入居していたものの、
これで完全に自分のメインハウスになります。

引越し業者は以前、とても丁寧にやってくれた経験のあるアートさんに。
引越しというと、いつも土壇場で大慌てするのが常でしたが、
今回はpiyoneが1ヶ月以上前から着々と準備していたので、安心安心。。。^^

と、言いたいところでしたが、
なぜかやっぱり直前に大慌てヘ( ̄□ ̄;)ノ 
直前になると、不思議なことにどこからか、
どんどん詰めるべき物が湧き出てくるんですよね。

しかも、前日にpiyoneがダウンするというハプニングあり。
ところが、薬を飲んだら、びっくりするほど急速に回復したようで、
その後2人で深夜まで詰め込み作業に追われました。

終わったのは夜の3時。
引越し業者は翌朝の9時に来る予定。
すぐに寝れば、5時間ぐらいは寝られるはずでした。。。しかし、

それでも、暖かい新居で寝たい!!!
やっぱり全館空調、一度経験するとやめられません。
睡眠時間削ってでも、新居で寝るほうを選びました。
新居にいったん戻って、お風呂に入って寝て、再び旧居へ。
結局、2時間ぐらいしか寝られませんでした。。。orz

家具はマイホームと一緒に新調しようと考えていたので、
今までは、譲っていただいたり、独身時代から使っていたりした
お古の家具を使ってました。
というわけで、これを機に、ほとんど処分することに。

つくばには短期滞在の外人さんなども多いので、
そういった方々対象のリサイクルセンターがあり、
再利用してもらうことにしました。

アートさんは今回も丁寧に気持ちよくやってくれました。
作業の方、デジピは初めて見たらしく、
ピアノなのになんでこんなに軽いの?と驚いてました。

新居への搬入は、今までの引越しと違って、傷がつかないかなど、心配になります。
その点は養生をきちんとやってくれたので、問題なし。
アートさんは完了時に必ず、その場で会社から直接電話で、
作業に問題がなかったかどうか確認されるシステムなので安心です。

当日は指示だしなどで慌しく、気づいたら、写真撮り忘れてました。
なので、写真は後日撮ったコレで。
hikkoshi01.jpg

ちょうどカーテンがなくて困っていたので、ダンボールの養生シートをカーテン代わりに。
ダンボール・カーテンです。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 46 : 56 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
入居
2008 / 01 / 12 ( Sat )
久々に、家作りの過去記事再開です。
今日は、今からほぼ一年前の入居の話。

他の方のブログを拝見すると、引渡しの翌日に引越しをされる方も多いようですが、
うちは余裕を見て引渡しの一週間後に引越しを予定してました。
ところが、いざ引渡されて、真冬の寒い時期に全館空調の暖かさを体験してみると、
もう寒い家には戻れません。
今すぐ入居すべし!(o゜◇゜)ノ

というわけで、引渡しの日の仕事から帰るやいなや、
とりあえず布団一式とテレビなど、当座必要なものを手当たり次第、車に詰め込んで、
見事、引渡し当日に入居を果たしました!(笑
それ以来、引越しの日まで新居から出勤、新居へ帰宅する毎日。
その間、piyoneは旧居で引越しの準備。。。

入居直後の家の中をご紹介していきます。
こちらはダイニングとキッチン。
まだ、カーテンがついてないので、外から丸見え状態です。
新規購入のダイニングセットも無事翌日に届きましたヽ(^◇^*)/
う~ん、なんとかエレガントな雰囲気をかもし出してくれるか?
nyukyo01.jpg

こちらはリビング。
ソファがまだないので(リアルタイムの今も)、ガラ~ンとしていますね。
センターテーブルはダイニングセットと同じシリーズのもの。
もうこのシリーズが製造中止になるということで、一緒に買っておきました。
nyukyo02.jpg

階段を上って2階へ。
nyukyo04.jpg

化粧手すりが重なって見える光景は狙い通り!
階段照明はもっとシンプルでいいかと思っていましたが、
実際にはこの照明、ほんとによく目線に入ります。
おしゃれなキャンドルタイプのシャンデリアにしておいて、正解!
nyukyo03.jpg

階段上がったら、広いフレックスにして、パ~ッと視界が開けるように設計しました。
ここが2階の間取りで最もこだわった点といっても過言ではありません!
この化粧手すりは当初壁手すりの予定でしたが、化粧に変更してよかった。
ちなみに、フレックスの右側半分は、仕切り壁を入れて、
2つめの子供部屋にリフォームできるようにしてあります。
nyukyo05.jpg

リビング南側の窓からの風景。
南側は森になっているので、癒されますね。
サザンカの垣根のこちら側は、僕たちの庭。
(リアルタイムでは、これがかなりのプレッシャー(゜O゜;)
まだ、隣地との境界フェンス立ててないだけで、全部じゃないです。
nyukyo06.jpg

