スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
クロス・塗装・ニッチ
2007 / 09 / 01 ( Sat )
内装工事、どんどん進めて行きましょう。

まずはクロスの張り込み
クロスが貼られると、部屋の雰囲気が一気に完成形に\(*^▽^*)/
こちらは、のりをつける機械?
wallpaperhanging01.jpg

クロス屋さん、こんな風に作業されてます。
腕がよくて、仕上がりとても上手でした。
継ぎ目なんて、真剣に探さないと分からないぐらい。
wallpaperhanging02.jpg

こちらは、唯一ボーダーをつけた子供部屋。
他の部屋は、完成後にじっくり一部屋ずつ紹介していきます。。。
wallpaperhanging03.jpg

お次は、塗装
化粧手すりがきれいに塗りあがってます。
悩んだ親柱の色も満足しています。
painting01.jpg

塗装屋さんもなかなか上手。
何度も上塗りしていくんですね。
painting02.jpg

扉や窓のケーシングもきっちり塗られています。
painting03.jpg

painting04.jpg

そして、階段のニッチもできています。
ダクトスペースのおかげでここにニッチを配置することができたので、
ダクトスペースに感謝ですね。
niche01.jpg
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 23 : 47 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
洗面台設置
2007 / 08 / 26 ( Sun )
内装工事も終盤になると、設備もどんどん設置されていきます。
今日は、洗面台設置の様子を紹介します。

洗面台は、収納をできるだけ確保したいというpiyoneの要望で、
TOTOの両側全面に収納がしっかりついているタイプにしました。
これでもか!というぐらいに収納つけましたが、
使ってみると、タオル類が多くて、これでも足りないぐらいなので、
収納重視にして、本当によかったです。

色は、初め、家の全体的な雰囲気に合わせて、ウッド調を考えていましたが、
浴室とあわせて、爽快感のある白と淡いブルー系の色調で統一。
壁紙と床のクッションフロアにはブルー系を入れて、洗面台はホワイトです。
vanitysetup01.jpg

もちろん鏡の内部も収納で、さらに上部にもキャビネットつけました。
写真はありませんが、この向かい側に洗濯機置き場があって、
その上部にも吊戸棚をつけました。
やるなら、徹底的に。。。笑
vanitysetup02.jpg

それにしても、
TOTOの設置作業には不満だらけ!!
この扉、かなり水平からずれてますよね。(写真の赤い部分)
この扉だけでなく、他の扉もずれまくりでした。
もちろん、後でドライバで調整できるのは知ってますが、
それぐらい調整していってほしいものです。
vanitysetup03.jpg

他にも3ヶ月点検の時判明したのですが、
汚水パイプの接続がずれていました。
入居後半年ぐらいずっと(こちらの事情で3ヶ月点検を半年後に行いました)
汚臭に悩まされていたのですが、こんな単純ミスだったとは。。。

しっかりやってくれ~ > TOTO

ショールームの営業さんはとてもしっかりした対応だっただけに、残念です。
TOTO、よいものを作っているとは思うのですが。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

14 : 01 : 39 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
完工立会い
2007 / 08 / 05 ( Sun )
着工後、1回目の公式チェックポイントが上棟立会い。
そして、第2の公式なチェックポイントがこの完工立会い
とはいっても、2階床合板立会い、ベーパーバリア立会い、モール立会いなど。。。
既に何度も私的なチェックポイントを設けていただいてましたが(笑

朝10時から昼抜きで3時までかかった上棟立会いに比べて、
完工立会いは、やること少ないですね。
重要なのは、壁紙と塗装の色の最終確認ぐらいかな。

壁紙は渋谷で打ち合わせたとおりですが、
コーディネータさんが用意した最終的なカラースキームボードをベースに最終チェック。
colorschemeboard01.jpg

クロス屋さんはこのチェック済みのボードを見ながら貼るので、伝達ミスの不安はないですね。
現場監督さんがこのボードを窓ガラスにガムテープでベタッ!
え、そんなところに貼るの!?
と一瞬思いましたが、石膏ボードは全部壁紙を貼るので、そこしかないですよね。

窓のケーシングもしっかり付いていました。
塗装の色も最終確認。
予定通り、ミルクリークホワイトに(ほんの少し濁った白)
windowcasingsetup01.jpg

