FC2ブログ
♪ 最近のピアノ
2019 / 01 / 06 ( Sun )
今日は、最近のピアノの近況について。

前回、記事にしたのが2年前のお正月なので(こちらの記事)、
かなり久しぶりのピアノ記事になりますね。

あれから、一年ぐらいはノクターン13番を練習していました。
さすがに難しく、自分の技術レベルには限界があるので、
きちんと弾きこなすことはできませんでしたが、
かなり低い自己満足レベルでは弾けるようになり、
人前でも何度か弾いたりしてました。

それでも、一番の憧れ曲だったので、
自分の手から音になるのは感動もひとしおですよね!

さて、その後はポピュラーを真剣にやりたくなり、
卒業の合唱曲「旅立ちの日に」を練習してました。

この曲は、ばんちゃん会の時にみんなで合唱して知った曲なのですが、
とてもきれいな曲です。
残念ながら、自分が卒業の時には選択肢になかったような気がします。
(というと、年齢がばれますが…汗)

そして、J-POPをどうしてもやりたいという思いがあり、
中島みゆきの「糸」も練習しました。
こちらは、ぷりんと楽譜の上級編の楽譜を使いました。

You tubeのいろいろなポピュラーの演奏を聴いていて、
ぷりんと楽譜の上級編のアレンジがすごく気に入っていたので、
一度挑戦してみたかったんです。

一曲売りなので、かなり工夫のこらしたアレンジになってて素敵なんですが、
想像通り難しいです!

ポピュラーはほんとに侮れませんよね!(侮ってませんが)
途中の飾りのメロディ(フィルインというのでしょうか)で
全然違う音域に飛んで、間髪入れずに元の音域に戻ってくるとか
ざらにありますし、
345指で旋律奏でつつ、12を使って、和音を構成したりするような
箇所も日常茶飯事ですし。

ポピュラーを弾きこなせるようになるのもこれまた修羅の道です(笑)

そして、最近はまたクラシックに戻って、
ショパンのプレリュード22番を練習しています。

これも以前からずっと弾いてみたかった曲。
今までの僕の系統とは違ってて、かなり勢いのある激しい系の曲です。
もちろん、プロのテンポでは弾けませんが、今までにはない楽しさがありますね。

最近のピアノの近況はこんなところです。
クラシックもポピュラーもどちらにもそれぞれの楽しさがあるので、
これからも並行して進められたらと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

22 : 26 : 53 | ピアノ練習記(その他) | コメント(8) | page top↑
仙台松島 (2)
2019 / 01 / 03 ( Thu )
2日目は仙台市内の観光。
今まで仕事で来て、街で何度も飲み食いはしてるのに、
観光名所には全く行ったことがありません。

というわけで、まずは定番の青葉城跡に行きたかったのです。
便利な巡回バスもあるのですが、ホテルからのんびり歩いていくことにしました。

ようやく青葉城の下まで来たところで、出くわした五色沼。
なんと、日本フィギュアスケート発祥の地だそうです。
それで、仙台はフィギュアで有名なんですね。
sendai00.jpg

昔はこんな風に滑ってたらしく…なんとなく優雅ですよね。
sendai01.jpg

ここから、青葉城の天守跡まで登りますが、
予想外に坂がきつくて、かなり大変です
夏ということもあり、日頃の運動不足もあり、
途中で完全にへばってしまいました(^^;
sendai02.jpg

カバンに入れていた甘いお菓子で体力回復して、無事に天守跡まで到着。
部屋ごとに「○畳」とか書かれています。
家の基礎ができたばかりの頃を思い出しますね(笑)
sendai03.jpg

さすが途中でへばる程登ってきた甲斐があって、
かなりの高台で仙台の街が一望できますね。
sendai04.jpg

伊達政宗さんも上機嫌そうです(笑)
sendai05.jpg

「萩の月」で有名な菓匠三全の「ずんだシェイク」。
人気なのか、みんな飲んでたので、飲んでみました。
sendai06.jpg

城を降りて戻るときの地下鉄の駅(国際センター駅)にこんなのがありました。
言わずと知れた仙台が生んだ代表的なお二人ですね!
sendai07.jpg

今回はゆっくりとした旅程を立てたので、行けなかったところも多いのですが、
その分のんびり楽しめました。
17 : 31 : 14 | おでかけ | コメント(4) | page top↑
仙台松島 (1)
2019 / 01 / 01 ( Tue )
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

いきなり昨年の旅行記で申し訳ないのですが、
昨年の夏に仙台と松島へ旅行してきました。

仙台は過去に何度も仕事で行ったことがあるのですが、
旅行では行ったことがなく、松島にも一度行きたいと思っていたので。
結局、昨年は仕事も含めて、仙台へ3回も行きました(笑)

まずは一日目、松島。
天気が曇り気味でしたが、翌日は雨の予報だったので、一日目に行くことに。

遊覧船を予約しておいて、腹ごしらえのかまぼこ。
自分で焼いて食べます。
この後、もう一つ焼いてあるかまぼこを買い足して、乗る前に食べました。
食い意地張ってます(笑)
matsushima00.jpg

