スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
キジの草原
2006 / 07 / 15 ( Sat )
さて、この見渡す限りの大草原パノラマは、いったいどこでしょう?

キジの草原1

キジの草原2

実は、今住んでいる賃貸マンションの部屋から見た南側の風景です。
なかなかいい眺めですよね!

天気のいい日などは、ベランダでぼ~っとすることもあります(^^)
スズメやウグイス、ヒバリ、そして虫たちの鳴き声など、色々聞こえてきます。
そして、たまに霧が立ち込める日には、一変して、
日光の戦場ヶ原の大湿原のような幻想的な雰囲気に変わります。

そして実は、この草原には、キジが住んでいるんですよ。
時折、ケーン、ケーンと鳴きます。
特に、5月頃の繁殖期には、うるさいぐらいです。
鳴く時、羽をばたつかせるので、居場所が分かります。

キジの草原3

発見しました!かわいいですね。

南側がこんなに開けていて、将来的にも何も建たないと保証されているような
土地があれば、こんな土地もいいですよね。(あるわけないか。。。笑)
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 58 : 56 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
見つけた土地
2006 / 04 / 02 ( Sun )
次の日、さっそく、新しく見つけた「○○の杜」の建築条件なし土地を見に行くことにしました。
「○○の杜」というところは、積水ハウス、三井ホームなど大手メーカーと
地元の工務店何社かで建売や建築条件付分譲をしているのですが、
一部に建築条件なしで分譲している区画があるのです。

そのうち、とても気に入ったのは、北側道路南側が市街化調整区域の森林に面している区画。
市街化調整区域というのは、前の記事にも出てきましたが、市の都市計画で市街化が抑制されている地域のこと。
この地域を再開発する時は、市の特別な認可を取らなければならないのです。
というわけで、すぐにその森林が開発されてしまうということはなさそうです。

南側に森があると、庭にいても自然を満喫できるよね!
と、とても気に入ってしまいました。

中でも東側も道路に面している角地がまだ残っていたのです。
土地の図

もともと、妻は角地好き。
賃貸マンションでも角部屋がいいなあといつも言っていました。
僕は、ピアノを置くことを考えて、東側の端ならば、
ピアノを部屋の東側に置けば、隣家への騒音の問題も緩和されそうと期待!

ただし、この街区はきれいな街並みにしようという方針があり、
建築の際、通常の建築基準よりも厳しい指針が決められています。
さらに、市の決めた緑地協定というのがあり、土地の一部(南側)に緑地部分というのが決められていて、家の建物部分はそのエリアからはずして建てなければならないのです。

まあ、ちょっと普通よりも条件が厳しくなるのですが、
みんなが守って、きれいに建ててくれるのなら、願ったりかなったり。
ついつい、間取りがうまくいかないと、庭の部分を削ったりしたくなるけど、
それが出来ないから、逆に庭の部分が確実に確保できていいかな。

唯一、気になるのは、電柱が2本もあって、それに支持用の黄色い支柱も。
電柱のある土地は嫌だなと思っていましたが、こんなに気に入る土地はまずないだろうし、
それぐらいは我慢するか。

というわけで、さっそく申し込みました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

23 : 02 : 28 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
怪我の功名
2006 / 04 / 01 ( Sat )
難航していた土地探しの方ですが、ふとしたアクシデントから良い土地が見つかることとなりました。

一条工務店に惹かれはじめ、急遽、「夢の家」のモデルハウスを見学させていただいた時のこと。
打ち合わせも終わって、駐車場に戻ってみると、
僕たちの車の車内灯がONになっているではないですか?

どうやら、出るときに半ドアのままで、昼間だったので気づかなかったようです。
でも、今は夜。僕の車だけが明るく浮かび上がっています。
もちろん、ドアも開いたままで、車内灯が開いていますよと主張しているかのよう。
よく、車上泥棒さんに荒らされなかったなあ。
まあ、住宅展示場でわざわざやる人はいないか。

それはさておき、バッテリーが心配。
エンジンは幸いかかったので、しばらく走行して、電気蓄えた方がいいよね。
(車にはあまり詳しくないので、車内灯ぐらいだと、問題ないのかもしれませんが、
結構長時間、打ち合わせをしていたし。。。)
ということで、どこを走ろうかとカーナビの地図を見ていたら、
「○○の杜」という文字を発見。

そういえば、ここ分譲しているんだよね。
駅から遠いし、建築条件付なので、検討してないけど、どんなところか見てみようか!