そして、念願の化粧手すりも、ついてるではないですか!^^
こちら、玄関入ったところ。
keshotesurisetup01.jpg

踊り場から2階へ向かう部分も。
こうやって見ると、化粧手すりが重なって、きれいに見えますね。
keshotesurisetup02.jpg

階段上がって、2階フレックスとの境目も化粧手すりにしました。
これでかなり開放感得られました。
keshotesurisetup03.jpg

化粧手すりの塗装は少し、悩みました。
手を付く部分は、汚れが目立たないハニーゴールド、
子柱(細い柱)は、ミルクリークホワイトで決定だったのですが、
親柱(一番端の太い柱)をどっちに合わせるのか?

考えれば考えるほど悩んでしまいます(細かい話ですが)
コーディネータさんに聞くと、どっちもありうるので、正解はないそうです。
結局、つくば展示場の雰囲気がよかったなあと思い、親柱はホワイトに決定。

階段ニッチの色は、ホワイトと決めていたのですが、
実際に見てみると、ハニーゴールドの方がいい気がして、変更。
やはり、完工立会いがあってよかったなと思います。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 57 : 12 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
階段設置
2007 / 08 / 04 ( Sat )
完工立会い前の最後の工程は、階段の設置!
長い間、脚立での上り下りだったので、不思議な気がします。

玄関入ったところからの光景。
ここには、化粧手すりがつきます。
stairecasesetup01.jpg

1階から上がって、踊り場へ。
この上に、我が家唯一のニッチが来ます。
stairecasesetup02.jpg

2階から見下ろすと、こんな感じ。
stairecasesetup03.jpg

手すりがついてないと、少々怖いですね。
脚立の頃よりは、楽ですが。。。
stairecasesetup04.jpg

階段は、大工さんの仕事の中でも、最も技術が要求される場所らしいですね。
無愛想でしたが、腕はよい大工さんでしたので、そのあたりは安心。
それでも、床鳴りするところは、現場監督さんがしっかりチェックしていました。
接着の加減で鳴ってしまうんだそうです。

こちらは、階段下収納の部分で、階段の裏側が見えます。
ボンドらしきものが付いているのが見えますね。
ここでは予想通り、頭をぶつけました><!
stairecasesetup05.jpg

あとは、手すりがつけば、造作大工さんの仕事は、ほぼ終了。
お疲れ様でした。
完工立会いの後は、塗装屋さん、クロス屋さんなどに活躍していただきます。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18 : 03 : 17 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キッチン設置
2007 / 07 / 28 ( Sat )
今日は、サンウェーブのキッチン設置の様子を紹介します。
残念ながら、僕は現場に立ち会えませんでしたが(T_T)
piyoneの撮影した写真で。。。

レンジフードがついて、吊戸棚設置中。
開放的にしたかったので、フード手前(シンク部分)は、吊戸はなしです。
kitchensetup01.jpg

こちらは、収納キャビネット(幅1200)
これだけあれば、結構入ります。
kitchensetup02.jpg

シンクの部分もできています。
kitchensetup03.jpg

こちらは、食洗器を設置するところ。
kitchensetup04.jpg

キッチンのメイン部分、ほぼ完成。
奥はIHですが、IHはコンセントつなぐだけなので、施主支給しました。
kitchensetup11.jpg

そして、楽しみにしていたアイランドカウンターも設置。
kitchensetup05.jpg

傷つかないように、すっぽりダンボールで養生。
でも、サンウェーブの作業の方、汚れた手でベタベタ面材を触って、
そのまま養生されてしまったのが心配。
引渡し後、案の定、こびりついて取れない汚れがあったので、
これは後日、クレーム入れました。
kitchensetup12.jpg

カウンターのダンボールの下には、人工大理石のワークトップが!
楽しみ楽しみ。。。
kitchensetup13.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 24 : 34 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石膏ボード
2007 / 06 / 29 ( Fri )
ベーパーバリアが張り終わると、いよいよ石膏ボードですね!
石膏ボードが張られると、空間がきっちりと確定して、
一気に家の形が出来上がってきますね。