さてさて、入居してみて。。。
広々と使えるし、全館空調の生活は思った以上に快適でしたが、
カーテンのない暮らしは思った以上に不便( ´△`)
トイレにも窓あるので、どうするんだ?
なんとかしなければ。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 53 : 31 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
竣工引渡し
2007 / 11 / 25 ( Sun )
入居後およそ一年にして、ついに、この記事を書くときが来ました!
感無量!って、ちょっと遅すぎですね。

ついに家作りが完成、東急さんから僕たちに家が引き渡されます。
待ち望んだこの瞬間!
。。。というよりも、最後の方、雑事で忙しすぎて、
なんだかあっという間にこの日が訪れたという感じですね。

引渡し前一週間は、竣工検査で指摘した部分の修正工事が行われ、
フェンスも数日前に無事解体されました。

引渡し当日。
営業さん、設計さん、現場監督さん、下請け監督さん、
そして水道や電気などの業者さんが勢ぞろいして、
我々を迎えてくれました。

実は当日ぎりぎりまで残工事が行われていました。
というのも、階段につけるODELICの照明が当初、
メーカーの納期の関係で間に合わないと言われていたのですが、
ODELICと直接交渉して、なんとか間に合うことになりました。
取り付けが引き渡し当日の朝というギリギリのタイミング。
電気屋さん、がんばってくれました。

そして、もう一つ。
ダイニングの照明の高さ調整は当日やることになっていました。
実際にその場に立ってみて、このぐらいと決めて、
現場監督さん、下請け監督さん2人で調整してもらいました。

竣工検査の指摘事項を1個1個確認して、
引渡しの書類にサインをします。
このアイランドカウンターがすっかり打ち合わせ用の机として使われていますね(笑
ちょうど高さ的にも立って使うには、ばっちり!
hikiwatashi01.jpg

鍵を渡されて、工事関係者はこれ以降入れなくなるという確認をしました。
工事用の鍵というのがあって、その鍵はどの家のドアでも入れるマスターキーなのですが、
施主用の鍵を一回入れてしまうと、二度とマスターキーでは開かなくなる
という見事な仕掛けがされているんです。
これだと、鍵を取り替える必要なくなりますからね。
実際に工事鍵で開くことを確認してから、施主用の鍵を入れた後、
再度、工事鍵を入れると今度は開かなくなるというのを目の前で実演してもらいました。

最後に、外で記念撮影!
hikiwatashi02.jpg

今まで皆さんどうも、ありがとうございました。
東急さんからのお祝いとして、ワインをいただきました。
僕たちからはお礼の気持ちとして、牛久にあるワインシャトーのワインケーキを差し上げました。
最後にこうして、非常に良好な関係で家作りを終えることが出来て、本当に良かったですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 29 : 48 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
竣工検査
2007 / 10 / 20 ( Sat )
去年12月。
竣工検査の日がやってきました。
引渡し前の最終チェックです。
この段階で基本的に外観・内装ともにすべて完成しています。
(一部、どうしても間に合わない照明器具などは除いて)

しばらく雑事に追われて、あんまり真剣にチェックできてなかったので、
(そのわりには細かいことをチクチクと言ってたりはしてましたが。。。汗)
この日ばかりは、隅々までチェックしてやる!!!
と、気合120%で臨みました。

なにしろ、引渡し前の検品のようなものですからね。
当初、午後3時頃からと提案されていましたが、
そんなんじゃすぐに日が暮れてしまいそうだなと思ったので、
午前10時から開始にしてもらいました。
(気合十分!昼抜きで臨む覚悟!お集まりいただいた方々には申し訳ありませんが。。)

現地に着くと、なんともう全館空調を入れてくれていて、
中はぽかぽかと暖かいんです!
いつも寒い現場を想像していたので、それだけで感動!
快適なので、じっくりと長時間チェックできそうです。

竣工検査のチェックポイントについても、
いつもの水先案内人マニュアルが参考になりました。
水先マニュアルの中には、上半分が間取り図、下半分がメモ欄になっている
便利なチェック用シートが用意されていて、
それに気づいた点を記入していきます。

現場監督さんも独自に自分のメモに記録していって、
対応すべき事項として、最後に施主がサインをするのですが、
今回はこちらで作ったメモにも、監督さんにサインしていただきました。
もちろん快くサインしていただけました。

気づいた点は。。。
塗装のはがれ
その場でどんどん筆で部分塗装していきます。

床の傷・へこみ
初めはどんな小さいのでも気になりますね。
入居してからは、傷も味になるなぁと全然気にならなくなりましたが。。。(特に無垢は)
うちの場合、結構へこみが多かったみたいで、今回床の養生をベニヤではなく、
専用の養生シートを使ったからかもと下請け監督さんがおっしゃってました。