ということになり、行って見ました。
そうしたら、街並みがとてもきれいで、南欧風の住宅がおしゃれに並んでいるんです。
夜でしたが、それでも街並みの外観は、十分いいと思えました。
結構、いいね、○○の杜。

家に戻って、ネットで調べてみたところ、
建築条件なしの土地もあります。
とのこと。
しかも、街区の中に木々や森のある公園があり、
坪単価も今まで考えていた駅前の土地に較べて3分の2ぐらい。
これは、さっそく見に行くしかない!(昼間に)
ってことになりました。

まさに、怪我の功名とはこのことを言うのでしょうか。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

19 : 55 : 03 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
積水ハウスの建築条件付分譲
2006 / 03 / 08 ( Wed )
土地探しの方ですが、家の近くでは、なかなかこれといった土地が見つかりません。
唯一、候補に上がっていたのが「不動産屋を回る」の記事で紹介した南側が調整区域になっている土地B。

そこで、今住んでいるところを少し離れて、職場に近い別の沿線のエリアも考え始めました。
この沿線は、最近鉄道が開通したばかりで、駅はすべて最近開発されはじめたところ。
今住んでいるところ以上に、見渡す限りの大平原が広がっているのです。

その駅の近くに分譲地があると聞き、行ってみました。
その中に、有名メーカー10社程が共同でそれぞれモデルハウスを作って展示しているきれいな区画があり、近づいてみると、東急ホームのTさんがいるではありませんか。

モデルハウスの中を見学させていただき、土地の価格を聞いてみたところ、
今住んでいるところに比べ、坪単価は倍ぐらい!

これから開発されるところで駅からも近いので、かなり将来の展望が期待されている価格になっているようです。
う~ん、今住んでいるところも昔は、将来性が期待されるということでかなり高かったって言うし。
今、頑張って買っても、下がるかも。。。と思うと、ちょっと不安です。
それより以前に、この値段では、ちょっと手が出ないなあ。。。

ということで、やはり家の近くでと考え始めたところ、以前に積水ハウスの展示場で聞いていた積水の建築条件付分譲地の存在を思い出しました。
できれば、建築条件なしの土地がいいなあと思って、探していたのですが、この建築条件付土地は、本当に好立地条件なのです。

駅まで徒歩5分
新しくできる予定の大型スーパーまで徒歩2分
今通っているピアノ教室まで徒歩0分
南側6m道路
北側遊歩道


なのです。
それに、建築条件付なので、土地で儲けようとしていないため、土地の坪単価は相場に比べ、非常にお得!
第1種低層地域ではなく、中高層地域というのがちょっと気になりますが、
この区画全体を積水とパナホーム共同で第1種低層と同等の条件で建築するという指針を作っているので安心です。

というわけで、積水のNさんに連絡。
まずは、10万円の申込み金を払って、おさえてもらい、2週間後の本契約までの猶予期間の間に、積水ハウスで理想の家が建てられるかどうか、検討することになりました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

00 : 03 : 22 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
不動産屋を回る
2006 / 03 / 02 ( Thu )
都市機構の抽選では、敗退を喫してしまいましたが、
にわかに燃え上がり始めたマイホーム熱!
こんなことで消えうせるわけはありません。


さっそく、家の近くの不動産屋の門戸を叩いてみました。
まずは、A商事。
いかにも地場の不動産屋という趣。
店主はいなくて、年配の女性が対応。
予算やエリアなどの希望を聞かれ、連絡待ち。
特に、顧客用の記入フォームなどといった気の利いたものもなく、
その辺の裏紙に名前と連絡先を記入。
あまり良い物件はなさそう。

次に門戸を叩いたのがB不動産。
A商事とは打って変わって、わりと洗練された若い営業マンが働いていて、南道路と価格の希望を言うと、該当する物件をささっと10件ほどピックアップして、コピーしてくれました。

この人は、できる!

さっそく、いただいたコピーを片手に、車で1箇所ずつ回ります。。。

うーむ。やはり都市機構の分譲地にかなうすばらしい土地にはなかなか巡り合えません。
新規の分譲地なら、周り一帯さら地なので、すがすがしい気分になれるのに、隣が既に建っている言わば歯抜けのような土地は、条件がどんなにすばらしくても、なぜか気分がなえてしまいます。
不思議なものです。
贅沢は言ってはおれぬのですが。。。

それにしても、今住んでいるこの辺りは、あたり一面大平原に見えるぐらい、何も建っていなくて、夜などは、地球の果てと見まがう程なのですが、売地は不思議なぐらい少ないのです。

いったいどういうわけなんだ?