こちらは、2階のセカンドリビング。
sekkouboard_2F.jpg

天井には、空調の吹き出し口がきっちり正方形に切り取られています。
ダウンライトの部分も後ほど、切り取られます。
sekkouboard_kuchou.jpg

こちらは、1階のリビング。
1階は天井高2.7メートルのハイフレームなのですが、
石膏ボードはハイフレーム仕様で、途中で継ぐ必要はないようです。
sekkouboard_living.jpg

こちらは、リビングからピアノルームを見たところ。
sekkouboard_arch.jpg
ここのアーチ、実はちょっと後悔しています。
もともと、完全な円弧がよいと思っていたのですが、
間口が広いので、完全な円弧にすると、
Rをかなり大きくとらないと、両端がかなり下がってしまうということで、
大工さんの判断で、中心に直線部分を設けたようなのです。

現場監督さんが現場で、
「こんな風にしてみたのですが、どうでしょうか?
もし、円弧の方がよいのであれば、やり直しますよ。」

と、僕たちにきちんと確認してくださったのですが、
その時は、まあ、これでもいいかなと思えたので、
やり直すほどのことはないかと、これでOKしてしまいました。

ところが、実際に入居してみると、
デザイン的にやっぱり円弧の方がよかったかなと。。。
ミルクリークといえば、定番のアーチ。
楽しみにしていただけに、ほんのちょっとだけ後悔。
自分で決断したので、こればかりは、自己責任ですけどね。

こちらは、キッチン。
水周りは、緑色のボードを使うようですね。
耐水性のボードだったと思います(うろ覚え)
sekkouboard_kitchen.jpg

石膏ボードとはいえ、壁量計算書で耐力壁として計算されている部分については、
荷重をささえる構造の役割を果たしているので、あなどれません。
外壁合板同様、釘ピッチが外周で100mm、内部で200mm以下であることをチェック!
かなり、密に打ってくれている感じでした。
sekkouboard_kugipitch.jpg

この頃になると、施主検査もちょっと疲れ気味(笑
でも、これ以降は、もう隠れるものがほとんどないので、
入居後気づいてもなんとかなるものばかり。
これが最後のふんばりどころと思って、がんばりました。
(と言いつつ、その後も相変わらず、細かくチェックしてたかも。。。汗)

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 19 : 43 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浴室設置
2007 / 06 / 26 ( Tue )
内部の設備では、まず初めに浴槽が搬入・設置されました。
浴室は、TOTOの「フロピア」です。
壁を含めてすべての設備品がTOTOによる設置工事になるので、
早い段階で設置してしまうようですね。

壁も浴槽も明るい感じがよかったので、白で統一。
bathroom_setup01.jpg

bathroom_setup02.jpg

ちゃんと、断熱仕様の風呂ふたもありますね。
bathroom_setup03.jpg

ランドリーパイプは、2本、浴槽の上に平行につけてもらいました。
ベランダなしの室内干しの予定なので、干す場所はふんだんに確保しないと。。。
(他にも、洗面所にホシ姫様、階段上がったところにホスクリーンを設置しています)
位置も予め指定しておいたので、ちゃんと、下地も入れてもらっています。
bathroom_setup04.jpg

工事終了後は、関係ない職人が入らないように、浴室はロックされてました。
この後、空調の吸い込み口を開ける工事が必要ですが。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 32 : 24 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
ベーパーバリア
2007 / 06 / 24 ( Sun )
断熱材が詰め終わると、その上から
ベーパーバリア(気密防湿シート)を張ります。
半透明のビニールシートで、湿気を通さないようにできています。
壁から天井まですべて、すっぽり覆われてしまいます。
2Fvaporbarrier01.jpg

重なりは、100mm以上ないといけないので、ここは修正してもらいました。
2Fvaporbarrier_kasanari.jpg

空調の吹き出し口やダウンライトの部分もまず、
すっぽり覆ってしまってから、後で穴を開けるのですが、
空調の部分、少し切り過ぎて、断熱材が露出しているのが気になります。
ここは、気密テープで補修してくれました。
2Fvaporbarrier_yabure.jpg

窓枠の部分。細かい話ですが、微妙にすき間が空いてるようです。
もう少し、窓枠にかぶさるぐらい大きめに張ってはもらえないかなと。
2Fvaporbarrier_sukima.jpg