松島はゆったりと遊覧船から。
晴れてるともっとよかったのですが、小一時間の旅を十分楽しめました。
matsushima01.jpg

瑞巌寺。襖絵が見事で、ここは見ごたえありますね!
(写真撮影不可なのですが、ネット検索すると見事なのが見られます)
matsushima02.jpg

仙台に戻って、お寿司を堪能。
美味しかったです!
matsushima03.jpg

翌日は、仙台市内を観光しました(つづく)
15 : 34 : 10 | おでかけ | コメント(2) | page top↑
京都御所
2018 / 12 / 31 ( Mon )
2018年も残りわずかとなりましたね。
大晦日から元日にかけては一年で最も好きな時間帯。

ゆったりと過ごしたいといつも思っているのですが、
突然、お昼ごろにトイレが故障!
水が止まらなくなりました(汗)

トイレの止水栓も動かなくなっていて、
水道自体の元栓を閉める以外に止める方法がなく、
こんな年の瀬に申し訳ないとは思いつつ、
TOTOのサービスの方に来ていただき、事なきをえました。
いやあ、助かりました。ありがとうございます!

さて、今年は秋に妻の両親と僕の両親と6人で京都に集まり、
京都御所へ行ってきました。

kyotogosho01.jpg
kyotogosho02.jpg

こちらは紫宸殿。
公式の儀礼や天皇が謁見する時などに用いた建物です。
大河ドラマなどで「朝廷」というと必ず出てくる建物ですね。
この場にいると、ちょっとした感動があります。
kyotogosho03.jpg

こちらは清涼殿。
天皇の普段の居所だったところ。
源氏物語の世界ですね(平安時代は、別の場所にあったと思われますが)
冬は寒そうです(笑)
kyotogosho04.jpg

見事な庭園。
kyotogosho05.jpg

紅葉も少しだけ楽しめました。
kyotogosho06.jpg

こちらは、御所の外にある蛤御門。
kyotogosho07.jpg

蛤御門の変の時の銃弾の痕があると聞いていたので、眺めていたら、
通りがかりのスタッフらしき方に、これは偽物で、
本物は門の上部の梁に残っているだけと教えてもらいました。

・・・が、実際のところ、どうなんでしょう?
是非、科捜研の人に調べてもらいたいですね(笑)
kyotogosho08.jpg

その後、京の会席料理を堪能いたしました。
kyotogosho09.jpg
kyotogosho10.jpg

今年もありがとうございました。
まもなく新年を迎えますね。よいお年をお迎えください。
18 : 59 : 27 | おでかけ | コメント(0) | page top↑
エネルギー問題
2018 / 01 / 21 ( Sun )
そんなに難しい話を書く気もありませんし、そもそも書ける知識もありません。
ただ、以前から原発や再生エネのことに関連して、ずっと興味を持っています。

こういうのって、定量的(数値的)に考えないと意味がないと思うんですよね。
エネルギーが足りなかったら、生きていけないわけだから。

そういうわけで、まずはエネルギー需給がどうなってるのかを知りたくて、
資源エネルギー庁のエネルギー白書を読んでいます。
なかなか面白いですよ。

それによると、日本国内全体の年間エネルギー消費量は、
14 EJ(エクサジュール)だそうです(エクサは10の18乗)。
こういう数字って、意外と知られてないような気がするのですが。

どのぐらいかまったくピンとこないと思いますが(笑)、
おなじみの kWh(キロワット時) に変換すると、
3.9 TkWh (テラキロワット時)になります(テラは10の12乗)。

注:通常は ペタ(10の15乗)を使って、3.9 PWh(ペタワット時)と書きますが、
ここではあえてキロワット時を一つの単位とみなしてこのような表記にしています。
一般にはこのような表記法は用いられません。


そのうち家庭消費は14%程度ということなので、
550 GkWh(ギガキロワット時、ギガは10の9乗)。

日本国内には、5300万世帯程度あるので、
1世帯あたりにすると、10000 kWh(キロワット時)程度になります。

12か月で割ると、月々 800 kWh 程度となり、
まあそれぐらい使ってるかなあという感じの値になりました。

こんなに使ってないよという方もいらっしゃるかもしれませんが、
エネルギー消費量なので、電気代だけでなく、ガス代や灯油代も含みます。
(ただし、車のガソリン代は運輸消費として勘定されているので、含まれません)

とまあ、こんなような単純計算をいろいろやってみて、
エネルギー需給の状況をつかんでみたいと思っています。
といっても、このブログで細かい記事を書いていくという
わけではないので、ご安心を(^^;

ちなみに、エネルギー供給量の方は 20 EJ(エクサジュール)程度です。
消費量が 14 EJ でしたので、差し引きの 6 EJ は、
発電などエネルギー変換時の損失で消えてしまっているということでしょう。

それから、再生可能エネルギーのうち、水力を除く部分、
いわゆる「新エネルギー」はまだ全体のわずか5%なんですね。
これから、この部分をどれだけ伸ばせるかってところでしょうね。

再生可能エネルギー(特に太陽光と洋上風力)の技術的側面についても
興味あるので、NEDOの再生可能エネルギー技術白書も興味深いです。
NEDOは、他にも水素とか燃料電池とかいろいろ資料があって面白そうですよ。
13 : 06 : 02 | 政治・経済 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