と、いぶかしがっていたのですが、その後の色々な情報を総合するに、この辺りは、5年ほど前に新規開発された際に、今よりかなり高い地価で売り出されたようなのです。
それが、この程の都市機構の分譲で相場よりかなり低い価格で売り出されたため、相場を下げざるをえなくなり、地主たちは、あまり売りたがらないということのようです。

そんな中でも、2件ほどめぼしいと思える物件に出会いました。

土地A
○駅徒歩5分以内で南道路、周りはきれいで大きめの家がゆったりと並んでいる。
△線路のすぐそばですが、最近の家の防音性なら大丈夫でしょう。
◎坪単価も駅からの距離を考えると、とてもお手ごろ
×しかし、坪数が大きすぎて、価格がちょっと手が届きにくい。

土地B
まだ区画が造成されていないのですが、造成予定ははっきりとしている。
◎南北両側が道路に面している。
◎南側道路を挟んで向かいが市街化調整区域で森になっている。
×やや坪数が狭い。
◎B不動産の所有物件のため、仲介手数料不要。(これは大きい!)

特に、土地Bは、なかなか優良物件で惹かれました。
市街化調整区域というのは、その時初めて耳にしたのですが、市街化を抑制するために市が設けた地域で、市の特別な認可が下りない限り、開発されることはないということで、南側が調整区域になっているというのは、かなり好条件です。
ただし、両隣は売地になっておらず、この先どうなるか分からないという不確定要素あり。

というわけで、この付近だけに絞れば、候補の土地があまりにも少なすぎるので、他のエリアにも食指を伸ばそうかなと思い始めました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 48 : 13 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
都市機構の抽選
2006 / 02 / 28 ( Tue )
都市機構の分譲地の存在を知ってから、メーカー選びやローン計算などしているうちに、早や2週間が経過。
ついに、抽選日がやってきました!

ローン計算の結果、駅から近い方の南道路区画も何とか買えるだろうということになりました。
そこは、駅から徒歩4分の好立地条件。

義理の両親も、土地を探していて、当初はこの分譲に応募するつもりでいたのですが、地盤調査の結果が公開されていて、軟弱層が含まれていることが分かり、中止。
僕たちは、軟弱層があっても、やはりこんなに好立地条件なのは、そんなにないよねということで、応募することに決めました。

線路にかなり近いのですが、家の防音性にはこだわるつもりですし(ピアノのこともあるので)、このあたりは、そもそも電車の本数ないですしね。

朝、もう何度となく足を運んだ現地に行って、最終チェック。
土地の上に立ってみて、

本当にここでいいのかな?

と瞑想してみたりもしました。

その後、応募期限の1時間前ぐらいに都市機構の事務所に行って、申し込み。
当日朝、確か4倍ぐらいだった倍率が6倍になっていて、びっくり。
申し込んだら、7番という札を貰いました。

縁起のいい数字だし、当たるかも。

と、にわかに期待が膨らみます。
初めは何となくで始めたマイホーム計画。いつの間にか、本気モードになってきていることに気づきました。
このまま、引き下がるわけには。。。

ついに、抽選時刻がやってきました。
ドキドキ。
その場にいた希望者が全員に代わって、福引のガラガラ(正式名称は、なんて言うんだ?)を回します。

まずは、倍率の低いほうからです。
僕たちの申し込んだ区画は、倍率が高い方だったので、後の方です。
しばらく単調な時間が過ぎ、いよいよ近づいてきた!
という時に、車のナンバーが呼ばれました。
駐車場が一杯だったので、出たい人が出られないので、動かして欲しいとのことでした。

こんな大事なときに?

と、思いましたが、渋々動かしに行って、戻ってきたら、まだでした。

ついに、僕たちの区画がやってきました。
ガラガラ、ポン!3番。

だめでした!orz

どこかで、ヨッシャ!と大声でガッツポーズをしていた人がいました。
やはり、当たる人は、あれぐらい気合が入っているんだろうなと思いつつ。。。

一旦、火のついたマイホームへの情熱は消えません。
これから、真剣に土地探しをするか、と決意する一日でした。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

20 : 11 : 51 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きっかけは、都市機構の分譲
2006 / 02 / 17 ( Fri )
前々から、賃貸に払う家賃はもったいないねと妻と話していたのですが、直接的なきっかけは、去年の10月頃、家の近くで都市再生機構が土地を分譲するというチラシが入ったことでした。

今住んでいるところは、駅から徒歩10分のところで、駅自体がまだ新しく、都市再生機構が都市計画に基づいて、開発を進めているのです。駅の近くに大型スーパーも近々できるという話もあり、便利になるかもしれないから、申し込んでみようかということになりました。

とにかく、土地選びなんて初めてなので、毎日のように近くまで行っては、どの区画にしようかと悩みました。夜中に車で住宅街を時速10kmぐらいで徘徊していたので、とても怪しまれたことでしょう。

駅から遠い区画(徒歩15分)と近い区画(徒歩5分)があり、利便性を取るか、値段を取るかで悩みました。結局、駅から徒歩4分の南道路の好立地条件の土地を選んで、申し込みました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

01 : 03 : 15 | 土地探し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。