気にしすぎとは思いながらも、水先案内人さんに確認してみたら、
むしろ、すき間にまで丁寧に断熱材を詰め込んでくれているのでは?
という回答でしたが、やはり気になるものは気になります。
気になることを現場監督さんと下請け監督さんに話してみたら、
全部気密テープで貼ってくれることになりました。
2Fvaporbarrier_taping.jpg

気になるところだけでなく、全箇所やって下さるとは思ってもみなかったので、びっくり!
とても嬉しい対応でした。

ところで、ベーパーバリアの役割についてですが、
僕の考えでは、室内の湿気が壁内に入ると、
壁の中で冷やされて、壁体内結露を起こす可能性があるので、
それを防ぐというのが重要な役割かと思っていたのですが、
現場監督さんによると、むしろ合板から発生する水蒸気が室内に入り込まないようにする
役割を果たしているとのこと。

確かに、室内は空調と換気で湿度はかなり低いので、
室内から壁内に入る湿気はそんなに気にしなくてもよさそうですね。
それにしても、合板から水蒸気って、結構出てくるものなんですね。
外壁通気にしておいてよかったなあと思います。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 49 : 13 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1階断熱材
2007 / 06 / 24 ( Sun )
内装工事の過去記事。
断熱材のグラスウールが2階同様、1階もびっしり詰められました。

こちらは、キッチン。
換気扇のパイプが出ていますね。
1Fglasswool01.jpg

こちらは、リビング。
2箇所コードが出ているのは、ブラケットがつくところ。
1Fglasswool02.jpg

こちらは、玄関ホールにトイレ。
1Fglasswool03.jpg

一面、グラスウールだらけ。。。
粉が舞ったりするので、大工さんもマスク着用です。
僕たちも怖いので、マスクして施主検査してました。

濡らしたりして、実験してみようかなと思って、
一応、端切れを貰って帰ったものの、
入居したら、邪魔になって捨ててしまいました。。。orz

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 54 : 18 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大工と決裂
2007 / 05 / 10 ( Thu )
1階フローリングの記事でちょっと触れた造作大工との決裂の話。

いつものように、施主検査に行ったら、1階の無垢フローリングを張っているところでした。
現場に入ろうとすると、奥さんから
「今日はフローリング張っているので、入らないで下さい」
と言われ、玄関土間から眺めていると、
フローリングの下に気密防湿シートを貼っていないことに気づいてしまいました。

確か、これって貼らなくちゃいけないはずじゃ。。。
すごく不安になって、その場で大工さんに質問してみたところ、
「前は貼ってたけど、今は貼らねぇんだよ。下が蒸れるから」
という答え。
ついつい、本当かなと疑わしくなってしまって、
マニュアルでは貼る事になっているが、大丈夫なのかと問い正すような感じになってしまいました。

そうしたら、大工さんは、そもそも貼る仕様になっていたのかと言って、
押し問答みたいになって、ついには怒ってしまい、
「横から色々言われると、気が散って仕事できねぇんだよ」
奥さんからも
「こっちも(僕たちが)知りたいだろうと思って、親切に教えてやってたけど、色々言われると仕事にならない」
みたいなことを言われました。
僕もカッとなってしまって、あてつけがましく、
「じゃあ、何も言いませんから、上から言われたとおりどうぞ、どうぞ、やって下さい」
みたいなことを言ってしまって、
後で考えたら、言い方がよくなかったなあと反省です。

でも、今後、施主検査が円滑にできなくなると大いに困るので、
現場監督さんに事の状況を話して相談。

後日、現場監督さんから聞いた説明によると、
職人さんというのは、あまりコミュニケーションが得意じゃない人が多いので、
施主から話しかけられると、対応に困るということ。
特に作業中にあまり近づかれると、けがされると困るという意識が働いて、
作業に集中できなくなり、ストレスがたまってしまうということ。
さらに、次の材料搬入前に床張りを終えておきたいという焦りもあったのではないかということでした。

そして、この大工さんは特に気難しくて、現場監督さん自体も閉口することがあるらしいですが、
とにかく仕事はきっちりやるし、腕もいいので、お願いしているとのことでした。
いくら話がしやすくても、腕が悪いとそれはそれで問題だ

