スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
足場解体
2007 / 10 / 04 ( Thu )
まもなく、家作り計画を始めて2周年、上棟から1周年。
相変わらず、工事の過去記事が完了しませんが、
入居1周年(12月)までには、なんとか完成記事を書きたいところです

さてさて、完成間近の感動的なイベントといえば。。。
足場解体です!
これまでずっと周りに防護シートが張られて、ベールに包まれていたので、
ひたすら至近距離からの一部画像を脳内合成して、
外観を想像していました。
ついに、そのベールがはがされる瞬間がやってきたのです!

って、ちょっと大げさですね。。。
仕事でその瞬間は見ることが出来ませんでしたが、
解体後に初めて見る全体像、感動しました!

ashibakaitai01.jpg

ashibakaitai02.jpg

ashibakaitai03.jpg

でも、もう足場に上れないかと思うと、ちょっとさびしい気になりますね。
もう窓枠の汚れとか細かいチェックも出来ないし、
屋根足場からつくば山を眺めるなんてのも出来ないですしね。。。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 22 : 26 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レンガタイル
2007 / 08 / 19 ( Sun )
内装工事と同時進行で、外壁工事もどんどん進みます。
ついに、待望のレンガタイルが貼られます!
これで初めて、ヴィンテージらしくなりました。

下地のレールにあわせて、一枚ずつ接着していきます。
全部やるのはかなり時間がかかりますね。
bricktile01.jpg

タイルは、ロットによって色味がかなり変わる可能性があると言われていたので、
希望の色味になるか不安だったのですが、いい感じになりました。
bricktile02.jpg

最後に目地を入れると、本物のレンガ作りのように。。。
アンティークな風合いがたまりません!
それに、汚れても味になるので、汚れを気にしなくてすみますし^^
bricktile03.jpg

余ったレンガタイル、監督さんにお願いしたら、いただけました!
いつか、庭のDIYに有効利用をと考えてます。
といいつつ、今のところ、階段下収納に眠っていますが。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 37 : 44 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
窓化粧枠
2007 / 07 / 08 ( Sun )
外壁の下地がつくと、アンダーセンのサッシに化粧枠がつきました。
窓の上に。。。
keshouwaku01.jpg

そして、下にも。。。
keshouwaku02.jpg

現場の人は、「モール」と呼ぶそうです。
厳密には上と下しかないので、枠とは言いがたいしね。

化粧枠がつくと、なんだか無味乾燥だった窓が
俄然オシャレになったように感じます。。。
え、感じませんか?

窓の全体像を見れば、感じるんだけどなあ。。。
と、全体が写っている写真を探したのですが、
当時はちょっとでも傷がないかと、虫眼鏡で見るように観察していたので、
細かいズーム写真ばかりでした^^;

そして、こちらは、再度、塗装をした後の写真。
keshouwaku_painted.jpg

どうしても、部材が納入されて、開封した直後は、色がはげてたりするので、
つけてから再塗装は必須。
レンガタイルに塗料が付着すると、取れないそうなので、
塗装はタイルを貼る前にやっておかなければなりません。
なので、しっかりチェックして、色がはげているところは、
塗りなおしてもらいました。

化粧枠は、北の正面、東の道路側、南の庭側は全箇所つけましたが、
西の隣地側にある窓(1箇所)だけは、家が建つと見えなくなるしということで、
コストダウンで、つけませんでした。
しかし今は、まだ家が建ってないので、まる見えなんですよね。
1箇所だけケチってるみたいなので、
つけておけばよかったかなあとも思いましたが、
もうすぐ家が建つので、問題なさそうです。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 35 : 06 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
外壁下地
2007 / 07 / 08 ( Sun )
入居して、はや半年が過ぎてしまいました。
工事記事のアップも、急ぎましょう

内装工事がどんどん進む中、並行して外壁も進んでました。
外壁はレンガタイルが貼られる予定ですが、
その前に下地ボードを張ります。
後ほど、このボード表面のレールにはめ込むように
レンガタイルを貼り付けていきます。
gaihekishitaji01.jpg

配管の出ているところは、穴があけられていますね。
gaihekishitaji02.jpg

これは、24時間換気の換気口だったかな。
ひょっとしたら、換気扇の方かも(汗
gaihekishitaji03.jpg

最後に、夜の施主検査ならではの一枚!
足場から屋根越しに見る満月!
きれいでしたね。。。
でも、足場なので、油断は禁物(笑
nightmoon_seshukensa.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

02 : 16 : 58 | 外壁工事 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
胴縁
2007 / 05 / 20 ( Sun )
防水シートが貼られると、次は胴縁の設置ですね。
通気層を取るための要なので、
ここは、重要チェックポイント!
誤った設置をされると、通気がうまくいかなくなって、
何のために、30万円UPしたか分からなくなりますからね!

こんな感じで、四方の外壁すべてに胴縁が設置されています。
木材は45mmx14mmぐらいで、スタッドの間隔(408mm)でついてます。
doubuchi01.jpg

doubuchi02.jpg

重要なチェックポイントは、窓枠の部分。
縦向きの胴縁が横向きの胴縁にぴったりくっついているのではなく、
30mm以上すき間があいていることを確認。

そうでないと、空気が流れなくなってしまいますからね。
doubuchi03.jpg

doubuchi04.jpg

↓ここは、ちょっと怪しいので、修正してもらいました。
doubuchi05.jpg

屋根のところは、軒の中まで胴縁が入っていて、
軒天の通気孔と棟換気口へ空気の流れができてます。
doubuchi06.jpg

床下の方も、水切り板の中に胴縁が入っています。
やはり、水切り板の下には、細かい空気孔が開いていて、
そこから空気が抜けるようになっているようですね。
doubichi07.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 29 : 36 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
外壁防水
2007 / 05 / 12 ( Sat )
屋内工事と並行して、外壁の方もどんどん進んでいきます。
まずは、透湿防水シートがびっしり貼られました。
外壁通気オプションをつけたので、白い透湿タイプのシートになり、
この上に胴縁がついて、空気が流れる通気層ができます。
gaihekibousui01.jpg

gaihekibousui02.jpg

外壁通気については、かつて「屋根葺き」の記事のコメントで皆さんに色々ご意見をいただきましたので、
そちらもご参考にしてください。
今は標準になっているそうですが、当時はオプションでした。
僕は当然、標準なのかと思っていて、設計を進めていたら、
契約直前にオプションだということがわかって、慌てて追加しました。
追加コスト30万円↑でしたが、後々のことを考えると、つけたかったですね。
今は標準だそうですので、つけ忘れるということはなくなりましたね。

防水シートの重なりをチェック。
何cm以上必要だったか忘れてしまいました。
今出張先なので、戻って調べて追記します。
追記:上下の重なりは90mm以上、左右の重なりは150mm以上でした。
gaihekibousui05.jpg

gaihekibousui06.jpg

こちらは、電気の配線が外に出るところ。
まだ、コーキングはされていませんね。
gaihekibousui03.jpg

これは、換気口。
吸気と排気で2箇所必要なので、実はもう一箇所あります。
こちらは、既にコーキングされてました。
gaihekibousui04.jpg

次は、胴縁がつきます。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

12 : 38 : 31 | 外壁工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。