クロスの傷
切り貼りではなく、ちゃんと面で張り替えてもらうよう念押し。

床鳴り・クッションフロアの浮き
こんなのも直せるみたいですね。

と、ここまではよくある話ですが、一番驚いたのが。。。
換気扇の連動給気口にフィルタが入っていない
高気密住宅に使われる同時給排型の換気扇は基本的にフィルタがないので、
重度の花粉症のpiyoneは計画段階からとても気にしていたのです。
そこで、設計さんが提案して下さったのが通常の排気型の換気扇にして、
別途、フィルタ搭載の給気口を壁に設けて、スイッチを連動させるという案。
見栄えは悪くなりますが、フィルタがつけられるため安心なので、その案を採用していたのです。
(詳しくは過去記事参照)

ところが、当日スイッチを入れてみると、パカッと蓋が開いて、
なんと、向こうに青空が見えるじゃないですか!
おいおい、これじゃ意味ないどころか、逆効果ですよね。
。。。と、そこへよい(悪い?笑)タイミングで当の設計さん、現場に登場。
単に作業のミスでフィルタがついてなかっただけのようでした。
一時はどうなることかと。。。。

さて、水先マニュアルのチェック項目には、
玄関土間の水勾配の確認というのがあったのですが、
玄関とシューズクローゼットの土間部分はまだ養生が張ってあって、
確認できませんでした。
実は、うちはまだ外構が全然できていないので、玄関が土で汚れるのを気遣って、
養生を張ったままにしておいてくれていたんです。
その気遣いはとてもありがたかったのですが、入居後養生をはがしてみて、
水勾配がとれていないことに気づいてしまいました。

結局後日、修正工事はしていただいたのですが、
かなり振動や埃が出る大掛かりな工事になり、
空調ダクトにコンクリート粉末が入ってしまうというトラブル(詳細は後日)も起きてしまったので、
やはり今にして思うと、
水勾配も竣工検査の時にチェックしておくべきでしたね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

17 : 11 : 21 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
竣工に向けて
2007 / 10 / 17 ( Wed )
竣工検査の日も近づき、工事も仕上げの段階へ。

電気屋によるコンセント・照明設置。
クロス屋によるクロス張り。
塗装屋による汚れた部分の最終塗装。
左官屋による土間のタイル張り。
クリーニング屋によるクリーニング。
。。。などなどと、餅は餅屋状態!
完成に向けて、何かとあわただしくなってきます。

作業については、特に大きな問題もなく順調に進んでいき。。。
というか、この時期になると、
他の懸案事項がたくさん出てきて、
工事へのチェックの目は全然行き届きません(>_<)!


まずは、カーテン
カーテンは、完工立会いの直後ぐらいが引渡し時に間に合わせるための最終期限でしたが、
施主支給と見積もり比較したいという気持ちもあったので、
入居時にカーテンを間に合わせるのは、すっぱりあきらめ、
じっくりと腰をすえて選ぶことにしました。

そのおかげで、入居後2ヶ月間もカーテンなしで生活する羽目になったのですが。。。^^
この時期は、他のカーテン屋でメーカー支給と同じ商品の相見積もりを取ったり、
オリジナル商品を選んで見積もりしたりと、大忙し。

次は、外構
外構は、HMの紹介業者でやってもらう方も多いと思いますが、
僕たちの街区は外構指針が厳しくて、
東急さんからは指針を熟知している街区の推奨業者の方がよいのではとのこと。

そこで、街区の推奨業者を含めて4社に見積もりを依頼することにしたのですが、
推奨業者は忙しすぎて、今は仕事が取れないとのこと。
他は打ち合わせをするものの、1社を除いて、
待てど暮らせど、見積もりが上がってこないというなんともお粗末な状況で、
全く先へ進めない状態。
外構については、その後も業者に裏切られたりと、色々事態は転々として、
かなり遅れる羽目になりました。
詳細はここでは書ききれないほど長くなるので、また後日にします。

そして、引越し
引越し業者は、アートさんに決定。
以前に利用して、とても満足のいく丁寧な作業をして下さり、気に入っていたので。
特に、piyoneは以前の営業の方がとても気に入っていたのですが、
その方、今は作業員になっていたので、僕たちの引越しのリーダーにつけていただくことに。
もちろん、piyoneの手腕で、しっかり値引きもしていただきました(笑

そんなわけで、家の工事どころではないぐらい、忙殺されますね!
いや、もっとスムーズに行ってればこんなに忙しくなかったのかもしれませんが。。。
これ全部、入居時にきちんと間に合わせたという方、ノウハウを教えてください(爆

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 50 : 45 | 竣工 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。