ともおっしゃってました。

僕たちもかなり至近距離で写真を撮ってしまったりしたのは、悪かったなあと思いました。
それに、仕様についての確認は本来、現場監督にすべきでしたね。
大工さんは、上からの指示通りやっているだけだから、
施主から言われても困るんでしょうね。

でも、かなりの気難し屋ということは確かなので、
今後、施主検査がやりにくいのは困ると相談したら、
現場監督さんが定期的なチェックポイントごとに、
作業終了後、大工さんが帰ってから一緒にチェックしようという
提案をしてくださいました。

非常にありがたかったですね。

結局、その後は、大工さんとは直接話すことはあまりなかったですが、
一応、作業はちゃんとやってくれていたようです。
工事が始まると、展示場でのプランニングの段階とは全然違う難しさが
あるんだということを痛感しましたね。
他の方のブログで、フレンドリーな大工さんの話などを読むと、
今でもちょっとうらやましくなったりします。
僕たちも、できれば大工さんとフレンドリーな関係で工事を進めたかったですね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 41 : 03 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
1階フローリング
2007 / 04 / 28 ( Sat )
続いて1階のフローリング。
2階は合板でしたが、1階は無垢フローリング。
家具選びの色あわせのために、1個ずつサンプルをいただきました。
左が合板で、右が無垢。
(ちなみに背景は、賃貸のフローリング風クッションフロア。。。笑)
flooring_comparison.jpg

合板でも大変ですが、無垢はこんなに小さいパーツを一つ一つ
色や柄、収まりを見ながら、組み合わせていかなければならないので、
とても大変な作業ですね。
色は両方、ハニーゴールドなんですが、色味はかなり違います。
(途中に階段があるので、全然、気にはなりませんが)
1Fflooring01.jpg

施主マニュアルによると、フローリングの下は、合板の間を気密テープで止めて、
防湿気密シートを張るそうですが、
張っていなかったので、張らなくていいのか大工さんに尋ねたところ、
今回から張らないことになったとの答え。
大丈夫かすごく不安になって、つい問い詰めるような形になってしまって、
大工さんを怒らせてしまい、ついに決裂してしまいました!
ちょっとこちらの言い方が悪かったなと、深く反省しています。
この件については、また後の記事で詳しく。。。

後に現場監督さんに聞いて分かったことですが、
フローリングの下に防湿気密シート(ベーパーバリア)と気密テープを張らないというのは、
ほんとに最近、東急の仕様が変わったそうです。
というのは、床合板からの水蒸気が防湿シートで遮断されて、行き場を失い、
水分がたまって、床が浮き上がるケースが増えたからだそうです。

防湿シートをなくして問題がないかは、まだ始めたばかりなので、分からないそうなのですが、
シートを敷くと問題が起きることは確かなので、技術部の判断でなくしたとのこと。
特に、無垢フローリングの場合は木材自体が呼吸していて、
調湿効果があるので、水分を閉じ込めない方がうまくいくのではないかとのこと。
やや不安ですが、初めから悪いと分かっていることは避けたいので、
まあ、現時点では最善の策ですね(実験台とも言えますが。。。)

一応、水先案内人さんにも相談してみたところ、
床合板の端面が本実(ほんざね)加工と言って、切り欠きのような形状になって、
互いに密着するようになっていれば、問題なし。
あるいは、合板どうしの接合に接着剤を使用してもよいとのことでした。
今回の場合は、床合板の長手方向は、本実加工。
短い方向は、必ず床根太に止めてあるので、合板の間にすきまがあいているわけではない。
ということで、問題なさそうですね。

急な仕様変更にはとまどってしまいますね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

13 : 10 : 16 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2階断熱材
2007 / 04 / 28 ( Sat )
フローリングの次は、いよいよ断熱材!
断熱材は、高気密・高断熱住宅の要!
しっかりすき間なく、お願いします。

東急ホームの壁・天井の断熱材は、高性能グラスウール16K。
100mmと70mmの2種類があります。
glasswoolname.jpg

壁は100mm。
造作大工の奥さんが1個1個丁寧に敷き詰めていきます。
裸グラスウールなので、手がチクチクして大変そう。
破片が空中を舞うので、マスク着用です。
2Fglasswool01.jpg

2Fglasswool02.jpg

天井は、まず天井根太の上に根太と直交する方向に100mmを入れて、
次に、根太の間に70mmを入れて、合計170mmです。
互いに直交する方向にして、2層入れることにより、すき間をなくしているんだそうです。
天井の方は、脚立に上っての作業で大変なので、大工さん自身がなさっていました。
2Fglasswool03.jpg

気難し屋の大工さんで、話しかけにくかったのですが、
この時は、少し会話ができて、ほっとしていたのも束の間、
その後、決裂してしまうことに。。。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

11 : 02 : 48 | 内装工事 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
2階フローリング
2007 / 04 / 22 ( Sun )
内装工事。窓の取り付けの次は、2階のフローリング。
フローリングなんて、傷がついたらまずいので、
後の方かと思っていたら、意外と先にやるんですね。
やり終えたら、どんどん養生していくので、大丈夫なようです。

1階は、無垢フローリングですが、2階は合板です。
2階も、無垢にできればよかったのですが、見積もったら、60万ぐらいUP↑
当然、やめました。。。orz

まずは下に、遮音シートを貼ります。
その名も「シャオンQ」!
なかなか、コミカルな名前^^
2Fflooring01.jpg

継ぎ目にボンドをつけて、床材をはめ込み、木槌で叩いてしっかり固定。
サイズは現場あわせなので、一枚一枚はめこんでは、
電動のかんなで削っての繰り返し。
熟練が必要ですね!
2Fflooring02.jpg

はめ込んだら、タッカーで止めて完了。
2Fflooring03.jpg

床を張ったところは、傷がつかないように、すぐに養生。
2Fflooring04.jpg

実は、フローリングの張り方向が一箇所、図面と違っていたそうで、
現場監督さんからやり直したいか、聞かれました。
その時初めて、張り方向を意識しました。
本来は、張り方向も、打ち合わせの段階でどっちがいいか、
聞かれているべきなのでは?

と思いましたが、結果的には、その間違えた方向が気に入ったので、
それでOKってことに。

張り方向には、部屋が広く見える視覚的効果があるので、
設計さんが寝室だけ、ベッドの方向に変えてくれていたようです。
ところが、寝室はフレックスとつながっているので、
フレックスの張り方向と統一する方を選びました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

22 : 32 : 21 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
電気・水道・空調
2007 / 04 / 14 ( Sat )
断熱材を入れる前に、電気・水道・空調の配線(配管)工事が
いっせいに行われます。

電気屋、水道屋、空調屋に造作大工、屋根屋、外壁屋。。。
この時期、いろんな職人が入れ替わり立ち替わり登場して、
最も混沌とした時期ですね!

まずは、電気配線。
ケーブルが天井裏を通って、各コンセントやスイッチまで伸びてます。
どうしても、根太に穴を開けて通さざるをえないところもあるのですが、
最小限にして欲しいところですね。
electriccables01.jpg

electriccables02.jpg

次は、水道の配管。
給水や排水のラインが飛び交ってますね。
waterlines01.jpg

waterlines02.jpg
ユーティリティルームとトイレの間のパイプスペースは、
2階への給排水ラインが集中してます。
ここの壁は遮音になってます。
waterlines03.jpg

そして、全館空調のダクト。
これは、吹き出し口。
airconduct01.jpg
こんな太いダクトがうねうねと家中を這い回ってます。
部屋に室内機を置かなくてすんでるのは、このおかげですね。
airconduct02.jpg

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

13 : 00 : 40 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上棟立会い
2007 / 04 / 08 ( Sun )
フレーミングが終わった時点で上棟立会いが行われます。
これまで何度も現場に足を運んで、とにかく長かった気がしますが、
実は、これが着工以来はじめての公式な立会い日。

上棟立会いで行うことは、
照明の位置の確認
コンセントやスイッチの位置の確認
空調の給排気口の位置の確認
セコムのセキュリティ関係の位置の確認
水道の位置の確認
などなど。。。もりだくさんな内容!
現場監督さん、設計さん、インテリアコーディネータさん、下請け監督さんの他にも
電気、水道、空調、セコムの各担当者も一同に顔をそろえる大イベント。

その立会日が、偶然にも10周年の結婚記念日に☆
その日は、朝10時から午後3時頃まで昼抜きで立会いをして、
その後いったん仕事に行って、
夕方からは、新婚時代住んでいた横浜のホテルへ。。。
というハードスケジュール。
(ほとんど仕事はしてません^^;)

コンセントの位置にはコンセントボックスがビスで仮止めされていました。
joutou01.jpg

スイッチの位置にもスイッチボックスが仮止めされています。
joutou02.jpg

これらを1個1個位置と種類(アース付とかTV端子とか)を確認していきます。
仮確定図からかなり変更があったので、大変でした。

こちらは、空調の吹き出し口の位置確認。
マジックで印をつけます。
joutou03.jpg

こちらは、トイレの洗面カウンターの部分。
チョークで印がつけられています。
joutou04.jpg

照明の位置や高さなどは、インテリアコーディネータさんが現場にいらっしゃたので、
すごく心強かったですね。

いつもの癖で、一つ一つ細かく確認しないと気がすまないので、
とても長時間かかってしまい、現場の皆さんにはお疲れ様でした!
普通はもう少し早く終わるんでしょうね。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

18 : 24 : 41 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
窓サッシ設置
2007 / 03 / 31 ( Sat )
いよいよ内部造作の始まり。
フレーマーは任務を終えて、新たに造作大工が入りました。
初めは、同じ人たちが全部やるのかと思ってましたが、
フレーマーと造作大工は違うんですね。
造作の方がより精巧な技術を必要とするようです。

我が家の造作大工さんは、年配のご夫婦。
腕はとてもよいのですが、かなり職人気質!
全く愛想がないですし、とにかくしゃべりかけづらい(><)
これが後に、問題の種に。。。

造作の初めの仕事は、窓サッシの取り付け
東急の窓は、アンダーセンのアルゴン充填ペアガラスの高断熱木製サッシ!
K値は1.74W/m2Kと結構がんばってます。→詳しくはコチラ
madotsuke05.jpg

まず、下側に防水シートを張り込む作業から。
屋根に上ってるのは誰?(笑
madotsuke01.jpg

その後、シルパンという樹脂製の水切り部材を上に固定します。
これで雨水の侵入を防げるようですね。
madotsuke02.jpg

madotsuke03.jpg

ガムテープの部分は、ちゃんとこのコーキング材でコーキングしてあります。
madotsuke04.jpg

アンダーセンと言えば、雨漏りの話をよく聞きます。
東急さんも昔は苦労して、ノウハウを蓄積して克服したらしい!

半日ぐらいでもう窓が全部ついてしまいました。
madotsuke06.jpg

madotsuke07.jpg

なにやら色々、値が書かれています。
madotsuke08.jpg

U-Factor 0.34
Solar Heat Gain Coefficient 0.32
Visible Transmittance 0.51

う~ん、よく分かりませんね。

Visible Transmittanceは可視光透過率だけど、50%って少なすぎないか?
Low-Eコーティングされているから、そんなものなのかな。
Solar Heat Gain Coefficientは太陽熱の増幅(減衰)係数?
輻射熱を68%カットして、32%に抑えてくれるってことでしょうか。
これは、Low-Eコーティングでそれぐらいはカットされるかな。
U-Factorについては、見当もつかないですね。
誰か分かる方いたら、教えてください^^;

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 58 : 29 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
防蟻材塗布
2007 / 03 / 28 ( Wed )
1階部分、下から1mぐらいに防蟻材が塗布されました。
bougi01.jpg

オレンジ色なんですね。
でも、薬剤の色というよりは、塗布したかどうか分かるように、
わざと色をつけているんだとか。
bougi02.jpg

2階には浴室があるので、その部分だけ全体にわたって塗布されてました。
bougi03.jpg

浴室部分は、床をバリアフリーにするために、少し下にくぼんでます。
その分、1階も下がり天井になってしまうのですが、
ちょうどこの下はユーティリティルーム(パントリー)になっているので、
気になりません。
いよいよ、内部造作が始まります。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 17 : 22 | 内装工事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。